SHARE Twitter Facebook Google+ はてなブックマーク LinkedIn

スマートフォンが実現するキャッシュレス決済の可能性

株式会社NTTデータ ITサービス・ペイメント事業本部 カード&ペイメント事業部
課長 大原 光明

2017.11.14

今後、日本でもキャッシュレス決済が急速に普及していくと考えられる。この普及の鍵となるのがスマートフォンによる決済サービスである。スマホ決済サービス普及のポイントと共に、NTTデータが2018年度上期から提供開始予定のスマホ決済サービスについて紹介する。

加速するキャッシュレス決済とスマートフォン

2017年5月、金融庁と経済産業省が、クレジットカードなどで支払いを行うキャッシュレス決済(非現金決済)の比率を、今後10年間で40%に引き上げると発表しました。

諸外国に比べ、日本ではキャッシュレス決済の比率はまだまだ少なく全体の20%弱と言われており、50%を超えると言われている韓国や中国の半分にも満たない状況です。

このキャッシュレス決済の普及における鍵と考えているのが、日本国民の60%以上、特に2000年以降の成人世代である「ミレニアル世代」では既に90%以上が保有しているスマートフォンです。

スマートフォンによる決済サービス普及のポイント

既に国内外で多くのスマホ決済サービスが登場してきていますが、これらの普及における課題は以下の2点だと考えています。

・支払手段の多様性確保
キャッシュレス決済のうち、クレジットカード決済の利用率はeコマースの普及拡大と共に高まってきている。一方で、若年層や高齢者などクレジットカードの保有自体が難しい層や、現金志向が強く堅実な家計管理を求めるが故にクレジットカードを持たない層については、キャッシュレス化が進んでいない状況にあります。

これまでのスマホ決済サービスは、クレジットカードや電子マネーによる支払いが主流であり、より幅広い消費者層に受け入れられるためには、クレジットカードや電子マネー以外の支払い手段についても幅広くカバーしていくことが必要不可欠です。

・セキュリティと利便性の両立
2017年6月に日本銀行が発表した調査レポート「モバイル決済の現状と課題」によると、モバイル決済を利用したくない理由として、セキュリティなど安全性への不安が上位に挙がっています。また、現金含めた他の決済手段と比較しても利便性が感じられない、という意見も多くあります。

購買という日常の消費行動に変化を起こすためには、スマートフォンならではの利便性や、消費者にとって魅力的なサービスを提供しつつ、安心して利用できる仕組みを構築することが必要不可欠です。

NTTデータのスマホ決済サービス

私たちが提供を予定しているスマホ決済サービスは、これらのポイントを踏まえて検討を進めています。

NTTデータのスマホ決済サービスは、利用者のニーズに合わせて多様な決済手段に対応していく予定です。クレジットカードを持たない方にもキャッシュレス決済のご利用が可能になるよう、銀行口座からの即時引き落としによる支払いにも対応します。

私たちは、加盟店2,000社、クレジットカード会社120社、銀行を始めとした金融機関1,600拠点がつながる国内最大の決済ネットワーク「CAFIS」(※1)を提供しております。将来的には、このCAFISにつながるあらゆる金融機関、決済事業者が提供する決済手段を利用可能にすることで、支払手段の多様性を確保したいと考えています。

また、NTTデータのスマホ決済サービスでは、セキュアな取引環境を実現するために「トークナイゼーション」という技術を用いています。この技術により、スマートフォン自体に利用者が登録する決済情報を保持することなく、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準(PCI DSS)に準拠した当社の決済プラットフォーム上で取り引きすることができます。

本人認証の手段については、利用者によるパスワード等の入力に代えて、生体情報(顔、声紋、指紋等)をもとに、より安全かつスピーディに認証を行うことができるFIDO技術を採用することを検討しています。

・顧客接点強化としての活用
既に多くの加盟店において自社でスマホアプリによるサービスが展開されていますが、このスマホ決済サービスを活用いただくことで、自社の販促施策とシームレスに連動した買い物プロセス/顧客体験の実現が可能となります。リアルの店舗とeコマースの区別なく加盟店の自社アプリを起点とし、エンドユーザの消費行動を一元的に捉えることで、顧客接点の更なる強化や、売上拡大に寄与するサービスになり得ると考えています。

  1. ※1 CAFIS 公式サイト
    https://solution.cafis.jp(外部リンク)

今後の展望

2017年9月には複数の金融機関様のご協力のもと、都内大型商業施設において本サービスの提供に向けた実証実験を行いました。実証実験の検証結果も踏まえながら2018年度上期の本格サービス開始に向けて準備を進めています。

  1. 銀行口座を利用したスマホ決済サービスの実証実験開始について
    ~都内大型商業施設等で、12金融機関の口座を利用し実施~
    http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2017/082800.html

私たちは、CAFISを通じて安心、安全な決済インフラの充実に努めるとともに、新しい技術の活用や市場のニーズにマッチしたより便利で魅力あるサービスを提供していくことで、日本のキャッシュレス決済の推進に貢献していきます。そして、お客さまにおけるITを活用した新しいビジネスモデルへの変換を共に実現するパートナーとして今後も新たな取り組みを推進していきます。

Profile

大原 光明
株式会社NTTデータ ITサービス・ペイメント事業本部 カード&ペイメント事業部
課長 大原 光明

NTTデータ入社後、カード&ペイメント事業部にて、おサイフケータイによる決済サービス、カード決済不正検知サービス「CAFIS Brain」、インバウンド向け決済サービスなどの各種決済サービスの企画に従事。現在は、加盟店接点を中心とした決済ビジネスの企画を行っている。