働き方改革が叫ばれる中、各企業は徹底した業務標準化・効率化による生産性向上への取り組みを強化しています。

そのような中、業務効率化の手法として、人手による作業をロボットで自動化するRPA、紙帳票を電子化するOCR、組織のビジネス運用を自動化するルールエンジンやAI、また業務プロセスを可視化するBPM(Business Process Management)などの活用が進んでいます。また、それらを総称したIPA(Intelligent Process Automation)といったキーワードも目にする機会が多くなってきました。

この生産性向上の取り組みは、経理業務、購買業務、また経営管理業務も例外ではありませんが、既にコスト削減が進みスリム化された人員で、改革を手探りで進めるのは限界があります。

本セミナーでは、経理・購買部門や経営管理部門が中心となりさらなる業務の高度化(可視化・自動化・効率化)や生産性向上を進めるために、進化を続けているICT環境の利用方法・役立て方を、具体例やデモを交えながらご紹介します。

開催日時

2018年11月29日(木)
15:00~17:00(受付開始:14:30)

会場

株式会社コンカー セミナールーム
東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 8F(受付 7F)

定員

定員60名
※定員を超えた場合「受付終了」となります

対象

経営管理、経理、購買部門の方など、業務の効率化や自動化を通して、生産性向上のための施策を検討中の方

参加費

無料(要事前申込)

主催

株式会社Concur
株式会社JSOL

関連イベント・セミナー情報
お申し込み方法

Webよりお申し込み