2016年3月24日

イマ旬キーワード

Puppet

昨今、さまざまな工程の自動化が盛り上がっていますが、システム基盤構築も例外ではありません。今回は特にエンタープライズ向けシステム基盤構築を自動化する際に"失敗しないための勘所"を紹介します。

基盤システム事業本部 菅原 亮

"Infrastructure as Code"参考1の課題

一般的にシステム基盤構築の自動化では、これまで手順書を見ながら人手で実施していた作業を、ドメイン特化言語(DSL)参考2を使って"プログラミング"します。しかしドメイン特化言語と言ってもプログラミング言語である以上、ある程度のプログラミング経験がないとコーディングするのは難しいのが実情です。そのため業務アプリケーション開発チームとシステム基盤開発チーム(以下「基盤チーム」)とで分業体制を取っており、プログラミング経験のあるメンバーが基盤チームに居ないと言ったケースも多い大規模プロジェクトでは特に大きな課題となります。

システム基盤自動化コーディングでの心がけ「三か条」

代表的なシステム基盤構築の自動化ツールのひとつである「Puppet」参考3は、代表的なOSSの監視ツールのひとつである「Nagios」参考4の設定ファイルフォーマットから大きな影響を受けた「Puppet言語」を用いて"プログラミング"します。そのため一般的なUNIX/Linuxの知識がある方なら、汎用プログラミング言語を使う他の自動化ツールと比較して、プログラミング経験がなくても習得しやすいのが特徴です。

ただし設定ファイル感覚で記述できるPuppet言語であっても、各々が好き勝手な作り方をしてしまうとトラブルが頻発したり、保守メンテナンスで困難を極めたりして、自動化の恩恵を受けられない結果になりかねません。そんな事にならないために、コードを書くチーム内でコーディングルールを決めてから開発を始めることが重要です。ルールを策定する上で心がけるべき「三か条」を以下に挙げます。

1.データとプログラムを分離する

構築時に使う設定パラメーターなどのデータをコード中に直接記述することは避けるべきです。プログラミングスキルがある方にとっては単なる変数定義でも、コードが読めない方にとっては暗号文のようなものであると認識しましょう。プログラミングできるメンバーが居るうちは良いですが、例えば運用フェーズに入ってプログラミングできるメンバーが居なくなったら、パラメーター変更すらできなくなってしまうのでは困ってしまいます。

PuppetではHiera参考5という機構によりパラメーターを外部のYAMLフォーマットのテキストファイルに集約する事で、データとプログラムを分離することができます。この機構によりパラメーターの変更でコードを変更する必要がなくなり、プログラミングスキルがないメンバーでも容易に修正できます。

2.ロジック構造の使用を極力避ける

プログラミングスキルがあると使いたくなるのが、ループ構造や条件分岐などのロジック構造でしょう。しかしシステム基盤構築自動化においては最小限の使用に留めるべきです。理由として実行結果が一目でわかりにくくなる事が挙げられます。これはプログラミングスキルがある方だと逆の事を言っているように聞こえるかも知れませんが、最終的な設定内容が"一目で"判別しにくくなるため、記述ミスに気付きにくくなったり、保守性の低下につながったりするためです。

3.可読性の高いコードを書く

プログラミングスキルのないメンバーがコードを保守する場合を考慮しなければならないため、より高いレベルでの可読性が求められます。

Puppet言語ではシステム基盤構築のためのさまざまな機能を"リソース"という概念で表しており、一般的な機能については標準リソースとして提供されています。ユーザーがリソース定義する事もできますが、できる限り標準リソースだけで記述する努力をするべきです。もしユーザー定義のリソースを使わざるを得ない場合は、チームでリソース定義ルールを定めて、誰でも勝手にリソース定義してしまわないようにしましょう。

また、オブジェクト指向の汎用プログラム言語で一般的に使われる"継承"もPuppet言語で使えますが、一目で理解しにくくなりますし、何よりオブジェクト指向開発の経験がないメンバーには理解困難な記述のため、使用を避けるべきです。

【図】

まとめ

エンタープライズ向けシステムにおいては"Infrastructure as Code"とは言え、現状ではプログラミングスキルがないメンバーでも対応しやすくする工夫が必要です。ただ、今後"Infrastructure as Code"がより浸透していけば状況が変わってくるかも知れません。

著者プロフィール

【写真】

基盤システム事業本部 菅原 亮

システム基盤構築の自動化推進を担当し、各種セミナーや技術支援などの業務に従事。日本Puppetユーザー会の会長を務めており、Puppetドキュメントのローカリゼーションや技術系サイトへのPuppet記事寄稿など活動中。

お気軽に
お問い合わせ
ください

エンタープライズ向けシステム基盤構築自動化の勘所に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

エンタープライズ向けシステム基盤構築自動化の勘所に関連する情報

サービス

システム開発の手順・環境やサポートを一体化したトータルソリューションで、お客様業務の大幅効率化を実現