NTTデータグループのエキスパートが「今が旬」のキーワードをテーマに技術トレンドをリポートするコラムです。
デザインも新たにリスタート。モバイル環境でも見やすく、分かりやすくなりました。

“イマ旬!”アーカイブ(2011年12月~2016年9月)

2011年12月から2016年9月までの“イマ旬!”コラムは「アーカイブ」でご覧いただけます。

イマ旬キーワード

すべてを見る
  • 技術革新に伴い、空を飛ぶモビリティに進展が見られます。空想やSFの世界だけでなく、ビジネスとして採算を取ることを想定した動きに大企業も興味を示し始めました。今回は空飛ぶ車を中心に、次世代モビリティに焦点を当てます。
    イマ旬キーワード: ドローン、予見力、次世代モビリティ、空飛ぶ車、自動運転システム

  • ソフトウエア開発におけるテストを網羅的かつ効率的に実施するためには、戦略に基づいた最適なプロセスに従うことが必要です。今回は、効率的にテストを進める手法のひとつとして「テストケースを開発するプロセス」を紹介します。
    イマ旬キーワード: テストプロセス改善、開発方法論

  • 深刻な人手不足や、ECの利用拡大に伴った多品種・多頻度な小口配送の急増により、物流業は厳しい経営環境に置かれており、対応のため業務をデジタルシフトする企業が徐々に増えています。物流業はデジタル化でどのように変化しているのでしょうか。
    イマ旬キーワード: デジタルシフト、データマネジメント

  • 企業・組織の多種・大量なデータを蓄積する基盤として、データレイクという概念が近年注目を集めています。柔軟で機動的なデータ活用を実現するために有効なアプローチですが、その弱点も理解し、正しくデータ活用のアーキテクチャに組み込むことが必要です。
    イマ旬キーワード: Hadoop、アナリティクス、データレイク、ビッグデータ

  • 大量のデータが集まる時代といわれていますが、データ数の不足が問題となる局面は今でも少なくありません。少しのデータからでも知りたいコトを知るために、最近注目を集めている情報抽出技術、スパースモデリングが効果を発揮します。
    イマ旬キーワード: スパースモデリング、情報抽出、機械学習

  • NTT DATA Technology Foresight の策定にあたり、NTTデータでは専門チームが継続的に技術調査を実施しています。今回は先週に引き続き、最近の調査結果から、今後のトレンドを考える一要素として旬な物をピックアップしてお届けします。
    イマ旬キーワード: chatbot、予見力、人工知能、対話型インターフェース、音声アシスタント

  • NTT DATA Technology Foresightの策定にあたり、NTTデータでは専門チームが継続的に技術調査を実施しています。今回は最近の調査結果から、今後のトレンドを考える一要素として旬な物をピックアップしてお届けします。
    イマ旬キーワード: 予見力、人工知能、対話型インターフェース、音声アシスタント

  • コンテナ仮想化が近年大きな注目を集めています。ITシステムを効率化するためのユースケースの検証が進み、実際にコンテナ仮想化を導入する企業も増えてきました。今回はコンテナ仮想化でどのようにシステムを効率化できるのか、その仕組みを解説します。
    イマ旬キーワード: アプリケーション開発高速化、クラウド、コンテナ仮想化、システム運用効率化、デプロイ高速化

  • 現代はより速くビジネス環境の変化に追従すること、また変化を起こすことが求められる時代です。システム開発でも開発工期を短縮することが強く求められています。今回はそのような現代のシステム開発で活用できる「リスクベースドテスト」を紹介します。
    イマ旬キーワード: テストプロセス改善、テストプロセス標準、リスクベースドテスト、開発方法論

  • ChatOpsという言葉をご存知でしょうか。ChatOpsとはChatとOpsを掛けあわせた造語でチャットサービス(Chat)をベースにシステム運用(Ops)を行う事を指します。今回はChatOpsが注目されている背景や効果についてご紹介します。
    イマ旬キーワード: ChatOps、DevOps、SaaS、クラウド

  • センサーによる世界の可視化と情報分析が一時代を築き、今はロボットや人工知能の時代が始まろうとしています。この後、ITは何処に向かい、ビジネス環境や社会はどう変わるのでしょうか。ひとつの可能性を提示します。
    イマ旬キーワード: IoT、デジタルビジネス、モチベーションデータ、予見力、人工知能

  • シリコンバレーでは、さまざまなプレイヤーによるイノベーションを生み出すためのエコシステム(Ecosystem)が形成されています。今回は、特に存在感を増しているアクセラレーターの最新状況を紹介します。
    イマ旬キーワード: アクセラレーター、イノベーション、シリコンバレー

  • オープンコンピュートプロジェクト(OCP)にIT大手企業各社が参加表明し、DC48V方式が世界のデータセンターとテレコムにおける有力な方式として検討される事になりました。本格的な省エネと新たなデータセンターの時代が到来しようとしています。
    イマ旬キーワード: オープン化、デジタルマーケティング、高電圧直流給電(HVDC)

  • 製薬開発や映像制作など大容量かつ高速なデータという新たなニーズに応えるためストレージ技術が進展しています。身近になったフラッシュストレージの特徴と技術および留意点をご紹介します。
    イマ旬キーワード: High Frequency Trade(HFT)、ITインフラ、PoC(Proof of Concept)、SDS(Software Defined Storage)、TCO(Total Cost of Ownership)、インメモリー、ビッグデータ、フラッシュファースト

  • 自動運転システムでは、「モノ」を対象にする制御工学から、「ヒト」を対象にする人間工学・認知科学・情報工学にモデルが移っています。今回は、ルールベースシステムを自動運転システムに適用する際の問題と対策を紹介します。
    イマ旬キーワード: BRMS(Business Rules Management System)、ルールベースシステム、自動運転システム

  • IoTをはじめとしたITを活用して、新たなビジネス価値を創出する「ビジネスモデルデザイン」が求められています。
    イマ旬キーワード: IoT、デジタルビジネス、ビジネスモデルデザイン

  • 電力小売全面自由化が2016年4月1日より開始されました。今回は、規制緩和された電力業界において非常に重要な指標となる「電力フォワードカーブ」についてご紹介します。
    イマ旬キーワード: エネルギートレーディング、電力システム改革、電力フォワードカーブ、電力先物、電力自由化

