2008年10月

【写真】

暁星中学校・高等学校は、1888(明治21)年創立の伝統ある私立男子校。同校では、子どもの「安全」と保護者の「安心」をどう守るかについて、個人情報保護やコスト・運用等の面から多数のシステムを比較検討し、NTTデータのFairCast®-子ども安全連絡網(以下、「フェアキャスト」)を採用、2007年4月に導入した。学校運営において、全員に迅速かつ確実に連絡できる手段を得たことのメリットは大きいという。

暁星中学校・暁星高等学校 校長 倉橋 和昭氏 暁星中学校・暁星高等学校 教頭 入試委員長 神田 信之氏 学校法人 暁星学園 事務長 齋藤 琢朗氏

安全対策の一環として、緊急時の連絡体制整備は当然

【写真】

学校法人暁星学園 校舎

「我々は大切なお子様を預かっていますから、これまでもさまざまな安全対策に取り組んできました。その一環として緊急時の連絡体制整備を行うのは、当然の流れでした」と倉橋和昭校長は、「フェアキャスト」導入のきっかけについて語る。
「電話連絡網では、情報が最後の人に伝わるまで2時間ほどかかったこともあり、明け方から回し始めても、生徒たちが家を出る時間に間に合わない。これでは使えない」(倉橋校長)という不安を抱えていた。

「インターネットで検索すると、一斉連絡サービスはたくさん見つかりましたが、ほとんどがメールだけのサービスでした」と、神田信之教頭は当時を思い出しながら話す。
さらに齋藤琢朗事務長は、「メール配信だと、メールを持たない方へのフォローが必要で、結局二度手間になります。そこで、電話やFAXでも連絡できるサービスに絞り込んで、数社に説明をお願いしました。『フェアキャスト』は学校での運用に適しており、サービス利用料がリーズナブルな点にも好感を持ちました」と語る。

全員に伝えたい!というサービスコンセプトに共感

「フェアキャスト」は、携帯電話やパソコンの電子メールはもちろん、電話(音声)、FAXも利用可能な一斉連絡サービスだ。その特長は、(1)メール・電話(音声)・FAXに一斉連絡できる公平性、(2)低コストの実現(初期導入費不要・年額基本料504円)、(3)送達確認や追いかけ連絡といった確実に届けるための工夫、(4)登録されている個人情報を学校側で閲覧できない秘匿性のしくみ、(5)学校現場で必要十分なシンプル機能などだ。
「今や携帯メールはほとんどの保護者がお使いです。しかし教育に携わる者として、たとえ少数でもメールを使わない人も無視できません。電話やFAXも利用できるからこそ、全員に伝えられるのは、このサービスの大きな魅力です。学校側からは保護者が登録した電話番号やアドレスといった連絡先情報が閲覧できないので、個人情報保護の点でも有効だと感じました」と齋藤事務長は言う。
2006年12月、暁星中学校・高等学校では教職員だけで試験的に運用を開始した。3学期には、導入を周知するプリントやIDカード・利用者登録ガイドを中高の保護者に配布、テスト配信も実施し、翌年度となる2007年4月から本格運用を開始した。

セーフティーネットを得たことは、学校だけでなく保護者の安心にもつながった

導入から1年半。利用回数は年間5回程度だという。「フェアキャスト」が最初に活躍したのは、導入直後の2007年5月。感染症の専門医である校医が、首都圏におけるはしか大流行の兆しを感じ、学校に連絡。それを受けて学校では、注意を促す情報を「フェアキャスト」で保護者に向けて迅速に配信したのだ。また、荒天時の休校などの連絡でも有効活用されている。特に、2学期の中間テスト時期は台風シーズンでもあり、テスト開始時間の繰り下げなどを確実に伝達する必要がある。「小学校であれば不審者出没などの情報が重きをなしますが、中学・高校ならではの利用場面も多々あります」と倉橋校長は言う。
保護者の心理的負担の軽減も大きな効果だ。神田教頭は言う、「電話連絡網の場合、先頭を務める保護者は、内容が最後まで正確に伝わったかどうか、気が気でなかったようです。導入後は、『うれしい』『助かった』との声が多数聞かれました」。
一方、「フェアキャスト」は携帯電話からも配信可能で、早朝に連絡する場合は自宅でも操作できるので、教職員の負担も軽減される。「導入には何の負担も感じませんでした。パソコンが使える職員が1人いれば、簡単に使いこなせます」と齋藤事務長は言う。「我々、事務方が『伝わる仕組み』を作り、それを教員にうまく活用してもらう。事務方と教員はいわば教育の両輪であり、綿密な連携があってこそ、子どもたちが安心・安全に学習に専念できるのです」
学校は本来、教育の場である。「連絡網に関する負担が減ったため、教員が本来の教える仕事に集中できる。これが一番の導入メリットです」と倉橋校長は言い切る。そして最後に、「今後は、クラブ活動が大会出場した際の応援ツアーのお知らせなど、ポジティブな利用法も考えたいですね」と、サッカーの強豪としても知られる同校らしいコメントを付け加えた。

【図】システム概要イメージ

お客様プロフィール

学校

暁星中学校・高等学校(学校法人 暁星学園)

所在地

東京都千代田区富士見1丁目2番地5号

創立

1888(明治21)年2月1日

生徒数

558名(中学) 516名(高校):平成20年5月現在

ホームページ
概要

カトリック・マリア修道会系の男子校。東京都の中心、九段の丘に位置を占める地上6階地下1階の中・高校舎で、カトリック精神に基づいた教育を行い、中・高を通じて人格の完成をめざすとともに、宗教的情操を豊かに育成することも期している。特に語学教育を重視し、英語・仏語の2ヶ国語が履修できる。

【ロゴ】GOOD DESIGN

本サービスは、2008年度グッドデザイン賞を受賞しました。

お客様の声リーフレットダウンロード

【写真】暁星中学校・高等学校様

ご紹介した事例内容をPDFでダウンロードすることができます。

お気軽に
お問い合わせ
ください

暁星中学校・高等学校様の事例に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

暁星中学校・高等学校様の事例に関連する情報

業種

子どもの安全や親の安心をサポート、 教育現場に先進のITを提供

サービス

お客様のコアコンピタンスを支える高信頼なウェブサービスをご提供

災害からお客様の企業活動を守る、防災・危機管理ソリューションのご提供