2007年9月

「支援型」から「喚起型」のカーナビへ。 第三世代カーナビのコンセプトを具現化した「スマートループドットログ」

カーナビは、私たちのカーライフを大きく変えた。ドライブ中のちょっとした寄り道や、目的地の変更なども簡単にでき、ドライブはより気軽なものになった。これまでドライバーの行動を「支援」する情報を提供してきたカーナビが、今、ドライバーの行動を「喚起」するメディアへと、変わろうとしている。

パイオニア株式会社 モーバイルエンタテインメントビジネスグループ 事業企画部 ナビゲーション企画部 企画二課 副参事 矢野 健一郎氏 パイオニア株式会社 モーバイルエンタテインメントビジネスグループ 事業企画部 ナビゲーション企画部 企画二課 主事 内山 和之氏

パイオニアの「カロッツェリアサイバーナビ」では、ドライバーが発信する情報を共有できる「スマートループ構想」を提唱している。「スマートループ構想」はいわば、カーナビ界におけるWeb2.0。"知を共有"することで、ドライブの進化のみならず、カーライフへの意識や関わり方の変革までをも目指すものだ。
2007年5月に発売された新モデルでは、この「スマートループ構想」を具現化するために、「リアルタイムプローブ」と「蓄積型プローブ」を採用。さらにブログ作成サービス「スマートループドットログ」(以下「ドットログ」)を開設し、ドライブの経験を共有できる仕組みづくりを行っている。NTTデータはこの「ドットログ」システムの構築を担当した。
サイバーナビの開発に携わったパイオニア株式会社 モーバイルエンタテインメントビジネスグループ 事業企画部 ナビゲーション企画部 企画二課 副参事の矢野健一郎氏、同主事の内山和之氏、株式会社NTTデータ ビジネスイノベーション本部 ビジネス推進部 ITSビジネス企画室 課長代理 青拓郎、同 戸田暢彦に「ドットログ」導入の経緯や今後の展開について話を聞いた。

株式会社NTTデータ ビジネスイノベーション本部 ビジネス推進部 ITSビジネス企画室 課長代理 青 拓郎、株式会社NTTデータ ビジネスイノベーション本部 ビジネス推進部 ITSビジネス企画室 戸田 暢彦

株式会社NTTデータ ビジネスイノベーション本部
ビジネス推進部 ITSビジネス企画室 課長代理
青 拓郎

株式会社NTTデータ ビジネスイノベーション本部 ビジネス推進部 ITSビジネス企画室 戸田 暢彦

株式会社NTTデータ ビジネスイノベーション本部
ビジネス推進部 ITSビジネス企画室
戸田 暢彦

ハードディスク内に眠るプローブ情報を、ネットワークで活用する

「ドットログ」のシステム構築をNTTデータに依頼されたきっかけはどのようなものだったのですか?

矢野地点データを登録地点としてブログに貼り付けたら面白いだろうという構想は以前から持っていましたが、その先に進めなかったんです。ちょうどそんな時、NTTデータのお二人から、「ドットログ」のご提案をいただいたのが、直接のきっかけになりました。さらにユーザ視点での提案をしてもらったことが、NTTデータに依頼する大きな決め手になりました。

戸田まさにジャストタイミングだったんですね。私自身、サイバーナビを長年愛用していたのですが、その中で「他のナビユーザといろいろな情報を共有できたら面白いだろう」と思っていたんです。ただその手段が分からなかったんですね。プローブ情報(車の位置や移動速度・方角などの情報)をわざわざSDカードに保存して家に持ち帰ってパソコンに繋いでブログに落とすなんてナンセンス。そうではなくて、無意識のうちに情報が蓄積されていくような仕組みがないのかなと思っていた。そんな時、矢野さんとお会いして、地点情報がそのままサーバに上がってくる「蓄積型プローブ」のお話をうかがい、これとブログを組み合わせれば思い描いていた世界が実現できるとひらめいたんです。

ブログという形に不安感はありませんでしたか?

内山多少はありましたが、知の共有という意味で、ブログの可能性に期待感ももっていました。地点情報を貼り付けるサービスはすでにWEB上に存在し多くの人が利用していますので、ニーズは必ずあるだろうという読みはありました。

戸田最終的に「ドットログ」導入を決められた理由は何ですか?

矢野戸田さんたちの熱意です(笑)。この人たちなら信用できると思いました。NTTデータはブログを使ったコミュニティ構築をすでに多くの企業で行っているので、そういった安心感もありましたね。

「出かけたくなる」情報を提供できるコミュニティへ

「ドットログ」の現状はどのような状況ですか?

矢野ブログの登録数も少しずつ増え、アクセス数もかなりアップしてきています。「ドットログ」では、ブログで得た地点情報などを専用パソコンソフトを使ってサイバーナビに転送し、実際のドライブで利用できるのが特徴ですが、実際にこの機能を使ってドライブした感想なども「ドットログ」上にアップされています。

戸田実際私もドットログで見つけた情報をもとに出かけていった経験があります。地点情報やルートを知るというだけでなく、ドットログには"どこかに出かけてみよう"という行動を喚起する力があります。

矢野それはまさにブログの力ですね。

今後、「ドットログ」を含め、スマートループ構想はどのような方向に進んでいくのでしょうか?

矢野スマートループ構想の根幹を成す"知の共有"という概念をもっとスタンダードなところにまで持っていきたいという思いがありますね。さらにドライブの楽しみをもっと広げていきたい。車に乗って出かけた後が楽しいのは当たり前のこと。それだけでなく、車に乗って出かける前の楽しみ、つまりどんどん出かけて行きたくなるようなツールや機能を付加していければと思っています。この部分で「ドットログ」ができる可能性はとても大きいはず。そのためにも「ドットログ」を使った新しい提案をどんどんしていきたいと考えています。

システム概要イメージ

お客様プロフィール

社名

パイオニア株式会社

本社所在地

東京都目黒区目黒1丁目4番1号

設立

1947年5月8日

資本金

490億4,900万円(2007年3月末現在)

連結売上高

7,971億200万円(2007年3月期)

従業員数

37,622名(連結ベース:2007年3月末現在)

事業概要

ホームエレクトロニクス、カーエレクトロニクスを中心とした音響機器・映像機器製造業

お客様の声リーフレットダウンロード

ご紹介した事例内容をPDFでダウンロードすることができます。

お気軽に
お問い合わせ
ください

パイオニア株式会社様の事例に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

パイオニア株式会社様の事例に関連する情報

業種

競争力強化や業務効率化に寄与するICTで、ものづくりを支える

サービス

顧客の利便性や満足度の向上に向けた環境構築を強力にサポート

お客様のコアコンピタンスを支える高信頼なウェブサービスをご提供

詳細な分析で意思決定を迅速化、お客様のビジネスに変革をもたらす