2013年9月25日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、オープンイノベーション注1を旗印に組織の枠組みを越え、社内外から広く知識・技術・人脈の結集を図り、新規ビジネスの創出を目的としたフォーラム「豊洲の港から」を設立します。

当社を取り巻く事業環境が激しく変化する中、当社がお客さま企業およびそのエンドユーザーに対してさらなる付加価値を提供し続けていくためには、自社に閉じた研究開発・ビジネス検討だけではなく、世界中の先進技術・先進事例を柔軟に取り込み、ITサービスとして具現化することが強く求められています。

一方、先進技術を持つベンチャー企業は、事業拡大を実現するうえで、大手企業との連携が大きなカギを握るものの、現状においては両者を結びつける環境、土壌に乏しいという課題がありました。

そこで当社は、将来性の高い先進的な取組みを行っているベンチャー企業と、当社のお客さまである大手企業等の橋渡しを行い、ベンチャー企業、大手企業、当社の3者にとってメリットのある新規ビジネスの創出活動を促進する取り組みを開始します。

今月以降、1回/月のペースでフォーラムを開催し、各回の主要テーマに沿った社内外の有識者の交流を深め、新規ビジネスが育つ土壌づくりと、個別案件の立ち上げのスピードアップを目指します。

フォーラムの主要テーマ(予定)

  • 第1回:O2O(オンラインtoオフライン)の最新動向
  • 第2回:ビッグデータ、ソーシャルマーケティングの活用事例
  • 第3回:決済・金融サービスの新潮流
  • 第4回:デジタルアーカイブ、オープンデータの可能性
  • 第5回:食・農業の未来

なお、当フォーラムは一般社団法人オープンイノベーション協議会(代表理事:西澤 民夫)注2を母体とし、法人正会員登録した公認フォーラムの位置づけとなり、当面は招待制にて実施します。

また、「豊洲の港から」については、NTTデータユニバーシティと株式会社ネクスゲートの参加協力のもとで運営を行います。

用語説明

  • 注1オープン‐イノベーション(open innovation)

    カリフォルニア大学バークレー校のヘンリー・チェスブロウ博士によって提唱された、イノベーションを促進する新たな概念です。

    オープンイノベーションの定義は、企業による通常の製品開発プロセスを可視化し、社内外を問わず広く技術やアイデアを集め、今までには不可能だったイノベーションを実現していく、というものです。

  • 注2一般社団法人オープンイノベーション促進協議会

    イノベーションを引き起こす可能性のあるテーマ・企業を発掘し、チームで支援する持てる技量・ノウハウ・ネットワークを活用し、プロジェクトマネージすることで開花させ、新たな産業を生み出すことを主目的とする団体です。

    主な参加者として、ベンチャー企業をはじめとし、それを支える企業経営者・支援者、メンター、エンジェル、コンサルタント、ベンチャーキャピタリスト、M&A従事者、マルチカルチャー交流者等により構成され、約1,400名を数える規模となっています。

本件に関するお問い合わせ先

一般社団法人オープンイノベーション促進協議会
渡邊
E-mail:info@tojoin.org

株式会社NTTデータ
P&F事業推進部
営業推進部
ビジネス企画担当
残間、神山、森本、佐藤
TEL:050-5546-9609

株式会社NTTデータユニバーシティ
研修事業部
植木
TEL:03-5738-3804

株式会社ネクスゲート
野々瀬
TEL:03-5468-8711