  • Apache HadoopやApache Sparkなどのオープンソースの並列分散処理基盤の登場により、コモディティなIAサーバーを活用したリーズナブルな並列分散処理が可能になりました。いずれも世界で商用活用事例が発表されています。本記事ではHadoopとSparkについて簡単に紹介します。
    イマ旬キーワード: Hadoop、Spark、並列分散処理

  • 「Apache Sparkより100倍速い」「銀行業務で数時間の処理を数秒にまで短縮した」など、そのインパクトが話題になっている最新技術Alluxioをご紹介します。
    イマ旬キーワード: インメモリー、ハイブリッドクラウド、ビジネスアナリティクス、ビッグデータ、ビッグデータアナリティクス

  • ブラウザ間でのP2Pリアルタイムコミュニケーションを実現するオープンな技術WebRTC(Web Real-Time Communication)が注目を集めています。特別なソフトやプラグインを使わず、簡単にブラウザ上でSkypeのような映像共有アプリケーションを作成できます。
    イマ旬キーワード: HTML5、JavaScript、WebRTC、ウェアラブルデバイス、スマートデバイス

  • 昨今、さまざまな工程の自動化が盛り上がっていますが、システム基盤構築も例外ではありません。今回は特にエンタープライズ向けシステム基盤構築を自動化する際に“失敗しないための勘所”を紹介します。
    イマ旬キーワード: Infrastructure as Code、Puppet、システム基盤構築自動化

  • NTT DATA Technology Foresight 2016特集。NTTデータが導出した2016年の情報社会や技術のトレンドを6回にわたりご紹介します。第6回目は技術トレンド「超臨場インタラクション」「プレシジョンライフサイエンス」の2種類です。
    イマ旬キーワード: AR(Augmented Reality)、DNA分析、IoT、バーチャルリアリティー、ビッグデータアナリティクス、予見力、予防医療、超臨場感

  • NTT DATA Technology Foresight 2016特集。NTTデータが導出した2016年の情報社会や技術のトレンドを6回にわたりご紹介します。第5回目は技術トレンド「オートノマスモビリティ」「サイバーフィジカルセキュリティ」の2種類です。
    イマ旬キーワード: IoT、SIEM(Security Information and Event Management)、コネクテッドカー、サイバーフィジカル、サイバー攻撃、セキュリティ、ドローン、マルウエア、ランサムウェア、予見力

  • NTT DATA Technology Foresight 2016特集。NTTデータが導出した2016年の情報社会や技術のトレンドを6回にわたりご紹介します。第3回目は技術トレンド「分散メッシュコンピューティング」「デザインイノベーション」の2種類です。
    イマ旬キーワード: 3Dプリンタ、DevOps、IoE、IoT、M2M 、エッジコンピューティング、クラウド、サイバーフィジカル、デザイン思考、デジタルファブリケーション、ビットコイン、ファブ、ブロックチェーン、マイクロサービス、予見力

  • NTT DATA Technology Foresight 2016特集。NTTデータが導出した2016年の情報社会や技術のトレンドを6回にわたりご紹介します。第2回目は技術トレンド「アンビエントコマース」です。
    イマ旬キーワード: アンビエント、オムニチャネル、デジタルマーケティング、ヒューマンセンシング、予見力、人工知能、会話型コマース

  • NTT DATA Technology Foresight 2016特集。NTTデータが導出した2016年の情報社会や技術のトレンドを6回にわたりご紹介します。第1回目は「情報社会トレンド」です。
    イマ旬キーワード: IoT、オンデマンドエコノミー、サイバーフィジカル、スマートシティ、デジタルビジネス、ビットコイン、予見力

  • 科学技術人材を育成するSTEM教育。米国から日本、アジアへと広がり、新しい教育コンテンツが生まれつつあります。
    イマ旬キーワード: STEM教育、デジタルファブリケーション、ファブ

  • ブロックチェーンは、P2P上の電子マネー決済システムである「ビットコイン」の基幹技術として発明された概念です。アイデアが革新的で、幅広い応用可能性からさまざまな分野で大きな注目を集めています。
    イマ旬キーワード: FinTech、ビットコイン、ブロックチェーン

  • 人間(人体)にデジタルテクノロジーを織り込むことで、ライフクオリティが向上する時代に突入しています。今回は、人間(人体)の拡張という分野でのデジタル化の潮流について、義足着用者でもある著者がご紹介します。
    イマ旬キーワード: ウェアラブルデバイス、デジタルビジネス、人間拡張

  • NTT DATA Technology Foresightの策定を毎年支援し、先端IT活用推進コンソーシアム(AITC)で最新技術を調査研究している著者から、実用化段階に入りつつあるVRの現状と今後の可能性についてお届けします。
    イマ旬キーワード: AR(Augmented Reality)、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)、MR(Mixed Reality)、バーチャルリアリティー、超臨場感

  • 情報活用は仮説検証、発見、業務変革などの段階を経てプロアクティブな活用がなされるステージへと到達しつつあります。その中でも最近では、高度な分析手法を活用した情報活用を意味する「アナリティクス」とその進化に注目が集まっています。
    イマ旬キーワード: アナリティクス、ビジネスアナリティクス、ビジネスインテリジェンス、ビッグデータアナリティクス

  • IoTやウェアラブルデバイスの進展により、4人に1人がスマホを使って健康管理していると言われています。今回のイマ旬!では、現在購入可能なウェアラブルデバイスで計測できることと、計測上の注意点等についてご紹介いたします。
    イマ旬キーワード: ウェアラブルデバイス、ヒューマンセンシング、ヘルスケア

  • 実際の取引市場で運用されているアルゴリズムは各社固有のノウハウであり、通常その詳細が公開されることはありません。しかし、その目的やスタイルに応じたいくつかの基本的なパターンはあると考えられています。一般的に知られている取引アルゴリズムのパターンを紹介します。
    イマ旬キーワード: High Frequency Trade(HFT)、アルゴリズムトレード

  • IT基盤をシンプル化するハイパー・コンバージド・インフラストラクチャーが注目されています。物理基盤と仮想基盤の両面から、従来のアーキテクチャーよりも高い効率性や拡張性が期待できます。
    イマ旬キーワード: HCI(Hyper-Converged Infrastructure)、ITインフラ、仮想化

  • NTT DATA Technology Foresight の策定にあたり、NTTデータでは専門チームが継続的に技術調査を実施しています。今回は最近の調査結果から、特に宇宙関連ビジネスの拡大に焦点を当ててお届けします。
    イマ旬キーワード: ロボティクスインテグレーション、人間拡張、宇宙、新素材、準天頂衛星

