企業・組織の多種・大量なデータを蓄積する基盤として、データレイクという概念が近年注目を集めています。柔軟で機動的なデータ活用を実現するために有効なアプローチですが、その弱点も理解し、正しくデータ活用のアーキテクチャに組み込むことが必要です。
イマ旬キーワード: Hadoop、アナリティクス、データレイク、ビッグデータ