選択キーワード

  • 仮想化

イマ旬キーワード一覧

すべてを見る
  • IT基盤をシンプル化するハイパー・コンバージド・インフラストラクチャーが注目されています。物理基盤と仮想基盤の両面から、従来のアーキテクチャーよりも高い効率性や拡張性が期待できます。
    イマ旬キーワード: HCI(Hyper-Converged Infrastructure)、ITインフラ、仮想化

  • 各種リソースの仮想化が進む中で、ストレージ装置の仮想化はコスト観点で非常に効果的です。ここではストレージ装置の仮想化について簡単にご紹介します。
    イマ旬キーワード: SDD(Software Defined Datacenter)、SDI(Software Defined Infrastructure)、SDS(Software Defined Storage)、プライベートクラウド、仮想化

  • Infrastructure as CodeとはITインフラの構築や維持作業をプログラム化することです。昨今Infrastructure as Codeが注目され試行導入するプロジェクトが増えていますが、導入や運用にあたって解決すべき重要な課題が認識されつつあります。
    イマ旬キーワード: DevOps、クラウド、テスト自動化、デザインパターン、仮想化、次世代ITインフラ、開発自動化

  • ITインフラを仮想化しソフトウエアでサーバーを管理する構成は、既に一般的なものとなっています。今回はその先、ポリシーベースの仮想化環境マネジメントをご紹介します。
    イマ旬キーワード: SDI(Software Defined Infrastructure)、SDN、ポリシーベース、仮想化

  • 新しい仮想化ソフトであるDockerの登場は、Linuxコンテナの世界で大きな変換点になりました。仮想マシンの代替手段として使われるだけでなく、アプリケーションの可搬性を高め、開発・試験・配布のワークフローを革新するでしょう。
    イマ旬キーワード: コンテナ仮想化、仮想化

  • 汎用サーバー上でファイアウォールやロードバランサー等のネットワーク機能を仮想的に実現する「NFV(Network Functions Virtualisation)」が注目されています。
    イマ旬キーワード: NFV、SDN、仮想化

  • クラウドの普及により従来よりも容易にスケールアウト(サーバーの追加)・スケールイン(サーバーの削減)が行えるようになりました。このスケールアウト・スケールインによりシステムの処理能力を迅速に増減できるようになりました。しかしサーバーにかかる負荷が非均一である場合、利用効率が高いとは限りません。そのためシステム全体におけるリソースの利用効率を最適化するためCluster Managerに注目が集まっています。
    イマ旬キーワード: クラウド、プライベートクラウド、リソース最適化、仮想化

  • NTT DATA Technology Foresight 2014特集。第4回目では技術トレンド「次世代Webアーキテクチャー」「環境適応型ITシステム」の2種類をご紹介します。
    イマ旬キーワード: HTML5、SDN、エッジコンピューティング、クラウド、ビッグデータ、予見力、仮想化、次世代ITインフラ