  • Wi-Fiマルチキャスト技術を用いると、Wi-Fiが届くエリア全ての端末に対して動画等のマルチメディアコンテンツを一斉同報配信できます。
    イマ旬キーワード: IPデータキャスト、MPEG-DASH、Wi-Fiマルチキャスト、次世代ITインフラ

  • 昨今、継続的インテグレーションや継続的デリバリーは、ツールの普及とともに開発に欠かせないものとなりました。今回のイマ旬では、リリースサイクルの高速化を実現する「デリバリーアーキテクト」というロールモデルをご紹介します。
    イマ旬キーワード: DevOps、デリバリーアーキテクト、継続的インテグレーション、開発環境、開発自動化

  • 電力・ガスシステム改革に伴い、今後エネルギートレーディングおよびリスク管理高度化の必要性が高まることが予想されます。今回は、改革の概要とエネルギー自由化先進国からもたらされた「ETRM(Energy Trading and Risk Management)」をご紹介します。
    イマ旬キーワード: ETRM、エネルギートレーディング、電力自由化

  • 私たちは長くパスワードによる認証を使い続けてきました。しかし、パスワードの問題が制御しきれないほど大きくなるとともに、パスワード以外の認証を使うための準備が整ってきました。いよいよ長く親しんだパスワードにお別れを告げるときかもしれません。
    イマ旬キーワード: FIDO、OpenID connect、SAML、アイデンティティ、認証、認証連携

  • 2015年になって国内のさまざまな組織で、サイバー攻撃の被害が急増しています。特に「標的型攻撃」と呼ばれるサイバー攻撃あるいは、それがさらに進化をした「APT」と呼ばれる高度で執拗なサイバー攻撃の被害が増加しています。今回のイマ旬では、これらのサイバー攻撃にどのように対処すればよいのか、対策の考え方をご紹介します。
    イマ旬キーワード: APT、サイバーセキュリティ、セキュリティ、マルウエア、標的型攻撃

  • 2012年頃からブームに火がつき、今や主流とも言えるセルフサービスBIですが、先んじて導入した企業にとってはその課題・限界も浮き彫りになっています。そんな事態を打開するための手法として、「Guided Analysis」へ静かに注目が集まっています。
    イマ旬キーワード: Guided Analysis、セルフサービスBI、ディスカバリBI、データサイエンス、データディスカバリ、データドリブン、データビジュアライゼーション、ビジネスアナリティクス、ビジネスインテリジェンス、ビッグデータ

  • 口々に語られるビッグデータ活用という言葉、そして次から次へと現れる実現方法。この荒波の中、皆さんは航海のための羅針盤を持っていますか?
    イマ旬キーワード: ビッグデータ、ビッグデータアナリティクス

  • 複数の配送先へ荷物を運搬する際の最適な配送経路を求める配送計画問題についてご紹介します。物流分野では配送計画が不可欠となっていますが、理論的にも実務的にも非常に難しい問題として知られています。本稿では代表的な探索法と配送計画問題に対する当社の取り組みの一端をお届けします。
    イマ旬キーワード: 数理計画、最適化、配送計画

  • 現在はモジュール単体テストや画面遷移試験もスクリプトで記述し、テスト実行が自動化されるケースが多くなりました。そのため、テスト工数削減のためには、テストスクリプトのコーディングやテストデータの作成自体を自動化させる必要性が高まっています。
    イマ旬キーワード: テストプロセス改善、テスト工数削減、テスト自動化

  • ダイナミックに変化する新興国特有の環境下におけるIT技術選定・システム構築のポイントと、構築したシステムの先進国への再適用の可能性について、AEC発足をケーススタディとしてご紹介します。
    イマ旬キーワード: AEC(ASEAN Economic Community)、SCM、クロスボーダー物流、リバースイノベーション、域内貿易、経済回廊

  • Webサービスではもはや必須の基盤技術となった「CDN(Contents Delivery Network:コンテンツ配信ネットワーク)」をご紹介します。
    イマ旬キーワード: CDN、エッジコンピューティング、クラウド

  • 先週に引き続き、注目が集まる「マイクロサービス」の特徴と有効性、活用が期待される領域や効果について、新たな視点で解説します。
    イマ旬キーワード: クラウド、ソフトウエアアーキテクチャ、デザインパターン、マイクロサービス、開発方法論

  • Webサービス企業を中心に、新しいシステム・ソフトウエア開発のアーキテクチャスタイルである「マイクロサービス(Microservices)」が注目されています。
    イマ旬キーワード: ソフトウエアアーキテクチャ、デザインパターン、マイクロサービス、開発方法論

  • 情報活用を業務に組み込むためには、まずPoC(Proof of Concept:コンセプト検証)と呼ばれるようなトライアル分析を行うことが一般的です。ビッグデータ時代の到来に伴い、PoCにおける注意点も変化してきています。
    イマ旬キーワード: PoC(Proof of Concept)、ビジネスアナリティクス、ビッグデータ

  • スマートフォンでは指紋認証や虹彩認証などの新しい認証方式を利用する動きが広がっており、セキュリティ向上だけでなく、ユーザーの利便性向上にもメリットがあります。このような「パスワードレス認証」の標準化技術である「FIDO」(ファイド)について解説します。
    イマ旬キーワード: FIDO、スマートデバイス、スマートフォンセキュリティ、セキュリティ、認証

  • テストプロセスの改善を目指すには、まず現状を確認することが重要です。今回はテストプロセスの現状把握のために活用できるフレームワークを紹介します。
    イマ旬キーワード: テストプロセス改善、テストプロセス標準、開発方法論

  • NTT DATA Technology Foresightの策定にあたり、NTTデータでは専門チームが継続的に技術調査を実施しています。今回は最近の調査結果から、今後のトレンドを考える一要素として旬な物をピックアップしてお届けします。
    イマ旬キーワード: スマートメーター、デジタルビジネス、予見力

  • 各種リソースの仮想化が進む中で、ストレージ装置の仮想化はコスト観点で非常に効果的です。ここではストレージ装置の仮想化について簡単にご紹介します。
    イマ旬キーワード: SDD(Software Defined Datacenter)、SDI(Software Defined Infrastructure)、SDS(Software Defined Storage)、プライベートクラウド、仮想化

