2007年6月

約330店の店舗ネットワークを約1年でブロードバンド化完了「多店舗おまかせサービス」で、全体最適の通信インフラを実現

株式会社良品計画は、「無印良品」店と本部とを結ぶ店舗ネットワークのブロードバンド化に踏み切り、2006年11月に全国展開を完了した。多様な環境にある約330店舗のネットワーク刷新を行うにあたっては、NTTデータが提供する「多店舗おまかせサービス」を採用。良品計画の社内スタッフは、個別の工事管理などに時間をとられることなく、基幹系システムの再構築に集中できた。基幹系システム刷新と店舗ネットワークの刷新を同時に成し遂げることによって、良品計画は、IT環境の全体最適に向けて大きな一歩を踏み出したのである。

株式会社良品計画 情報システム担当 運用管理課 安田 俊治氏 株式会社良品計画 情報システム担当 システム企画課 篠原 拓也氏

ブロードバンド化、セキュリティ、コスト低減の3拍子を実現

株式会社良品計画webサイト

Ryohin Keikaku Co., Ltd.

「わけあって、安い。」をキャッチフレーズに、リーズナブルな価格で良い品物を提供してきた「無印良品」。現在の販売形態は、独自店舗での取り扱いが中心だ。直営店160~170店に加えて、ライセンスト・ストア(LS)や西友インショップ店のいわゆるフランチャイズ店が約150店、さらにJRの駅構内に出店する無印良品comKIOSKが約15店で、合計約330店を国内で展開している。

長年にわたって多店舗展開を行ってきただけに、本部と店舗を結ぶ店舗ネットワークは、通信量の増大に回線速度が追いつかないなど、さまざまな課題を抱えていた。
そこで2005年、良品計画は、店舗ネットワーク刷新の検討を開始した。NTTデータが提案する「多店舗おまかせサービス」®の採用を決定したのは、次の3点を評価したからだ。
第1に、通信品質、ネットワークの信頼性が高い。
「万一、ネットワークに障害が発生すると、店舗では、クレジット決済をレジで処理できないという事態につながります。多店舗おまかせサービスは、広域イーサネットとBフレッツを組み合わせており、光ファイバーの信頼性の高さを活かせます」と、株式会社良品計画 情報システム担当の篠原拓也氏は言う。
「セキュリティも重要なポイントです。『多店舗おまかせサービス』では、Bフレッツを使用していますが、インターネットとは接続せずにクローズドネットワークを維持したうえで、Radius認証まできちんと実行するところが気に入りました」と、情報システム担当の安田俊治氏は付け加えた。
第2は、コスト効果である。
良品計画では、店舗からNTTデータの接続ポイントまでの間は、Bフレッツで最大100Mbpsの接続とし、NTTデータの接続ポイントからデータセンターまでは、広域イーサネットで10Mbpsを確保した。
店舗と接続ポイントを結ぶ「100Mbps」はベストエフォートの数値ではあるが、従来の64Kbpsから比べると雲泥の差である。しかも、各店舗の負担月額は、45%も削減された。フランチャイズ店からは、「全体計画を前倒しにして、うちの店も早く切り替えてほしい」という要望がたくさんあがったほどだ。

約330店の光フレッツ/ADSL工事を1年弱で完了

第3の評価ポイントは納期である。
2005年10月以降に契約してから工事をスタートし、2006年3月までに当時の直営158店すべてを入れ替えることができると回答したベンダーは、NTTデータだけであった。「多店舗おまかせサービス」がワンストップサービスであるうえ、NTTデータが回線調達やプロジェクトマネジメントにノウハウを持っているため、短期構築を実現できたのである。
「ちょうど社内のスタッフは、2006年末までに、販売・物流・会計・ネットのすべてのシステムを作り替える作業に取り組んでいましたから、インフラの店舗ネットワークについては、NTTデータへ完全におまかせできて大変に助かりました」と篠原氏は言う。良品計画の社内スタッフが本業に専念できるようなトータルサービスの提供こそ、NTTデータの全体最適に向けたIT変革の基本姿勢であり、それらは「VANADIS」という名のソリューションブランドに受け継がれている。
NTTデータは、フレッツアクセスサービスと広域イーサネットをひとつにまとめた監視サービスも提供する。24時間遠隔監視を行い、故障時に復旧対策をしたり、バックアップ回線に切り替えたりする対応をNTTデータのヘルプデスクがワンストップで行い、ネットワーク品質を保証しているのである。
良品計画の場合、店舗では「何か問題が起きたらPOSシステムのヘルプデスクへ連絡する」というルールが定まっていた。ネットワークのヘルプデスクが新規に追加され、発生した問題の内容に応じて電話を掛ける先を判断するのは、店舗にとって負担である。
「NTTデータは、POSシステムのヘルプデスクと協議し、両方のヘルプデスクが情報交換をするしくみを作って、店に対するワンストップサポート体制を維持してくれました。こういう他のベンダーと協調して、全体を成功させる管理能力も優れていると感じました」と篠原氏はつけくわえた。

基幹系/インフラの同時刷新でIT環境の全体最適化が進化

「多店舗おまかせサービス」の利用によって、ブロードバンド化は順調に進み、2006年11月に国内約330店舗すべてへの展開が完了した。店舗の料金負担を大幅に軽減しつつ、ネットワーク高速化を実現したのである。
一方、データセンターでは、送信のしくみを統一でき、システムの維持コスト低減につながっている。
また、良品計画は、2006年度中に、基幹系システムをすべて入れ替えたが、先に着手した店舗ネットワーク刷新が順調に完了したため、2007年度から新しい戦略を次々に実行していくことが可能になった。
次の課題は、プロモーション単位に情報を横串にまとめて提供するなど、情報提供にメリハリをつけることだという。NTTデータには今後も、ポータル構築など、総合的な視野を持った提案が期待されている。

システム概要イメージ

無印良品の店舗ネットワーク概念図
「多店舗おまかせサービス」は、光ファイバーのBフレッツを使って小規模拠点のネットワーク常時接続を実現するサービスである。個人向けの低価格なブロードバンドサービスを活用して高速化とコスト低減を実現しつつ、セキュリティという要求にも高度に応えるのが特長だ。

お客様プロフィール

社名

株式会社良品計画

本社

東京都豊島区東池袋4丁目26番3号

設立

1989年6月30日

資本金

67億6,600万円

売上高

単独1,274億9,500万円、連結1,408億9,000万円(2006年2月期)

事業概要

「無印良品」の企画・卸売・小売を手がける専門小売業。「MUJI」ブランドで展開する海外の店舗も、50店舗以上に達した。2007年3月、六本木防衛庁跡地に誕生した商業施設「東京ミッドタウン」に、無印良品の世界スタンダードとなる店舗「MUJI東京ミッドタウン」をオープンした。

お客様の声リーフレットダウンロード

ご紹介した事例内容をPDFでダウンロードすることができます。

お気軽に
お問い合わせ
ください

株式会社良品計画様の事例に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

株式会社良品計画様の事例に関連する情報

業種

ビジネス環境の急速な変化に対応し、 新たなビジネスの基盤を支えるシステムを構築

サービス

お客様のニーズに応える高品質なネットワークサービスをご提供