選択キーワード

  • DevOps

イマ旬キーワード一覧

すべてを見る
  • ChatOpsという言葉をご存知でしょうか。ChatOpsとはChatとOpsを掛けあわせた造語でチャットサービス(Chat)をベースにシステム運用(Ops)を行う事を指します。今回はChatOpsが注目されている背景や効果についてご紹介します。
    イマ旬キーワード: ChatOps、DevOps、SaaS、クラウド

  • NTT DATA Technology Foresight 2016特集。NTTデータが導出した2016年の情報社会や技術のトレンドを6回にわたりご紹介します。第3回目は技術トレンド「分散メッシュコンピューティング」「デザインイノベーション」の2種類です。
    イマ旬キーワード: 3Dプリンタ、DevOps、IoE、IoT、M2M 、エッジコンピューティング、クラウド、サイバーフィジカル、デザイン思考、デジタルファブリケーション、ビットコイン、ファブ、ブロックチェーン、マイクロサービス、予見力

  • 昨今、継続的インテグレーションや継続的デリバリーは、ツールの普及とともに開発に欠かせないものとなりました。今回のイマ旬では、リリースサイクルの高速化を実現する「デリバリーアーキテクト」というロールモデルをご紹介します。
    イマ旬キーワード: DevOps、デリバリーアーキテクト、継続的インテグレーション、開発環境、開発自動化

  • Infrastructure as CodeとはITインフラの構築や維持作業をプログラム化することです。昨今Infrastructure as Codeが注目され試行導入するプロジェクトが増えていますが、導入や運用にあたって解決すべき重要な課題が認識されつつあります。
    イマ旬キーワード: DevOps、クラウド、テスト自動化、デザインパターン、仮想化、次世代ITインフラ、開発自動化

  • NTT DATA Technology Foresight 2014特集。第6回目は技術トレンド「ラピッドデザイン技術」です。
    イマ旬キーワード: 3Dプリンタ、DevOps、アジャイル開発、システム分析、ソフトウエア生産技術革新、テスト自動化、リーンスタートアップ、予見力、継続的デリバリー、開発自動化

  • 激変するビジネス環境やコンピュータ技術の進歩を背景に、今「ソフトウェア生産技術」が大きく進化しようとしています。2つの技術トレンドと技術活用の考え方をご紹介します。
    イマ旬キーワード: DevOps、アジャイル開発、ソフトウエア生産技術革新、テスト自動化、リーンスタートアップ、継続的デリバリー、開発方法論、開発自動化

  • 競争力のあるサービス・プロダクトを生み出すマネジメント手法“Lean Startup”。今回は、Lean Startupの重要なプロセスの一つ「学習」を実現する、“Canary Release”という手法をご紹介します。
    イマ旬キーワード: DevOps、プロジェクト管理、リーンスタートアップ、次世代ITインフラ、開発方法論

  • コンピュータの低価格化やクラウドの普及により、誰でも大量のコンピュータを構築・運用する機会が増えてきました。大量のコンピュータを管理する技術として、インフラをプログラミングしてコード化するInfrastructure as Codeの浸透が進んでいます。
    イマ旬キーワード: DevOps、テスト自動化、次世代ITインフラ、開発自動化

  • NTT DATA Technology Foresight 2013特集。技術トレンドの一つである“デリバリー短縮を実現する超高速開発”について解説します。
    イマ旬キーワード: DevOps、システム分析、ソフトウエア生産技術革新、テスト自動化、予見力、開発環境クラウド、開発自動化

  • 社会やビジネスの環境変化を捉え将来を予見することで、お客様のビジネス変革と持続的な成長を促す羅針盤となるものをまとめています。
    イマ旬キーワード: DevOps、ゲーミフィケーション、コミュニケーション高度化、スマートサービス基盤、ビッグデータ、予見力、開発自動化

  • 開発と運用が協力し、ITをビジネスに活かしていくには、プロセスの統合や共通プラットフォームの活用だけでなく、人の意識改革が重要となります。
    イマ旬キーワード: DevOps、ITサービスマネジメント、プロジェクト管理