  • オムニチャネル、IoT、データドリブンなど、ビジネスとITが密接不可分に結びつく中で、データマネジメントへの注目が一層高まっています。その注目の理由を、先日開催されたカンファレンスの内容を交えてお伝えします。
    イマ旬キーワード: IoT、オムニチャネル、オープンデータ、データインテグレーション、データガバナンス、データクレンジング、データサイエンス、データスチュアード、データドリブン、データマネジメント、ビッグデータ

  • ビッグデータの活用やIoT(Internet of Things)など、ITを活用した新しいサービスへの期待が高まる一方で、それらを提供する基盤となる情報システムの安全性や信頼性に対する不安がささやかれるようになってきました。
    イマ旬キーワード: システム安全、セキュリティ

  • Infrastructure as CodeとはITインフラの構築や維持作業をプログラム化することです。昨今Infrastructure as Codeが注目され試行導入するプロジェクトが増えていますが、導入や運用にあたって解決すべき重要な課題が認識されつつあります。
    イマ旬キーワード: DevOps、クラウド、テスト自動化、デザインパターン、仮想化、次世代ITインフラ、開発自動化

  • 「共創」という言葉は近年多くの場所で目にするようになりました。今回は共創の代表的な事例や、何故共創が叫ばれるようになったのかについて、独自の視点で解説します。
    イマ旬キーワード: イノベーション、サービスデザイン、共創

  • プロジェクトマネジメントはモバイルやクラウドなどと比べて進化スピードがゆったりとした分野ですが、技術やビジネスの変化に対応すべく少しずつ変わってきています。今後のトレンドから、気になるものをピックアップしてご紹介します。
    イマ旬キーワード: アジャイル開発、ビッグデータアナリティクス、プロジェクト管理、分散開発

  • 自動車の進化が、車載HMI(Human Machine Interface)のメーターを車載コックピットシステムへと大きく変化させています。車載コックピットシステム性能向上のために必要なモデリング技法について紹介します。
    イマ旬キーワード: CASE、HMI(Human Machine Interface)モデル、RAD(Rapid Application Development)、アジャイル開発、システム分析、ソフトウエア生産技術革新、デザインエンジニアリング、対話型ソフトウエア、状態遷移モデル、要求定義

  • ITと情報システムは企業経営において重要な資源の一つです。近年、EC(Electronic Commerce)、IoT(Internet of Things)を始めとする新しいITを活用した情報システムで新たな価値を創出するビジネスモデルの開発に多くの企業が取り組み、実際に数多くのビジネスが生み出されています。
    イマ旬キーワード: IT戦略、ビジネスモデルデザイン、リーンスタートアップ

  • データ活用の重要性が叫ばれている今、脚光を浴びているのが「Data Visualization(以下、Visualization)」です。その名前から華美なコンピューターグラフィックをイメージされるかもしれませんが、その歴史、活用法について紹介することで、そのイメージが少し変わるかもしれません。
    イマ旬キーワード: Data Visualization、セルフサービスBI、ディスカバリBI、データサイエンス、データディスカバリ、データドリブン、ビジネスアナリティクス、ビジネスインテリジェンス、ビッグデータ

  • NTT DATA Technology Foresightの策定にあたり、NTTデータでは専門チームが継続的に技術調査を実施しています。今回は最近の調査結果から、今後のトレンドを考える一要素として旬な物をピックアップしてお届けします。
    イマ旬キーワード: ウェアラブルデバイス、クラウドソーシング、バーチャルリアリティー、ヒューマンセンシング、予見力、人工知能

  • 20年以上前に提唱され、形を変えながら進化してきたビジネスインテリジェンス(BI)は、本来の狙いである業務現場での活用が近年になって進んできています。その背景にある技術動向をご紹介します。
    イマ旬キーワード: セルフサービスBI、データディスカバリ、ビジネスアナリティクス、ビジネスインテリジェンス、ビッグデータ

  • NTT DATA Technology Foresight 2015特集。NTTデータが導出した2015年の情報社会や技術のトレンドを5回にわたりご紹介します。第5回目は技術トレンド「コンピュータの透明化」「未来のモビリティ」の2種類です。
    イマ旬キーワード: IoT、ウェアラブルデバイス、サイバーフィジカル、ドローン、予見力、人間拡張、次世代ITインフラ

  • NTT DATA Technology Foresight 2015特集。NTTデータが導出した2015年の情報社会や技術のトレンドを5回にわたりご紹介します。第4回目は技術トレンド「3D文化の拡大」「クラウド超競争時代」の2種類です。
    イマ旬キーワード: 3Dスキャン、3Dセンシング、オープンソース、クラウド、コンテナ仮想化、ビッグデータ、予見力、測域センサ

  • NTT DATA Technology Foresight 2015特集。NTTデータが導出した2015年の情報社会や技術のトレンドを5回にわたりご紹介します。第3回目は技術トレンド「インタラクティブコマース」「デザインイノベーション」の2種類です。
    イマ旬キーワード: 3Dプリンタ、IoT、オムニチャネル、デジタルビジネス、デジタルマーケティング、予見力

  • NTT DATA Technology Foresight 2015特集。NTTデータが導出した2015年の情報社会や技術のトレンドを5回にわたりご紹介します。第2回目は技術トレンド「生命や感情の科学」「人工頭脳への挑戦」の2種類です。
    イマ旬キーワード: Deep Learning、ゲーミフィケーション、ニューロエンハンスメント、予見力、人工知能、機械学習、脳科学

  • NTT DATA Technology Foresight 2015特集。NTTデータが導出した2015年の情報社会や技術のトレンドを5回にわたりご紹介します。第1回目は「情報社会トレンド」です。
    イマ旬キーワード: IoT、クラウドソーシング、スマートシティ、スマートデバイス、デジタルビジネス、予見力、共創

  • 現在ロボット業界には「第三の波」が来ていると考えられ、大きな盛り上がりを見せています。ロボットは今後どこへ向かうのか、歴史を振り返りながら考察します。
    イマ旬キーワード: IoT、M2M 、クラウドロボティクス、サービスロボット、ロボティクスインテグレーション

  • ビジネス(経営)にデジタルを織り込んでいくことが差別化の源泉になる時代に突入しています。今回はデジタルテクノロジーの発展によって生まれるデジタルアセットの例と、そのビジネス適用の潮流をご紹介します。
    イマ旬キーワード: IoE、IoT、O2O、オムニチャネル、デジタルビジネス、ビッグデータアナリティクス

  • 競争力強化や価値創造には、現状をセンシングし、「解くべき課題が何か」を分析することが重要です。今回のイマ旬は、人の行動や状態をセンシングするウェアラブルデバイスの動向をご紹介します。
    イマ旬キーワード: ウェアラブルデバイス、ヒューマンセンシング、ヘルスケア

