2015年9月4日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、ベンチャー企業、NTTデータのお客さま(大手企業)とNTTデータの3者がWin-Win-Winの関係となるオープンイノベーション注1ビジネスの提案を募集するコンテストを2015年8月27日に開催しました。

今回は海外から10件、国内から55件の計65件の応募提案が寄せられ、書類選考・面接を経て、10件の応募提案が本選に進出しました。

本選での審査の結果、最優秀賞はBANKGUARD PTE. LTDが受賞しました。さらに内部審査員からの事業連携希望を受けた9社のうち、5社が優秀賞を受賞し、応募案件のビジネス化に向けた検討を始めています。

NTTデータでは、今後も、世界中の先進技術やビジネスモデルを保有するベンチャー企業等との新規ビジネス創発を加速していくために、オープンイノベーションフォーラム「豊洲の港から®」、オープンイノベーションコンテスト"さあ、ともに世界を変えていこう"を、継続して実施していきます。

オープンイノベーション事業創発室の活動を通じて、2014年度は3件の新規ビジネス案件を事業化しました。また、2015年度は9月1日時点で8件のPOC注2案件の創発を実現しており、今後5年間で100億円以上のビジネス案件創発を目指します。

本選進出企業

項番 本選進出企業(出場順) 発表者
1 Dragonfly Fintech 武宮 誠氏
2 株式会社アダコテック 池田 満広氏
3 株式会社ADDIX 玉仙 拓也氏
4 BANKGUARD PTE. LTD 藤井 治彦氏
5 株式会社Sassor 石橋 秀一氏
6 CertiVox株式会社(英国 CertiVox Ltd) 尾崎 裕氏
7 株式会社AFG 田中 徹氏
8 ニューロネット株式会社 前川 博文氏
9 Capy Inc. 島津 敦好氏
10 Context360 Inc. Stephen Burke氏

本選結果

  • 最優秀賞

    BANKGUARD PTE. LTD

  • 優秀賞

    Capy Inc.、Context360 Inc.、株式会社Sassor、BANKGUARD PTE. LTD、ニューロネット株式会社(五十音順)

  • 事業連携希望有

    株式会社アダコテック、株式会社AFG、Capy Inc.、Context360 Inc.、株式会社Sassor、CertiVox株式会社(英国 CertiVox Ltd)、Dragonfly Fintech、ニューロネット株式会社、BANKGUARD PTE. LTD(五十音順)

最優秀賞の特典

最優秀賞受賞者には、副賞および特別賞を贈呈

副賞

  • 受賞案件に関するビジネスディスカッションの場の提供
  • 受賞案件のビジネス化サポートチームの提供
  • アドバイザーに適宜相談できる機会の提供
  • 月1回の交流会への招待

特別賞

  • EY特別賞(新日本有限責任監査法人提供)

    EY新日本クリエーション株式会社提供の「定額制eラーニングサービス」3カ月無料ライセンス

なお、選出されたビジネスアイデアについては、連携する事業部門とのディスカッションや、社内外の新規ビジネス立ち上げノウハウをもつメンターからのアドバイスを受けプロジェクト化を行い、ベンチャー企業、NTTデータのお客さま、NTTデータの該当事業部門の3者によるWin-Win-Winの事業化を目指します。

選考について

以下の外部審査員ならびに当社審査員によって審査を行い、最終的に1つのビジネスアイデアを最優秀賞として選出しました。

外部審査員(順不同)

  • 山本 修一郎氏(名古屋大学教授 博士(工学)、「豊洲の港から」フォーラムリーダー)
  • 本荘 修二氏(多摩大学大学院客員教授・本荘事務所代表(経営コンサルタント))
  • 大澤 弘治氏(Global Catalyst Partners マネージング・プリンシパル 兼 共同創設者)
  • 西澤 民夫氏(一般社団法人オープンイノベーション促進協議会 代表理事)
  • 三好 大介氏(NTTドコモベンチャーズ Managing Director)

内部審査員(順不同)

  • 古田 正雄(第一公共事業本部 e‐コミュニティ事業部 企画統括部)
  • 仁多見 慎(第二公共事業本部 第四公共事業部 第二統括部 OCRソリューション担当)
  • 内山 尚幸(ITサービス・ペイメント事業本部 カード&ペイメント事業部 戦略・企画統括部 ビジネス企画担当)
  • 宮本 拓也(第二金融事業本部 金融グローバルITサービス事業部 事業戦略企画担当)
  • 高橋 一裕(第二金融事業本部 e‐ビジネス事業部 個人e‐ビジネス統括部)
  • 村上 隆(第二金融事業本部 e‐ビジネス企画室)
  • 谷 哲男(第二金融事業本部 第二バンキング事業部 BeSTA企画担当)
  • 前田 史生(第一金融事業本部 金融ITマネジメント事業部 営業企画統括部 営業企画担当)
  • 窪田 靖巳(第三金融事業本部 戦略ビジネス本部)
  • 粟野 雄介(第三金融事業本部 しんきん事業部 対外接続統括部 信金営業企画担当)
  • 佐藤 勇一郎(ITサービス・ペイメント事業本部 ソーシャルビジネス推進室)
  • 牧本 しをり(テレコム・ユーティリティ事業本部 ユーティリティ事業部 第二統括部 第一開発担当 第一開発グループ)
  • 山田 達司(技術革新統括本部 基盤システム事業本部 セキュリティビジネス推進室 ソリューション担当)

