「ECONO-CREA®」が第11回ASPIC IoT・クラウドアワード2017において、「総務大臣賞」、「ASP・SaaS部門 総合グランプリ賞」を受賞

2017年11月17日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)が提供する電力事業者向けクラウドサービス「ECONO-CREA®は2017年11月7日、特定非営利活動法人ASP・SaaS・IoTクラウドコンソーシアム(以下:ASPIC)が運営する第11回ASPIC IoTクラウドアワード2017において、「総務大臣賞」および「ASP・SaaS部門 総合グランプリ賞」を受賞しました。

「総務大臣賞」とは、各部門の総合グランプリを獲得したサービスの中で、最高位のサービスに授与されます。また、「ASP・SaaS部門 総合グランプリ賞」は、ASP・SaaS部門における全評価項目の最高得点のサービスに授与されるものです。

「ECONO-CREA」は、電力ビジネスに必要な顧客管理、需給管理、ポータル、ビジネス・インテリジェンス/データウェアハウス機能をワンストップで提供、また、将来的にアグリゲーターとして多様な業界をつなぎ、サービス創発に寄与するサービスプラットフォームである点が評価され、今回の受賞に至りました。

ASPIC IoTクラウドアワード2017の概要

「ASPIC IoTクラウドアワード」は、クラウドサービスが社会の情報基盤として発展・確立することを目的として、日本国内で優秀かつ社会に有益なIoT・クラウドサービスを表彰し、IoT・クラウド事業者およびユーザーの事業拡大を支援するものです。

詳細は、ASPIC IoT・クラウドアワード2017公式サイトをご覧ください。

ASPIC IoTクラウドアワード2017 URL:

【ロゴ】

「ECONO-CREA」について

NTTデータでは、2016年4月の電力小売全面自由化にあわせて電力事業者向けクラウドサービス「ECONO-CREA」の提供を開始しました。「電力事業者を支えるエコシステム」というコンセプトのもと、業界の垣根を越えた異業種連携のプラットフォームとして、電力事業者および異業種企業の将来的な事業展開も視野に入れ、電力を軸としたさまざまなサービスを展開し、現在20社を超える小売電気事業者に利用されています。

2016年4月に電力事業者の業務運営に必要な機能として「ECONO-CREA CISサービス」および「ECONO-CREA 需給管理サービス」を提供開始し、2017年5月には電力事業者の需要家向けの付加価値向上支援機能として「ECONO-CREA マーケティングサービス」を追加しています。

NTTデータは今後も、電力事業者のバリューチェーンやニーズにあわせ、順次サービスメニューを拡大し、さらなる新サービス創出などのチャレンジに努め、業界ならびにお客さまの事業を支援していきます。

今後について

「ECONO-CREA」では今後も、より利便性の高い機能を拡充することで、小売電気事業者のビジネスを支援します。NTTデータは、電力小売自由化向けサービス全体で2017年より5年間で累計100億円の売り上げを目指します。

参考

「ECONO-CREA」Webページ

注釈

  • 「ECONO-CREA」:電力事業者向けの基幹業務システム。NTTデータ、富士電機、協和エクシオの三社協業にてクラウド型で提供しています。
  • 「ECONO-CREA」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
テレコム・ユーティリティ事業本部
ユーティリティ事業部
菅原、田中
TEL:050-5546-8150
E-mail:ec-sales@kits.nttdata.co.jp

  • ホーム
  • ニュース
  • お知らせ
  • 2017年
  • 「ECONO-CREA®」が第11回ASPIC IoT・クラウドアワード2017において、「総務大臣賞」、「ASP・SaaS部門 総合グランプリ賞」を受賞