  • 米国のシリコンバレーで1年間に起業される新興企業(Startups)の数は4,000を超えます。そのようなStartupsでは、自社の提供するサービスやプロダクトの要求定義はどのように行われているのでしょうか?
    イマ旬キーワード: ビジネスアナリシス、要求定義

  • ソフトウエア開発に関わる方が知っておくべき2つのBOK(知識体系)ガイド「SWEBOK」と「SQuBOK®」がこのほど改訂されました。今回は、これらのBOKガイドの改訂のポイントについてご紹介します。
    イマ旬キーワード: BOK、SWEBOK、品質保証、知識体系、開発方法論

  • システム開発の中でも多くの手間と時間がかかるテストについて、現在はテスト工程の作業を「効率的に実施する」研究開発を行っていますが、このシミュレーター技術では「テスト工程そのものを無くす」ことを目指しています。
    イマ旬キーワード: テストプロセス改善、テスト工程削減、レビュー支援、開発自動化

  • ITインフラを仮想化しソフトウエアでサーバーを管理する構成は、既に一般的なものとなっています。今回はその先、ポリシーベースの仮想化環境マネジメントをご紹介します。
    イマ旬キーワード: SDI(Software Defined Infrastructure)、SDN、ポリシーベース、仮想化

  • NTT DATA Technology Foresightの策定にあたり、NTTデータでは専門チームが継続的に技術調査を実施しています。今回は最近の調査結果から、今後のトレンドを考える一要素として旬な物をピックアップしてお届けします。
    イマ旬キーワード: ドローン、ロボットソーシング、予見力、人工知能、機械学習

  • 身に付けるコンピューターであるウェアラブルデバイスが注目を集めています。一見関係が無さそうなウェアラブルデバイスとアイデンティティ(認証)には実は大きな関係があるのです。
    イマ旬キーワード: アイデンティティ、ウェアラブルデバイス、スマートデバイス、認証連携

  • 超高齢社会を支えるサービスロボットに関する動向と、社会実装に向けたサービス基盤の在り方についてご紹介します。
    イマ旬キーワード: IoT、M2M 、クラウドロボティクス、サービスロボット、ビッグデータ

  • 最近、ログの集約・蓄積・分析を行う「SIEM(Security Information and Event Management)」と呼ばれるセキュリティソリューションが登場してきています。今回のイマ旬ではSIEMについて説明します。
    イマ旬キーワード: SIEM(Security Information and Event Management)、Webページ改ざん、マルウエア、標的型攻撃

  • 自動車設計開発において車体の軽量化は重要な課題となっています。今回は車体軽量化設計にかかわるCAE(Computer Aided Engineering)技術を紹介します。
    イマ旬キーワード: CAE(Computer Aided Engineering)、車体軽量化

  • 「大量のデータがすでにデータウエアハウスに蓄積されているが、データ分析に時間がかかり過ぎる」という、ビッグデータ時代におけるデータ分析の悩みとその解決方法とは?
    イマ旬キーワード: ビッグデータ、ビッグデータアナリティクス

  • 普段は競合関係にある企業がOSSを軸にタッグを組み共創関係を構築しています。なぜOSSはそのような力を持ち得るのか?またOSSの力の源泉を自社ビジネスに取り込むにはどうすれば良いのか紹介します。
    イマ旬キーワード: オープンソース、オープン化、共創

  • 稼働中のシステムに脆弱性対策パッチを適用する際、OSの再起動が必要になるため、迅速な対応が難しい場合がありました。しかし近年、再起動せずにパッチが適用できる技術が登場し、注目を集めています。
    イマ旬キーワード: セキュリティ、動的パッチ、脆弱性

  • 新しい仮想化ソフトであるDockerの登場は、Linuxコンテナの世界で大きな変換点になりました。仮想マシンの代替手段として使われるだけでなく、アプリケーションの可搬性を高め、開発・試験・配布のワークフローを革新するでしょう。
    イマ旬キーワード: コンテナ仮想化、仮想化

  • ソフトウエア開発の現場には大量の開発資産が蓄積されつつあります。こうした開発現場のビッグデータを生産技術として役立てる技術が「ソフトウエアリポジトリマイニング」です。
    イマ旬キーワード: ソフトウエアリポジトリマイニング、ソフトウエア生産技術革新、テストプロセス改善、ビッグデータ、ビッグデータアナリティクス

  • ビッグデータの分析活用においては、システム基盤が進化し業務の分析が進んだ後、今度は分析結果を着実に活かすために、「組織」面の進化が求められるようになりました。
    イマ旬キーワード: システム分析、ビジネスアナリティクス、ビッグデータ、ビッグデータアナリティクス

  • 従来とは異なるソフトウエアテスト手法である「探索的テスト」が注目されています。今回は探索的テストの概要と、その活用に向けた動向を紹介します。
    イマ旬キーワード: テストプロセス改善、探索的テスト、開発方法論

  • クラウド・コンピューティングの標準仕様の開発が活発に行われています。NTTデータはさまざまな標準化活動に積極的に貢献し、クラウドのグローバル標準に対応したソリューションを提供しています。
    イマ旬キーワード: ODCA、オープンソース、クラウド、デザインパターン

  • 「フラッシュ」「SSD」「インメモリー」という言葉は数年前からよく聞かれるようになってきました。今回は、最近のビジネススピードの加速に伴いさらに身近になったこれらの技術について、取り上げてみたいと思います。
    イマ旬キーワード: ITインフラ、インメモリー、ビッグデータアナリティクス

  • キャッツでは、ソフトウエア生産技術を「振る舞い」、「組み合わせ」、そして「トレーサビリティ」の視点でとらえた自動化ツール開発に取り組んでいます。今回はこれらのツールをご紹介します。
    イマ旬キーワード: トレーサビリティ、フィーチャモデル、状態遷移モデル、開発自動化

  • 汎用サーバー上でファイアウォールやロードバランサー等のネットワーク機能を仮想的に実現する「NFV(Network Functions Virtualisation)」が注目されています。
    イマ旬キーワード: NFV、SDN、仮想化

  • 今年度に入り、OpenSSL、Apache Struts、Internet Explorerなどに深刻な脆弱性が発見されたことが大きな話題となっており、個人、家庭レベルから企業、国家レベルまで各々の立場に応じたIT製品・サービスの脆弱性への対応が求められています。
    イマ旬キーワード: セキュリティ、脆弱性

