日本企業から初のApache Hadoopのコミッタ(主要開発者)就任

~ビッグデータ処理基盤のオープンソースコミュニティに貢献~

2014年12月18日

日本電信電話株式会社
株式会社NTTデータ

日本電信電話株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦 博夫、以下:NTT)および株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)から、大規模データを対象とした並列分散処理を実現するオープンソースソフトウェアApache Hadoop(以下:Hadoop)およびその関連のプロジェクトのコミッタに、2014年12月18日、小沢 健史(NTTソフトウェアイノベーションセンタ)、鯵坂 明、岩崎 正剛(NTTデータ 基盤システム事業本部)の3名が就任することになりました。

コミッタとは、Hadoopの開発やメンテナンスにおいて、プログラムを書き換える権限(コミット権)を持つ主要開発者のことで、現在、Hadoopの開発に関与している全世界で約3,000名のうち、コミッタはごく一部[約100名(2014年12月)]に限られています。Hadoopにおいては、日本企業からの初のコミッタ就任となります。

今後、NTTおよびNTTデータは、コミッタとしてHadoopコミュニティを先導し、Hadoopの高度化および品質向上を進め、さらに安心して便利に使えるものとなるように貢献してまいります。

Hadoopについて

Hadoopは、Apacheソフトウエア財団が運営するオープンソースプロジェクトのひとつとして開発が進められている並列分散処理を実現するオープンソースソフトウェアです。特に大規模データを効率的に格納・処理できることから、ビッグデータ活用を支える基盤として普及が進んでいます。日本においても各種のサービスを支える基盤技術として活用が進んでおり、NTTデータでは、2010年より「Hadoop構築・運用ソリューション」としてHadoopを使ったシステムインテグレーションやサービスを提供してきました注1

コミッタ就任の意義

NTTおよびNTTデータは、各種のサービスで培った経験や知見をもとに、Hadoopの高度化および品質向上を目的に、Hadoop開発のコミュニティにて活動を続けてまいりました。

不具合の解決をはじめ、安定的に運用する上で必要となるマスタサーバーの高可用化、次世代のリソース管理機能の効率化などを、全世界からの開発者と協力しながら実現してまいりました。また、ドキュメントの整備にも多大な貢献をしており、2014年上半期には、Hadoop開発のコミュニティにおける貢献度で世界4位を達成しました注2。今回のコミッタ就任は、NTTおよびNTTデータのこれまでの貢献が認められた成果だと考えております。

今後の取り組み

今後は、コミッタとしてHadoopコミュニティを先導し、Hadoopがさらに安心して便利に使えるものとなるように貢献してまいります。

NTTデータでは、Hadoop関連ビジネス注1で培った知見をHadoopコミュニティにフィードバックするとともに、開発コミュニティと連携して問題解決や機能開発できる力を生かして、これまで以上に高度なシステムインテグレーションやサポートサービスを提供してまいります。また、NTTでは、機械学習技術などを活用したビッグデータ分析の高度化を目的として設立した「機械学習・データ科学センタ」(MLC:Machine Learning and Data Science Center, 代表:上田 修功)を通じて、Hadoopと機械学習を組み合わせた高度なビッグデータ分析技術の開発に取り組み、2020年のビッグイベントなどにおける高度なICTサービスの提供に貢献してまいります。

【写真】

今回、Apache Hadoopおよびその関連プロジェクトのコミッタに就任することになった(左から)鯵坂、小沢、岩崎の3名

注釈

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

日本電信電話株式会社
サービスイノベーション総合研究所
企画部広報担当
TEL:046-859-2032

株式会社NTTデータ
広報部
TEL:03-5546-8051

Hadoop関連のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
基盤システム事業本部
システム方式技術事業部
OSSプロフェッショナルサービス
濱野 賢一朗
TEL:050-5546-2496
E-mail:hadoop@kits.nttdata.co.jp