前文

企業が持続的に発展していくためには、お客様、株主、取引先、社会等から信頼されることが不可欠です。企業は、自らの社会的責任を自覚し、お客様をはじめとしたステークホルダーとの対話を通じて、その期待に応え、満足度を高めていくことによってはじめて信頼を得ることができます。

NTTデータグループとしても、自国内外において、法令・契約を遵守することはもとより、人権を含む各種の国際規範を尊重し社会的良識に基づく行動を実践し、公正透明な事業活動を行うことによって、社会からの信頼を得ることが基本であると考えます。

さらに、NTTデータグループは、情報技術で新しい「しくみ」や「価値」を創造し、より豊かで調和のとれた社会を実現する社会的使命を担う企業グループであり、地球と社会が直面する課題解決に貢献することを目指します。

これらを踏まえ、NTTデータグループの一人ひとりは、本グローバル・コンプライアンス・ポリシーに基づき行動し、信頼される企業グループを目指して最善を尽くします。

適用範囲

NTTデータグループの役員、社員及び協働者は、本グローバル・コンプライアンス・ポリシーを十分に理解し、以下のとおり行動する。また、役員は、率先垂範するとともに社員の高度な倫理観の涵養に努める。

原則

  • 事業を行うあらゆる国の法令や国際取引法を遵守するとともに、社会的良識に基づき行動する。
  • 企業の社会的責任を自覚し、公正透明な事業活動を行う。

お客様に対して

  • お客様と適切な契約を結びこれを遵守することにより、システムやサービスを提供する。
  • お客様の情報について、関連する法令や契約に基づく管理を徹底する。

株主に対して

  • 健全な経営を行い、株主の利益向上に努める。
  • 経営情報を適時適正に提供し、透明な経営を行う。

競合事業者に対して

  • 信用毀損、不当廉売・談合等の市場競争を阻害するような行為を行わず、公正且つ自由な競争を行う。
  • 自社の知的財産権を保護するとともに第三者の知的財産権を尊重する。

委託先に対して

  • 優越的地位を利用することなく、対等な立場で取引を行う。
  • 委託先との取引に適用する法令を遵守するとともに、委託先との契約に従う。

政治行政に対して

  • 法令や社内規則に反する接待・贈答は慎むとともに、いかなる場合であっても贈賄行為に関与しない。汚職が疑われる行為も慎む。

社会に対して

  • ボランティア活動、地域交流などの社会貢献活動に積極的に取り組み、よき企業市民としての責務を果たす。
  • 文化・価値観の多様性を尊重するとともに、事業を行う国々の発展に貢献する。
  • 反社会的勢力との取引は一切行わない。

環境に対して

  • システム・ソリューションを社会に提案し環境負荷の削減に貢献する。
  • 事業活動によって生じる環境負荷の軽減に取り組む。
  • 生物多様性保全の意識を高め、自然環境保護活動に取り組む。
  • 環境関連法令等を遵守する。

社員・協働者に対して

  • 一人ひとりの人格・個性を尊重する。
  • 人権を尊重し、性別、国籍、信条、宗教等による差別を行わない。
  • ハラスメントを行わない。
  • 就業管理を適切に行い、過重労働・不払い残業の発生を抑止する。

社員として

  • 情報セキュリティを確保するとともに、プライバシー侵害、不正アクセス等を行わない。
  • 会社の諸規程を遵守し、会社と利益が相反する行為や会社の負担で個人的利益を得る行為を行わない。
  • インサイダー取引を行わない。
  • 取引先との間で社会的常識の範囲を超える接待贈答の授受を行わない。
  • インターネット上のソーシャルメディアに対して、実名か匿名かを問わず、会社の機密情報や会社又は第三者の権利・信用を害するような情報を投稿してはならない。
  • 本グローバル・コンプライアンス・ポリシーの違反その他の不正行為を発見した場合は、速やかに上長又は組織長等に報告する。ただしそれに拠り難い場合にはホイッスルラインへ通報することとし、会社は当該通報者に不利益が及ばないよう保護する。