  • 今回のイマ旬!では、脆弱性問題で話題になっている「Apache Struts(アパッチ・ストラッツ)」を取り上げます。Strutsとはどういうものなのか、そして過去の経緯を中心にお話します。
    イマ旬キーワード: オープンソース、セキュリティ、脆弱性

  • NTT DATA Technology Foresightの策定にあたり、NTTデータでは専門チームが継続的に技術調査を実施しています。今回は最近の調査結果から、今後のトレンドを考える一要素として旬な物をピックアップしてお届けします。
    イマ旬キーワード: 3Dプリンタ、クラウドソーシング、予見力、人間拡張

  • 欧米企業と日本企業のIT投資効果の違いが言われていますが、その違いの一つは目的を正確に捉えて取り組むゴール指向にあります。近年、欧米企業ではゴール指向のマネジメントにGQM+Strategiesという手法を活用しています。
    イマ旬キーワード: ITマネジメント、IT戦略、IT投資、ビッグデータ

  • マーケティングはデジタルを織り込んだ手法にシフトしてきています。今回はデジタルテクノロジーの発展によって実現可能となった、各種情報を用いた販促手法についてご紹介します。
    イマ旬キーワード: O2O、オムニチャネル、デジタルマーケティング、ビッグデータアナリティクス

  • 機械同士が通信を行うM2M(Machine to Machine)は、IoT(Internet of Things)、そして、IoE(Internet of Everything)という、より広い言葉でも語られるようになり、今後、爆発的に増加すると予測されています。このM2Mにはどのようなネットワーク技術が利用されていくのでしょうか。
    イマ旬キーワード: IoE、IoT、M2M 

  • 2014年2月頃、米国電気電子学会(IEEE)は「2020年までに日常生活における作業の85%にゲーミフィケーションが組み込まれる」という予測を発表しました。IEEEはゲーミフィケーションがビジネス分野でも一般的になると予測しており、IEEEシニアメンバーのTom Coughlin氏は「Gamificationで得たポイントが昇給や配属の判断に利用されるようになるだろう」と語っています。
    イマ旬キーワード: ゲーミフィケーション、コミュニケーション高度化、人間指向

  • アルゴリズム・トレードの技術は、近年のコンピューターの高性能化・低価格化に伴って、急速に普及し、発展しています。今回はアルゴリズム・トレードシステム構築における共通的な基礎技術について解説します。
    イマ旬キーワード: アルゴリズムトレード、ビジネスアナリティクス、ビッグデータ、機械学習

  • クラウドの普及により従来よりも容易にスケールアウト(サーバーの追加)・スケールイン(サーバーの削減)が行えるようになりました。このスケールアウト・スケールインによりシステムの処理能力を迅速に増減できるようになりました。しかしサーバーにかかる負荷が非均一である場合、利用効率が高いとは限りません。そのためシステム全体におけるリソースの利用効率を最適化するためCluster Managerに注目が集まっています。
    イマ旬キーワード: クラウド、プライベートクラウド、リソース最適化、仮想化

  • NTT DATA Technology Foresight 2014特集。第6回目は技術トレンド「ラピッドデザイン技術」です。
    イマ旬キーワード: 3Dプリンタ、DevOps、アジャイル開発、システム分析、ソフトウエア生産技術革新、テスト自動化、リーンスタートアップ、予見力、継続的デリバリー、開発自動化

  • NTT DATA Technology Foresight 2014特集。第5回目は技術トレンド「多層サイバーディフェンス」です。
    イマ旬キーワード: BYOD、SIEM(Security Information and Event Management)、スマートフォンセキュリティ、セキュリティ、フォレンジック、ランサムウェア、予見力、標的型攻撃、認証連携

  • NTT DATA Technology Foresight 2014特集。第4回目では技術トレンド「次世代Webアーキテクチャー」「環境適応型ITシステム」の2種類をご紹介します。
    イマ旬キーワード: HTML5、SDN、エッジコンピューティング、クラウド、ビッグデータ、予見力、仮想化、次世代ITインフラ

  • NTT DATA Technology Foresight 2014特集。第3回目は技術トレンド「人工知能による知的処理」「実世界センシングと分析」「スマートインフラストラクチャー」の3種類です。
    イマ旬キーワード: Deep Learning、IoT、O2O、クラウドロボティクス、サイバーフィジカル、スマートシティ、ビッグデータ、ビッグデータアナリティクス、予見力、人工知能、機械学習

  • NTT DATA Technology Foresight 2014特集。第2回目は技術トレンド「人間能力の自然な拡張」「人間のモデル化」「モバイルセントリック」の3種類です。
    イマ旬キーワード: クラウドロボティクス、ゲーミフィケーション、サイバーフィジカル、スマートデバイス、予見力、人間拡張、人間指向

  • ソフトウェア開発において、品質や生産性を向上するためには標準化が重要となります。今回は、ソフトウェアテストの国際規格についてご紹介します。
    イマ旬キーワード: グローバル開発標準、テストプロセス改善、開発方法論

  • 大規模化・複雑化するソフトウェア開発において、テストをいかに効率よく実施するかという観点から“テストの自動化”が注目されています。今回は、その中でも繰り返し実施する作業が多いテスト対象システムのGUIを操作・検証するテスト(以下、GUIテスト)の自動化について、現状と今後の動向をご紹介します。
    イマ旬キーワード: テスト自動化、開発自動化

  • “イマ旬!”の記念すべき第100回は、北米シリコンバレーエリアから、グローバル視点でのトレンド情報をお届けします。ここ1年ほどでようやく形になりつつある、「IoT(Internet of Things)」にスポットを当ててみます。
    イマ旬キーワード: IoT、スマートデバイス

  • クラウドロボティクスに関する最近の技術動向、また実用化に向けた課題との関わりについて紹介します。
    イマ旬キーワード: クラウドロボティクス、スマートサービス基盤

  • ITシステム開発において、新しいアプリケーションのデプロイメント(配備)は一大イベントでした。最近ではIaaSを中心としたクラウドの普及により、デプロイメントが新しい局面を迎えています。InfrastructureをImmutable(不変の)として扱い、デプロイメントのたびに、クラウド上で作り直します。
    イマ旬キーワード: クラウド、次世代ITインフラ、継続的デリバリー

