NTTデータでは、契約の電子化を進めています。その一環として2006年12月より、「NTTデータ購買電子契約」を提供いたします。ここでは、取引先様とNTTデータの「Win-Win」関係を実現する「NTTデータ購買電子契約」をご紹介いたします。

なお、「NTTデータ購買電子契約」提供後も、書面での契約は従来どおり対応いたします。 「NTTデータ購買電子契約」のご導入の有無によりNTTデータとの取引自体へ影響を与えるものではありません。

NTTデータ購買電子契約のメリット

NTTデータ購買電子契約のメリットとしては

業務の効率化

書面に押印・郵送していた文書のやり取りを「電子化+電子署名」により取引を迅速に進めます。

書類保存整理の稼動を省力化できます。

契約情報が検索しやすくなります。

安全・安心の確保

文書の原本性を確保し、電子契約書を10年間厳重に保管しています。また標準化された契約業務によりコンプライアンスが図れます。

コスト削減

文書の電子化により印紙代、郵送費、保管費用を削減できます。

NTTデータ購買電子契約をご導入いただくことで、取引先様にとっても大きな効果を享受いただけます。

NTTデータ購買電子契約の概要

NTTデータ購買電子契約は、これまで企業間で取り交わしていた書面契約を電子的に行い、電子文書に電子署名をし、ネットワークを利用して相互にやり取りいたします。ベースはNTTデータが開発・運用している「CECTRUST注1」を利用し安全なサービスを提供いたします。

対象取引先様

全ての取引先様にご導入していただけます。
またご導入は法人単位を基本としますが、各支店、営業本部毎等、法人内の部署単位でも可能です。

導入対象となる契約書のパターン

注文書/請書方式、契約書等全ての契約書のパターンでご導入可能です。

導入対象業務

現行法規上で電子契約が認められているものになります。注2

電子契約、書面契約の選択可能

ご導入いただいた後も、案件によって電子契約、従来どおりの書面契約を選択していただくことができます。

【図】

図:NTTデータ購買電子契約導入後の運用方法

  • 注1. CECTRUST
    NTTデータが開発・運用している電子契約サービスです。詳細はこちらをご覧下さい。
  • 注2. 現行法規上電子契約が認められない一部の契約と単価契約については対象外となります。

資料のダウンロード

NTTデータ購買電子契約の詳細につきましてはこちらから資料をダウンロードができます。

電子契約の概要について

電子契約の導入について