金融

日本の金融・経済を支える情報システム構築・運用に豊富な実績

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    RPAというキーワードは2016年後半から国内でも大きく流行しているキーワードである。働き方変革やホワイトカラーの生産性向上に大きく貢献する可能性があることから非常に注目されているが、今後を見据えると事務作業だけではなくITのあり方も大きく変える可能性がある。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    メガバンクがCDO(Chief Data Officer)を設置するなどデータガバナンスに対する金融機関の注目は高まっているが、金融規制対応の要素も非常強い。本来のデータガバナンスはデータの利活用を促進するために行うものであり、データ分析での文脈で金融機関のおけるデータガバナンスのポイントについて説明する。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    NTT DATA Technology Foresight 2016特集。NTTデータが導出した2016年の情報社会や技術のトレンドを6回にわたりご紹介します。第3回目は技術トレンド「分散メッシュコンピューティング」「デザインイノベーション」の2種類です。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ブロックチェーンは、P2P上の電子マネー決済システムである「ビットコイン」の基幹技術として発明された概念です。アイデアが革新的で、幅広い応用可能性からさまざまな分野で大きな注目を集めています。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    今世界中の注目を集めている「金融×IT」すなわち「Fintech」を巡る動きについて、世界中の金融機関に決済インフラを提供しているSWIFT(国際銀行間通信協会)が1978年から開催している“金融とITの世界最大のイベント「Sibos2015」”の模様をリポートする。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    実際の取引市場で運用されているアルゴリズムは各社固有のノウハウであり、通常その詳細が公開されることはありません。しかし、その目的やスタイルに応じたいくつかの基本的なパターンはあると考えられています。一般的に知られている取引アルゴリズムのパターンを紹介します。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    Fintechという言葉が昨年あたりから聞こえている。Apple Pay、BitCoinなど新たなサービスが誕生し、リテール決済においては、さまざまなビジネスモデル革新、技術革新が起こっている。この変化は過去からどのような構造的な変化に基づいて起こっているのか、今後どのような変化が期待できるのか。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    いよいよ2015年10月から、個人番号と法人番号の通知が開始され、マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が本格的に始まる。このマイナンバー制度の本質は何だろうか。また今後何が求められるか。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    間近に迫る社会保障・税番号制度については、制度導入当初より法人番号の利用が容認される。従前のストックベース評価に加え、企業活動をフローで捉えるような枠組みでの新たな融資スキームも期待される。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    アルゴリズム・トレードの技術は、近年のコンピューターの高性能化・低価格化に伴って、急速に普及し、発展しています。今回はアルゴリズム・トレードシステム構築における共通的な基礎技術について解説します。