2013年4月

全国に先駆けて確定申告の電子化を実現。ペーパーレスで収受業務を大幅に効率化

岡山県美作市では、住民税・所得税申告期間中、所得税や消費税の確定申告の作成・申告支援業務を行っている。これまで申告支援システムを利用して申告書作成に役立ててきたが、申告書を印刷、整理して税務署に届けるなどの時間を要していた。そこで、NTTデータの電子申告ソリューション「電子申告の達人」を導入して、トータルな電子化を実現した。確定申告の申告支援システムとのデータ連携を図り、全国に先駆けて電子申告を実施した。総合行政ネットワーク「LGWAN」の活用で高度なセキュリティを確保するとともに、煩雑な書類管理から解放されるなど大幅な効率化が実現した。

お客様の課題

  • 確定申告書を印刷・送付するなどの時間を要していた。
  • 申告書に添付する源泉徴収票や領収書などの整理・管理に追われていた。

導入効果

  • 申告書作成から提出までをペーパーレス化することで、大幅な効率化が図れた。
  • LGWANの活用で高度なセキュリティ環境を確保した。

導入の背景と課題町村合併に伴い、確定申告の作成支援業務の負担が急増

美作市 市役所庁舎

美作市 市役所庁舎

岡山県美作市では合併以前の旧町村の頃から、確定申告書の作成支援や受付業務を行ってきた。さらに住民の利便性を考慮して、申告時期になると公民館などに臨時窓口を設置して、申告支援・受付を行ってきた。

当時の状況について、美作市役所税務部税務課 課長の豊久 誠氏は、次のように語る。「臨時窓口などで作成支援・受付した申告書や領収書などの書類一式を市役所に戻ってから1件ずつ確認し、源泉徴収票や領収書を申告書に添付して税務署に届ける準備を行うなど、申告時期は職員総出で毎日遅くまで対応に追われていた。」
そして、2005年の町村合併により美作市が誕生すると、全体で約7,000件の確定申告支援業務が発生することとなり、自治体職員の負担は大幅に増加した。さらに2010年には、それまで20カ所近くあった臨時窓口を約半分にまで縮小して経費削減することとなり、住民サービスの維持・向上のためにも、システム導入も含めた対策の実施が急務だった。

【写真】

美作市
税務部 税務課 課長
豊久 誠氏

【写真】

美作市
税務部 税務課 係長
神浦 克史氏

【写真】

美作市
税務部 税務課 主任
春名 徹也氏

【写真】

美作市
保健福祉部 社会福祉課 主任
絹田 康雄氏

【写真】

美作市
税務部 税務課 主事
丸本 輝氏

選定ポイント既存システムとスムーズに連携する電子申告サービス

美作市では、確定申告の支援業務に関して、美作市を含む3市5町2村の会員で構成する社団法人岡山中央総合情報公社(昭和52年設立)による「住民税申告受付支援システム」(以下、申告支援システムという)を利用した、パソコン上で申告書を作成できる環境を導入した。その既存申告支援システムとの連携が図れる電子申告システムの導入に向け、システム連携の開発も含めて検討を開始した。そうした中、利用することとなったのが、NTTデータの電子申告ソリューション「電子申告の達人」だった。
本ソリューションを導入するに至った経緯について、税務部税務課 係長の神浦 克史氏は、次のように語る。「当初は独自開発も考えたが、e-Taxに豊富な実績を有するNTTデータの技術力や支援体制に期待し、電子申告を実現するための手段としてNTTデータのソリューションに着目した。」
美作市では、社団法人岡山中央総合情報公社およびNTTデータの協力のもと、確定申告支援業務の電子化に取り組むこととなった。申告支援システムで作成した申告データと、NTTデータの電子申告ソリューション「電子申告の達人」とのデータ連携を図り、電子申告を実施した。

導入の流れLGWANの活用で高セキュリティな電子申告が実現

美作市が導入を決めたNTTデータの電子申告ソリューション「電子申告の達人」は、所得額や消費税の確定申告書類の作成から電子申告までインターネットを介して簡単に行える電子申告専用のサービスだ。
「電子申告の達人」の導入にあたって美作市が1つ懸念していたのは、電子申告を行う際、申告データの送信にインターネットを利用することだった。そこで美作市では、インターネットの代わりに全国の自治体に整備された総合行政ネットワーク「LGWAN」を用いることで、高度なセキュリティを維持した環境のもとでの電子申告を実現した。さらに、このソリューションでは、電子申告データをNTTデータのデータセンターに一時保管する仕組みとなっていたが、庁舎内のファイルサーバに電子申告データを保存して、外部に出さない仕組みとすることで、さらなる信頼性を確保した。
構築した環境について、税務部税務課 主任の春名 徹也氏も「e-Taxとの接続テストや庁舎内のファイルサーバとの連携の検証を念入りに行うなど、NTTデータの尽力により、納得のいく環境を構築できた。LGWANや庁舎内サーバの有効活用により、大きな安心感につながっている。」と評価する。

導入効果と今後の展望煩雑な書類整理から解放され、大幅な業務効率化が実現

美作市では、NTTデータの電子申告ソリューション「電子申告の達人」による確定申告支援を2011年からスタートした。「申告支援システム」と「電子申告の達人」のデータ連携を図り電子申告を実施したのは、美作市を含む1市5町1村である。電子申告の実施に際して、臨時窓口となる市民センターなどからLGWANを利用しているのは、美作市が初の試みとなる。
税務部税務課 主事の丸本 輝氏も、「ダンボール何箱分もの書類を整理して税務署に届けることがなくなり、大幅な負担軽減につながった。」と語るなど、書類管理や税務署への輸送作業も不要になったことで、ペーパーレス化や大幅な効率化が実現した。LGWANによる高度なセキュリティを維持したネットワーク環境のもと、書類の紛失リスクもなくなり、信頼性向上にも大きく貢献している。
昨年まで税務課で申告支援や書類整理を担当してきた保健福祉部社会福祉課 主任の絹田 康雄氏は、導入成果について次のように語る。「臨時窓口を縮小した当時は改善を求める声も寄せられたが、電子申告の導入で税金還付までの期間が大幅に短縮されたことで、住民サービスの向上を図ることができた。」

お客様プロフィール

お客様名

美作市

所在地

岡山県美作市栄町38番地2

市政施行

2005年

面積

429.19km²

人口

30,498人(平成22年国勢調査)

事業概要

2005年3月31日に旧勝田町、大原町、東粟倉村、美作町、作東町、英田町の5町1村が合併して発足した。県北東部に位置し、市内には県下最高峰の後山がそびえ、美作三湯のひとつである湯郷温泉をはじめ、剣聖宮本武蔵や少林寺拳法開祖宗道臣生誕地としても知られる。緑の山々や清流が美しい自然豊かなまちであり、女子サッカーなでしこジャパン代表メンバーが所属する岡山湯郷Belleの本拠地としても有名。

お客様の声リーフレットダウンロード

【写真】美作市様

ご紹介した事例内容をPDFでダウンロードすることができます。

お気軽に
お問い合わせ
ください

美作市様の事例に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

美作市様の事例に関連する情報

業種

電子政府の実現に寄与、 地域密着の社会情報システムを構築・運用

サービス

申告・申請業務の電子化や業務フロー改善で、申告業務の省力化・効率化を実現