NTTデータグループの環境保護活動推進体制

当社の環境活動は、以下の体制で推進していくこととします。

【図】

図:環境保護活動推進体制

NTTデータグループでは、ISO14001の継続的改善活動において環境負荷削減に関する3ヵ年の中期目標を設定し、グループとして取り組んでいます。

環境目標

2017年度のEMSグループ目標

NTTデータグループ内負荷低減

対象項目 目標値定義 基準年 2017年度(H29)
温室効果ガス削減 CO2排出量 2008年度 16%以下削減
コピー用紙購入量削減 購入量(総量:枚数換算) 2008年度 37%以下削減
廃棄物最終処分量削減 最終処分量 2008年度 90%以下削減
廃棄物最終処分量削減 最終処分率(最終処分量/総排出量) - 1.0%以下

NTTデータグループ外負荷低減

対象項目 目標値定義 基準年 2017年度(H29)
ITによる社会の環境負荷削減 スマート&グリーン
ITサイト新規掲載
- 5件以上

NTTデータグループの社会・環境貢献活動

対象項目 目標値定義 基準年 2017年度(H29)
社会・環境貢献活動 活動参加人数 - 5,700名以上

なお、上記目標値はNTTデータグループISO14001取得範囲内に適用するものとしております。

過去の目標と実績については、CSR報告書をご覧下さい。

グリーンNTT

NTTデータグループを含めたNTTグループでは、持続可能な社会作りに貢献するため、さまざまな地球環境活動に努めてきました。また、さらなる地球温暖化対策として、ソーラーシステムを中心とした自然エネルギー利用を促進する施策「グリーンNTT」をグループ一丸となって推進しています。

「グリーンNTT」では、NTTグループ内におけるソーラーシステムを中心とした自然エネルギー利用普及のための有限責任事業組合「NTT-グリーンLLP」を設立(2008年8月)し、2012年度までにNTTグループ内への5MW規模のソーラーシステム等の導入を積極的に推進しました。その結果、NTTグループ全体の総発電設備容量は5.1MW規模まで拡大し、目標を達成しました。

【図】

図:NTT-グリーンLLPの概要

NTTデータでは、自社ビルにソーラーシステムの設置したほか、NTT-グリーンLLPを活用したソーラーシステム導入等にも取り組んでいます。

関連情報

つなぐ。それは、ECO

『つなぐ。それは、ECO』とは、NTTデータグループを含めたNTTグループの考えるエコです。
NTTデータグループは、NTTグループの一員として、NTT各研究所や事業各社と連携し、環境負荷低減に取り組んでいます。『つなぐ。それは、ECO』については、下記をご覧下さい。