2010年9月29日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2010年4月より株式会社仙台銀行(以下:仙台銀行)と、NTTデータ基幹系共同センター「STELLA CUBE®」の利用に関する検討を行ってきましたが、この度、仙台銀行との間で「STELLA CUBE」の利用に関する基本契約を締結しました。

経緯

NTTデータは、2000年5月より、共同利用型アウトソーシングセンター「STAR-21®」を仙台銀行に提供しています。この「STAR-21」が稼動後10年を迎えることから、2010年3月、NTTデータが構築中の地方銀行・第二地方銀行向け基幹系共同センター「STELLA CUBE」の利用検討に関する基本合意を締結し、検討を重ねてきました。注1

その結果、仙台銀行の「STELLA CUBE」利用開始時期や、「STAR-21」からの移行作業概要などが固まり、今般、仙台銀行との間で基本契約の締結に至りました。

仙台銀行の参加により、「STELLA CUBE」の利用予定行は7行へ拡大します。また、「STELLA CUBE」で採用しているNTTデータの先進バンキングアプリケーション「BeSTA®」の使用を決定している地方銀行・第二地方銀行は、25銀行となります。

「STELLA CUBE」は、既に稼動している「NTTデータ地銀共同センター」他にて高い評価をいただいている「BeSTA」をベースに、NTTデータが現在提供している共同センター「STAR-ACE®」および「STAR-21」のSTARシリーズにおいて、ご利用いただいている銀行とともに培ってきたバンキングシステムの共同化ノウハウなどを継承し、より一層充実したサービスの提供を目指します。

スケジュール

2010年11月より仙台銀行の移行準備に入り、詳細検討・製造・試験工程を経て、2013年5月より仙台銀行向けサービス開始を計画しています。

「STELLA CUBE」利用予定行について

現時点の利用予定行は次の通りです。(50音順、2010年9月29日現在)注2

  • 神奈川銀行
  • 仙台銀行
  • 但馬銀行
  • 東京都民銀行
  • 東北銀行
  • 富山銀行
  • 長野銀行

「BeSTA」利用金融機関について

2010年9月29日現在、採用数では国内最大規模のバンキングアプリケーションです(利用予定金融機関含む)

  • NTTデータ「STELLA CUBE」:7銀行
  • NTTデータ「地銀共同センター」:15銀行
  • 3行共同利用システム:3銀行
  • 労働金庫:13金庫

注釈

  • 「STELLA CUBE」「STAR-21」「BeSTA」「STAR-ACE」は株式会社NTTデータの日本国内における登録商標です。
  • BeSTA(Banking application engine for STandard Architecture)は、ベンダーを特定しないNTTデータの標準バンキングアプリケーションです。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
杉山
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二金融事業本部
第一リージョナルバンキング事業部
第一バンキング統括部
STELLA CUBE企画担当 松原
TEL:050-5546-9446

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。