  • SAML, OpenID等の技術により、ID管理・認証とサービス提供の分離が可能になってきています。この流れをさらに促進するために信頼フレームワーク(Trust Framework)の普及が図られています。
    イマ旬キーワード: アイデンティティ、信頼フレームワーク、認証連携

  • V-Lowマルチメディア放送は、2014年夏から始まる新しい放送サービスです。「地域限定」と「IPデータキャスト」で新たな放送サービスが始まります。
    イマ旬キーワード: IPデータキャスト、マルチメディア放送

  • データセンターの省エネ電源技術についてご紹介します。
    イマ旬キーワード: 高電圧直流給電(HVDC)

  • ビッグデータ時代を迎えた現在、マルチコア・プロセッサは当然のこととなり、さらにメニーコア・プロセッサへと移行は進んでおり、1プロセッサあたり10コア以上のプロセッサが多くリリースされてきています。このメニーコアを活かしたHPCの今後について考察します。
    イマ旬キーワード: ビッグデータ

  • 激変するビジネス環境やコンピュータ技術の進歩を背景に、今「ソフトウェア生産技術」が大きく進化しようとしています。2つの技術トレンドと技術活用の考え方をご紹介します。
    イマ旬キーワード: DevOps、アジャイル開発、ソフトウエア生産技術革新、テスト自動化、リーンスタートアップ、継続的デリバリー、開発方法論、開発自動化

  • グローバル化が進んだ企業活動では、言語のギャップ解消が大きな課題です。ギャップを埋める一つの技術が、機械翻訳技術です。
    イマ旬キーワード: クラウドソーシング、コミュニケーション高度化、ビッグデータ、統計的機械翻訳

  • 企業・団体において情報活用を推進する立場にあるデータサイエンティストは、ビッグデータの概念をデータタイプの観点で理解しておく必要があります。これにより「ビジネス部門からの要求をアナリティクスの観点で紐解き、IT部門に対して適切な情報提供指示を出すこと」ができるようになります。
    イマ旬キーワード: データサイエンティスト、ビジネスアナリティクス、ビッグデータ

  • 2014年に向けた注目トピックとして、「コンピューターによる知的処理」と「ウェアラブルデバイスの登場」があります。これらは将来ビジネスにインパクトを与える技術だと考えています。
    イマ旬キーワード: コミュニケーション高度化、予見力、人間拡張、機械学習

  • 内部統制、情報セキュリティ、個人情報保護、知的財産確保など企業活動のさまざまな場面で、業務処理の証拠・証跡としての「記録」およびその管理方法の重要性が見直されつつあります。
    イマ旬キーワード: セキュリティ、記録管理

  • ネットワーク装置には設定が必要であり、これまでその機能を実現するソフトウェア/ファームウェアは機器ベンダーが提供するとされていたネットワーク業界において、機器ベンダー以外が「ネットワーク機能を創る」という新しい潮流が起きています。
    イマ旬キーワード: SDN、オープン化

  • 商用データベース(DB)からオープンソースソフトウェア(OSS)のDBに移行する(乗り換える)システムが、現在増えています。今回は、そのようなDBの移行がなぜ盛り上がってきているのかご紹介します。
    イマ旬キーワード: オープンソース、レガシーマイグレーション

  • スマートデバイスを活用した社外でのオフィス環境の利用が進んでいます。ワークスタイル変革の先にある、スマートオフィス(ITを活用してつくる環境配慮型省力化オフィス)実現に向けた動向をご紹介します。
    イマ旬キーワード: BCP、ITインフラ、スマートオフィス、スマートデバイス

  • インターネット通信に必要なグローバルIPv4アドレスの枯渇問題が指摘されてから数年が経過しました。グローバルIPv4アドレスの枯渇対策であるIPv6対応はいつ行うべきなのでしょうか。
    イマ旬キーワード: IPv6

  • システム更改の際、現行システムへの理解不足が原因で失敗するケースが散見されます。システム更改が中心となってきているシステム開発において、現行システムの解析は重要性を増してきています。今回は、現行システム解析で使われるツールについてご紹介します。
    イマ旬キーワード: システム分析、開発自動化

  • グローバルに展開するお客様のITパートナーとして、NTTデータはシステムのグローバル対応を進めています。今回は、システムをグローバル化する上で必要な「ソフトウェアのグローバライゼーション(Globalization(G11N))」をご紹介します。
    イマ旬キーワード: グローバル開発標準、海外展開

  • 情報セキュリティ対策は、やみくもではなくリスクの程度に見合った対策を施すことが大事だ。そのための第一歩として、リスクを「見える化」することが重要となる。
    イマ旬キーワード: 標的型攻撃

  • クラウド上にシステムを構築する場合、処理性能をスケールさせ、最適な性能を発揮できるよう考慮する必要があります。今回は、データベースの特性と選択基準をご紹介いたします。
    イマ旬キーワード: クラウド

  • 競争力のあるサービス・プロダクトを生み出すマネジメント手法“Lean Startup”。今回は、Lean Startupの重要なプロセスの一つ「学習」を実現する、“Canary Release”という手法をご紹介します。
    イマ旬キーワード: DevOps、プロジェクト管理、リーンスタートアップ、次世代ITインフラ、開発方法論

  • スマートフォン(スマホ)で利用するアプリケーションのテストでは、多種多様な実機を使った動作保証が課題です。実機検証するためのクラウドサービスなど、徐々にスマホ向けのテスティングソリューションが出始めています。
    イマ旬キーワード: クラウド、スマートデバイス

  • コンピュータの低価格化やクラウドの普及により、誰でも大量のコンピュータを構築・運用する機会が増えてきました。大量のコンピュータを管理する技術として、インフラをプログラミングしてコード化するInfrastructure as Codeの浸透が進んでいます。
    イマ旬キーワード: DevOps、テスト自動化、次世代ITインフラ、開発自動化

  • NTT DATA Technology Foresight 2013特集。技術トレンドの一つである“デリバリー短縮を実現する超高速開発”について解説します。
    イマ旬キーワード: DevOps、システム分析、ソフトウエア生産技術革新、テスト自動化、予見力、開発環境クラウド、開発自動化

  • 社会やビジネスの環境変化を捉え将来を予見することで、お客様のビジネス変革と持続的な成長を促す羅針盤となるものをまとめています。
    イマ旬キーワード: DevOps、ゲーミフィケーション、コミュニケーション高度化、スマートサービス基盤、ビッグデータ、予見力、開発自動化