外部審査員からの講評コメント(原文)

  • 出場者の皆さまから素晴らしいプレゼンをいただき、ありがとうございました。世の中でもオープンイノベーションと言われていますが、その流れがさらに強くなっていると確信した一日でした。惜しくも選外となった方も、これからも挑戦を続けていただきたいです。
  • "これからが楽しみだ"と思うソリューションのプレゼンテーションが多数あり、心強く思いました。本日のコンテストに参加されたことは、これから続く各社のストーリーの中で、ほんの一瞬のことかもしれませんが、これをきっかけに大きく羽ばたいてほしいです。
  • 本日をスタート地点として「豊洲の港から」で提供される事業化検討の場を積極的に生かしてほしいです。このコンテストは半年後、1年後に「共同でこういったビジネスになりました」という結果を目指していると思いますし、それは、今後参加される皆さまにとって大きなモチベーションになると思います。
  • 事業部の皆さんが審査員として参加され、また即断で共同でのビジネス化を検討していただけるよい場だったと思いました。ベンチャー・大企業共に、時間感覚のギャップを埋めながら、事業化にまい進していければ、と思います。
  • 7分間という制約の中で、プレゼンを洗練させお話いただいた皆さまのご努力に頭が下がる思いです。オープンイノベーションとは、社会全体に浸透する技術やビジネスを構築すること、そして、そういった技術やビジネスを社会の人々が容易に使うことができる、ということだと思います。今日参加された方はその意義を忘れずに、これからも技術を磨き、ビジネスを大きくしていってほしいと願っています。

今後について

本コンテストについては、第三回を開催します。2015年10月28日(水)に募集を開始し、本選を2016年2月12日(金)に開催する予定です。

また、直近ではオープンイノベーションフォーラム「豊洲の港から」を2015年9月28日(月)に開催します。

オープンイノベーション事業創発室では、2015年度は9月1日時点で8件の新規ビジネスPOC案件の創発を実現しており、今後5年間で100億円以上のビジネス案件創発を目指します。

参考:第二回 豊洲の港からpresentsオープンイノベーションコンテスト"さあ、ともに世界を変えていこう"実施概要

NTTデータが提供している各種サービス・ソリューションをテーマに、ベンチャー企業、NTTデータのお客さま(大手企業)とNTTデータの3者がWin-Win-Winの関係を作ることができるオープンイノベーションビジネスのアイデアをベンチャー企業から募集しました。

募集テーマ

  1. 1.新たなIoTクラウドを利用した、サービスの高度化に関する提案
  2. 2.文字認識ソフト「Prexifort-OCR®(プレキシフォートOCR)」、または公共機関や金融機関の窓口向けビジネスに関する協業提案
  3. 3.カード決済総合サービス「CAFIS®」を起点とした生活者を豊かにする未来形ソリューションの提案
  4. 4.多種多様なデータを活用するサービス実現のための基盤としてのMarkLogic® Server活用についての協業/提案
  5. 5.センシングデータを活用した保険会社向け新商品・サービスの提案
  6. 6.スマートフォン・新たなITテクノロジーを活用した銀行取引スタイル創出に関する協業
  7. 7.NTTデータの標準バンキング・アプリケーション「BeSTA®(ベスタ)」およびその周辺ビジネスに関する協業
  8. 8.CONTIMIXE®クラウド機能拡充(タブレットを用いた金融機関向け各種アプリケーションの提供)
  9. 9.Twitter全量・リアルタイムデータを活用したサービスに関する協業
  10. 10.電力×異業種の新サービス創出に関する協業
  11. 11.きらりと光るオープンイノベーションビジネスを募集

募集期間

2015年5月12日~6月30日

実施日・場所

2015年8月27日 豊洲センタービル36階コンファレンスルーム

式次第

  1. 1.開会式
  2. 2.出場者からのプレゼンテーション
  3. 3.特別講演(株式会社マネーフォワード 取締役 Fintech研究所長 瀧 俊雄氏)
  4. 4.審査結果発表+表彰
  5. 5.懇親会

参加人数

約200名(ベンチャー企業、ベンチャーキャピタル、アクセラレーター、NTTデータのお客さま(金融機関・政府機関・大企業等)、NTTデータ社員等)

コンテスト公式URL

注釈

  • 注1オープンイノベーションとは、カリフォルニア大学バークレー校のヘンリー・チェスブロウ博士によって提唱された、イノベーションを促進する新たな概念です。オープンイノベーションの定義は、企業による通常の製品開発プロセスを可視化し、社内外を問わず広く技術やアイデアを集め、今までには不可能だったイノベーションを実現していく、というものです。
  • 注2POCとは、Proof Of Conceptのことであり、新しい概念や理論、原理などが実現可能であることを示すための前向きな試行のことです。
  • 「豊洲の港から」、「Prexifort-OCR」、「CAFIS」、「BeSTA」、「CONTIMIXE」は、日本国内におけるNTTデータの登録商標です。
  • 「MarkLogic」は米国およびその他の国におけるMarkLogic Corporationの商標または登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

本事業に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
イノベーション推進部
オープンイノベーション事業創発室
佐藤、角谷、残間
TEL:050-5546-9609