選択キーワード

  • 標的型攻撃

イマ旬キーワード一覧

すべてを見る
  • 2015年になって国内のさまざまな組織で、サイバー攻撃の被害が急増しています。特に「標的型攻撃」と呼ばれるサイバー攻撃あるいは、それがさらに進化をした「APT」と呼ばれる高度で執拗なサイバー攻撃の被害が増加しています。今回のイマ旬では、これらのサイバー攻撃にどのように対処すればよいのか、対策の考え方をご紹介します。
    イマ旬キーワード: APT、サイバーセキュリティ、セキュリティ、マルウエア、標的型攻撃

  • 最近、ログの集約・蓄積・分析を行う「SIEM(Security Information and Event Management)」と呼ばれるセキュリティソリューションが登場してきています。今回のイマ旬ではSIEMについて説明します。
    イマ旬キーワード: SIEM(Security Information and Event Management)、Webページ改ざん、マルウエア、標的型攻撃

  • NTT DATA Technology Foresight 2014特集。第5回目は技術トレンド「多層サイバーディフェンス」です。
    イマ旬キーワード: BYOD、SIEM(Security Information and Event Management)、スマートフォンセキュリティ、セキュリティ、フォレンジック、ランサムウェア、予見力、標的型攻撃、認証連携

  • 情報セキュリティ対策は、やみくもではなくリスクの程度に見合った対策を施すことが大事だ。そのための第一歩として、リスクを「見える化」することが重要となる。
    イマ旬キーワード: 標的型攻撃

  • 標的型攻撃は金銭目的、機密情報の取得、重要システムの破壊など、攻撃者の目的は多岐に渡っていて、長期化・潜在化している印象です。
    イマ旬キーワード: 標的型攻撃