2013年2月

輸出管理システムの導入で、コンプライアンスの強化が実現

食器のNoritakeブランドを展開する(株)ノリタケカンパニーリミテド。食器製造の技術を発展させたB to B事業を展開しています。輸出というDNAを持つノリタケ社が、コンプライアンスの強化が求められるなかで、どのような経緯でSTC Manager®を導入し、いま活用しているのか。総務部の松本 俊介次長、同部法務課の島田 淳課長、高橋 由紀子副主事にお話を伺いました。

本文はSTC Managerサイトでご覧いただけます。

お気軽に
お問い合わせ
ください

株式会社ノリタケカンパニーリミテド様の事例に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

株式会社ノリタケカンパニーリミテド様の事例に関連する情報

業種

ビジネス環境の急速な変化に対応し、 新たなビジネスの基盤を支えるシステムを構築

競争力強化や業務効率化に寄与するICTで、ものづくりを支える

サービス

ITの有効活用で体系的に内部統制の強化をサポート