  • ビッグデータの効率的な活用には、「ビッグデータ処理技術」が不可欠です。この技術の特性を理解し、ビジネスで活用していくことが重要になります。
    イマ旬キーワード: ビッグデータ

  • 放送波を使ったデータ伝送技術を活用することで、多種多様なファイルを端末に届けることができ新しい放送サービスが可能となります。
    イマ旬キーワード: IPデータキャスト、M2Mクラウド

  • 開発と運用が協力し、ITをビジネスに活かしていくには、プロセスの統合や共通プラットフォームの活用だけでなく、人の意識改革が重要となります。
    イマ旬キーワード: DevOps、ITサービスマネジメント、プロジェクト管理

  • クラウドとロボットを連携させ、スマートなサービスを実現するには、関連技術や規格化の動向を見据えたアプローチが重要です。
    イマ旬キーワード: M2Mクラウド、スマートサービス基盤

  • クラウドを活用したエンタープライズシステムでは、戦略的な差別化要件に対応しつつコスト削減が求められます。一見相反する要望に応えるには、クラウドSI用の開発方法論が重要になってきます。
    イマ旬キーワード: クラウド、開発方法論

  • 「見える化」に続く情報活用の次の一手を見出す技術として、「ビジネスアナリティクス(BA)」の重要性が増しています。それに伴い、情報活用に求められる人材像も変わってきました。
    イマ旬キーワード: データサイエンティスト、ビジネスアナリティクス、ビッグデータ

  • クラウドと連携することで、ロボットは作業用機械から「サービスを実現するためのシステム要素」へと発展を遂げています。
    イマ旬キーワード: M2Mクラウド、スマートサービス基盤

  • BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)を実現させるための手段のひとつとして、東日本大震災以降、データセンター活用の需要が急速に高まっています。
    イマ旬キーワード: BCP

  • 製造業からサービス業へのシフトが進み、製造業内においても、企画やマーケティングなどサービス分野の重要性が増しています。
    イマ旬キーワード: サービス工学

  • 現状、単体テスト自動化ツールの利用率は3割に満たない状況ですが、従来の問題を解消した新たなツールが登場し、今後の普及が期待されています。
    イマ旬キーワード: テスト自動化、開発自動化

  • 昨今の変化が激しく不確実性の高いビジネス環境の中で、新しい、競争力のあるサービス・プロダクトを生み出すためのマネジメント手法“Lean Startup”をご紹介します。
    イマ旬キーワード: プロジェクト管理、開発自動化

  • NTTデータの役割は、IT要素技術をプロアクティブに活用可能なソリューションに仕立てることだと認識しています。
    イマ旬キーワード: ビジネスアナリティクス、ビッグデータ

  • 新たなモバイルセキュリティ技術を考慮し、次世代モバイルセキュリティ技術および安全なアプリケーション構築手法の開発を進めています。
    イマ旬キーワード: スマートデバイス、スマートフォンセキュリティ

  • 実用レベルに達しつつある要素技術を統合化し、プロアクティブなサービスの実現を支援する「ビッグデータ活用ソリューション」の整備を進めています。
    イマ旬キーワード: ビジネスアナリティクス、ビッグデータ

  • M2Mの標準化は、グローバル化や国際調達の観点等において、避けては通れない動きです。
    イマ旬キーワード: M2Mクラウド、スマートサービス基盤

  • スマートフォンやタブレット端末は急速な普及を見せており、企業システムにおいても、スマートデバイス経由での利用に対応する要望が高まっています。
    イマ旬キーワード: スマートデバイス

  • 「ITサービスマネジメント」は、常に変化していくお客様のビジネスに合わせて、ライフサイクルの視点でシステムを効率的に管理および改善していくための考え方です。
    イマ旬キーワード: ITサービスマネジメント、グローバル開発標準

  • 「上流・つくり・活用」からなる「価値提供モデル」<3D Value Cycle>を軸として、サービス工学の考え方を適用して、ITの活用と効果向上に努めていきます。
    イマ旬キーワード: サービス工学

  • NTTデータは、世界中にビジネスを広げるお客様のITパートナー・事業パートナーとなるべく、グローバル対応を急速に進めています。今回は開発手順を標準化する価値と、NTTデータのグローバル開発標準についてお話します。
    イマ旬キーワード: グローバル開発標準

  • クラウドサービスのメリット・デメリットを考慮した上で、開発環境で利用できるクラウドサービスを独自に整備し、社内向けに提供しています。
    イマ旬キーワード: クラウド、開発環境クラウド

  • BABOKの価値はまさにビジネスアナリシスの実践に関するグローバルな共通言語を定義したことです。
    イマ旬キーワード: ビジネスアナリシス

  • クラウドを利用する前には、「サーバ統合型」「セルフサービス型」のどちらのクラウドを利用したいのかをはっきりさせておく必要があります。この点について改めて解説します。
    イマ旬キーワード: クラウド、プライベートクラウド

  • NTTデータでは、設計書を基にテスト設計から実行、評価までを自動化することで、テスト工数削減、工期短縮の実現に取り組んでいます。
    イマ旬キーワード: テスト自動化、開発自動化

  • 標的型攻撃は金銭目的、機密情報の取得、重要システムの破壊など、攻撃者の目的は多岐に渡っていて、長期化・潜在化している印象です。
    イマ旬キーワード: 標的型攻撃

  • DSL、言語ワークベンチ、Xtext+Xtendは、JavaやEclipseに比べて認知度は高いとは言えませんが、今後期待されている技術です。
    イマ旬キーワード: 開発自動化

  • NTTデータでは、自動化技術の動向を踏まえ自動化技術を開発し、お客さまシステムの開発短期化を実現していきます。
    イマ旬キーワード: 開発自動化

  • 新しいツールの新しい使い方を提案するBYOD“Bring Your Own Device”を実現するソリューションを提供する予定です。
    イマ旬キーワード: スマートフォンセキュリティ

  • 早い段階でビッグデータ活用に取り組んだ企業は、的確な状況把握と迅速な意思決定が可能となり、経営メリットや競争優位性を顕在化させています。
    イマ旬キーワード: ビッグデータ

  • M2M自体は古くて新しいキーワードです。では、何故今、このキーワードが取り上げられるようになっているのでしょうか。
    イマ旬キーワード: M2Mクラウド、ビッグデータ

  • 今年のクラウド関連トピックの一つは新たなPaaSの出現でしょう。そこで今回はPaaSのこれまでとこれからについてお話します。
    イマ旬キーワード: M2Mクラウド、クラウド、プライベートクラウド