2018年9月14日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、このたび、世界で代表的なESG投資指標である「FTSE4Good Index Series」の構成銘柄に15年連続選定されるとともに、「FTSE Blossom Japan Index」は2年連続選定されました。

NTTデータでは、「情報技術で、新しい『しくみ』や『価値』を創造し、より豊かで調和のとれた社会の実現に貢献する。」という企業理念のもと、ITサービス事業を通じた企業価値の向上を図るとともに、グローバル規模で持続可能な社会づくりに貢献していきます。

FTSE4Good Index Series/ FTSE Blossom Japan Indexついて

これらのインデックスはグローバル インデックスプロバイダーであるFTSE Russellが作成し、FTSE4Good Index Seriesは環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行っている企業のパフォーマンスを測定するために設計されたものです。FTSE4Good Index Seriesはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

FTSE Blossom Japan Indexは、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、業種ニュートラルとなるよう設計されています。

FTSE Russellの評価はコーポレートガバナンス、健康と安全性、腐敗防止、気候変動といった分野について行われており、FTSE4Good Index Series並びにFTSE Blossom Japan Indexの構成銘柄である企業は、環境、社会、ガバナンスに関する様々な基準を満たしています。

選定指標

このたびNTTデータは、事業を通じた社会への貢献および情報開示、特に「気候変動」「人権とコミュニティ」「労働慣行」「腐敗防止」に関する基準が高く評価されたことにより、「FTSE4Good Index Series」には15年連続で、「FTSE Blossom Japan Index」には2年連続で、選定されました。

【ロゴ】

図1:FTSE4Goodロゴ

【ロゴ】

図2:FTSE Blossom Japanロゴ

NTTデータグループのサステナビリティにおける取り組みと今後について

これまでNTTデータグループでは、「Our Way注1」に基づく「CSR重点テーマ注2」に沿った活動を進め、社会の期待に応えるCSR経営の基盤構築に関する取り組みを推進してきました。

今後も、ESG観点におけるグローバルな事業活動を推進するとともに、ステークホルダーの期待に応えるべく、ESG情報の発信強化や社会課題の解決に取り組んでいきます。

注釈

参考

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
総務部
岡野、宮野
TEL:050-5546-8135