2018年4月4日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、新たに発行された「IDC MarketScape」のペイメントサービスとビジネストランスフォーメーションにフォーカスした2つのレポートの中で「リーダー」評価を獲得しました。

「IDC MarketScape: Worldwide Payment System Implementation Services 2018 Vendor Assessment」は、全世界でペイメントシステム実装サービスを展開するITサービスプロバイダーの総合的な評価を提供するものです。「IDC MarketScape: Worldwide Banking Transformation Systems Integration Services 2018 Vendor Assessment」は、世界の金融分野向けのトランスフォーメーションのインテグレーションサービスを提供するベンダーの評価を提供するものです。

今回、NTTデータがリーダー評価を獲得したことについて、IDCフィナンシャル・インサイトのバンキング業務担当リサーチマネージャー、カレン・マッセイ(Karen Massey)氏は下記のように述べています。

「顧客体験の改善や業務効率の向上に向けてデジタルトランスフォーメーション(DX)技術を最大限活用するため、金融機関のシステム実装プロバイダーへの依存度は次第に高まっています。NTTデータはこの分野でのIDC MarketScapeの厳格な評価において、リーダーに選出されました」

「NTTデータは営業力や顧客フィードバックの取り入れに対して特徴あるアプローチを持っています。さらに、それらは同社の顧客維持戦略、システム実装能力の向上および金融ITサービス提供の継続的成長につながっています」

また、NTTデータ代表取締役副社長執行役員 西畑一宏は今回の選出について下記のように述べています。

「ペイメントシステムやコアとなるバンキングシステムの向上は、お客さまがデジタル技術や大量の業務データ、増大する顧客の期待に適応していくために欠かせないことです。当社は、お客さまが新たな姿に生まれ変わり、顧客の期待を上回ることができるようサポートするためにサービスを展開しています」

「私たちは、今回の2つのレポートにおいてリーダーに選出されたことをとても誇りに思っています。そして、お客さまのビジネスニーズをサポートするためのグローバルソリューションと専門知識をこれからも強化していきたいと考えています」

IDCレポートへのリンク:

参考

IDC ITMarketScapeについて

IDC ITMarketScapeは、特定市場におけるICTサプライヤーの競争力の適応度を把握できるベンダー分析モデルです。

調査方法には、定量/定性的な基準に基づいた厳密な採点手法を用いています。調査結果は当該市場における各ベンダーの位置付けを示す、1つのグラフによって表されます。IDC ITMarketScapeは、ICTベンダーの製品とサービス、実力と戦略、現在および将来の市場における成功要因を深く掘り下げて比較できる、明確なフレームワークを提供します。このフレームワークを利用しITユーザーはITベンダーの強みと弱みを包括的に把握することができます。

NTTデータについて

NTTデータは、東京に本社を置き、50以上の国々で事業を展開するITサービスプロバイダーおよびグローバルイノベーションパートナーのリーダー企業です。コンサルティングからシステム開発、アウトソーシングまで、幅広い最高レベルのプロフェッショナルサービスを提供するため、世界的展開と地域密着を両立させ、長期的コミットメントを大切にしています。詳細については、www.nttdata.comをご確認ください。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
グローバルマーケティング本部
ビジネス開発部
Tel: 050-5545-6695