先見日記

先見日記とは 先見リメ[ス

2008 Jul 16
赤瀬川原平
backJul 15
大平健
Jul 9
up
nextJul 17
佐伯日菜子
down
Jul 23

動かない体操
自宅にて

 首の体操もしている。
 首が凝るのだ。肩が凝るという方が一般的だが、背、肩、首にかけての筋が連携していて、ぼくの場合はその問題点が首筋に出てくる。坐業で仕事に熱中するとまず腰にくるが、同時に首にもきている。手の作業のツケが首に溜る、ということもあるが、それよりも神経疲労だ。堅苦しい人に会って堅苦しい話などつづくと、必ず首筋が凝る。
 若いころは腰や首が困っていても、何となくうやむやにしていた。歳をとるとそのツケが溜って、請求書を突きつけられる。といって、首や腰から夜逃げするわけにもいかず、いまになってこつこつと返済に努めているわけだ。

 朝の腰椎体操につづいて、首の体操もしている。といっても簡単なことで、たとえばヤンキースの松井選手がよくやる、首をすくめる運動だ。両肩をぴくん、ぴくんと上げ下げする。あれははたから見てあまり格好いいものではないが、整形の先生によると、筋肉というのはリキんだ後に伸びる。だからまずリキんで、その後の伸びに期待するんだという。
 いくつかあるうちの、どうにも張り合いのないのが、もう一つの首筋運動だ。自分の額に手を当てて、ぐっと押し返す。これも首の運動だというのだが、両方で押し合っているのだから、額も手も動きはしない。はたから見たらただ手を額に当てているだけ。その力の入れ合いを、額のあと頭の後ろ、右側、左側と繰り返す。これが運動なんだが、ぜんぜん運動に見えない。張り合いがない。

 昔、自分がもし独房に入れられたら、やはり運動しないといけないな、と思ったことがある。でもその独房が狭くて、棺桶状の、立っているだけのものだったら、と考えた。それでも運動はできる。体は動かせなくても、体の各部分でリキんだりゆるめたりを繰り返せば、棺桶状の独房の中でも運動はできるぞ、と考えていた。そんなことを思い出した。

End

















backJul 15
大平健
Jul 9
up
nextJul 17
佐伯日菜子
down
Jul 23


各日記の内容については必ずしもNTTデータの見解を表明しているわけではありません。