電力・ガス・水道

環境負荷の低減や
エネルギーの効率化に寄与するサービスを展開

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    RPAというキーワードは2016年後半から国内でも大きく流行しているキーワードである。働き方変革やホワイトカラーの生産性向上に大きく貢献する可能性があることから非常に注目されているが、今後を見据えると事務作業だけではなくITのあり方も大きく変える可能性がある。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    水道設備では従来より浄水場内で独自の監視システムが整備され、場外設備ではテレメーターによるリモート監視が行われている。また、製造業においては工作機械等を監視・制御するネットワークが構築されている。では今、何故ここにIoT基盤を活用しようとしているのか?

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    ITの世界では、近年、「IoT」、「オープンデータ」、「ビッグデータ」が時代のトレンドになっている。気象情報はこの3つの分野のフロントランナーとも言える情報(データ)であり、その活用とそれによる新たな価値創出は、今後のこの3分野でのビジネスを考えていく上において、大きなヒントを与えるものになる。本稿ではハレックス社の取り組みについて紹介する。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    電力・ガスシステム改革に伴い、今後エネルギートレーディングおよびリスク管理高度化の必要性が高まることが予想されます。今回は、改革の概要とエネルギー自由化先進国からもたらされた「ETRM(Energy Trading and Risk Management)」をご紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    NTT DATA Technology Foresightの策定にあたり、NTTデータでは専門チームが継続的に技術調査を実施しています。今回は最近の調査結果から、今後のトレンドを考える一要素として旬な物をピックアップしてお届けします。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    電力システム改革は、スマートメーターの導入をはじめとした、さまざまなICT需要を伴いながら、社会の要請に応えようとしつつある。NTTデータは、MDMSをはじめとするシステム構築を通して、電力システム改革に臨んでいる。