In Germany

ITへの興味・関心をもつ若者の成長を支援

【写真】

研修用映像ツールの撮影の様子

【写真】

オランダでの研修用映像ツール上映の様子

NTTデータグループは、ITを担う次世代の人材育成に注力しており、ドイツにおいてもさまざまな活動を行っています。
例えばitelligenceでは、11歳から16歳までの学生を対象に、IT企業での職場体験プログラムを提供する「Girls' & Boys' Days」を年1回開催。さらに同社では、SAPユニバーシティ・アライアンスと共同で、itelligenceの社員が出演する、学生向けにコンサルティングやITビジネスの実態を教えるための研修用映像ツールを作成しました。
またNTT DATA Deutschlandでは、若手社員のキャリア形成の支援を目的に、「ジュニアコミュニティ(J-COM)」を開催。上層幹部との対話や若手の専門家とのネットワークづくりの場を提供しています。

【写真】

J-COMでのイベントの様子

In China

社員の交流を活発化することで高い人材定着率を維持

【写真】

社員の交流イベント

NTT DATA Chinaでは、近年、急速に会社の規模が拡大するなか、社員同士のつながりや経営幹部との交流こそが人材定着を促すうえで重要な要素だと考えています。そこで2009年度から、社員同士の交流会や家族も含めた懇親会を年に数回開催しています。さらに新人・中途社員を対象に毎年1泊2日の合宿を実施しています。
その結果、中国国内の他企業と比較して高い人材定着率を維持しています。

In India/North America

WINプログラムを通じて、女性の活躍を支援

【写真】

WINプログラムの様子

NTT DATA, Inc.では、インド各地において、女性社員の自己啓発やキャリア形成をサポートするWIN(Women's Initiative)プログラムを実施しています。2012年3月の国際女性デ―には、グルガオン、ノイダ、ハイデラバードなどインド各地でプログラムのキックオフイベントを実施。女性社員同士の意見交換や各事業の女性幹部による講演などが行われました。
同プログラムは今後、北米でも計画されており、北米の状況にあわせたプログラム内容を検討しています。