2015年6月1日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、多様な決済機能を提供するクラウド型総合決済プラットフォーム「CAFIS Arch®(アーチ)」を2015年9月より提供開始します。

「CAFIS Arch」は加盟店の決済端末、タブレットPOS等に対して、クレジット、デビット、電子マネー等の多様な決済機能を提供するクラウドサービスです。本サービスは決済手段の追加や機能拡張が容易なため、利用する加盟店は、多様化する顧客ニーズにスピーディーに対応できるようになります。

NTTデータでは、2020年に向けて、免税書類発行、多通貨決済等の訪日外国人向けのサービスの拡充をしていきます。また、「CAFIS Arch」の提供により、日本国内のキャッシュレス決済の促進に寄与していきます。

背景

2014年6月24日に閣議決定した「日本再興戦略改訂2014」を受け、関係省庁は、2014年12月26日に「キャッシュレス化に向けた方策」を発表しました。

本方策は、日本経済全体の成長に向けて、日本国内の官民が一体となってクレジットカードや電子マネーなどの現金を介さないキャッシュレス決済を促進していく方針となっています。それと同時に、2020年に向け、訪日外国人が容易に利用できる決済インフラを整える必要があります。

一方で、加盟店がキャッシュレス決済に対応するためには、既存システムの改修や新システムの構築が不可欠であり、新しい決済手段を導入する際の障壁となっていました。

そこで、NTTデータは、日本国内のキュッシュレス決済の普及に向けた取り組みとして、クレジット、デビット、電子マネー等のさまざまな決済機能やCLO(Card Linked Offer)、電子サイン等の決済付帯機能を有し、容易に新しい決済手段を導入可能なクラウド型総合決済プラットフォーム「CAFIS Arch」を提供することとしました。

概要(特長)

1.端末一台で多様な決済手段へ容易に対応

「CAFIS Arch」はクレジット決済、デビット決済、電子サインをはじめとした多様な決済手段に対応していきます。従来サービスでは、多様な決済手段に対応するため複数の端末導入を必要としていましたが、本サービスでは一台の端末であらゆる決済手段が利用可能です。

また、従来サービスにおいて決済手段の追加には決済端末の置き換えが必要なため、切り替えに期間を要し、代替機の準備も必要でした。一方、本サービスは決済機能をサーバー側で保持して処理を行うため、決済端末を置き換えることなく決済手段の追加が可能となります。これにより「CAFIS Arch」を利用する加盟店は、多様化する顧客ニーズへスピーディーに対応できるようになります。

2.インバウンド対応の推進(訪日外国人観光客の囲い込み)による売り上げ拡大

免税書類発行、多通貨決済、海外カード決済(中国銀聯、シンハンカード)等のインバウンド(訪日外国人)向けのサービスの提供を予定しております。

2020年に向け、訪日外国人観光客は増加すると予測されていますが、NTTデータが提供するインバウンド向けサービスを利用することで、加盟店は訪日外国人への販売機会を逃すことなく、売り上げ拡大が見込めます。

3.加盟店業務の効率化によるコスト削減

「CAFIS Arch」は決済機能の他にも電子サイン、ポイント管理等の決済付帯機能へも対応していきます。さらに店舗売上管理機能等の加盟店が独自に必要とする業務についても利用可能です。一台の端末で決済から加盟店の独自業務まで完結するため、業務効率化はもちろんのこと、これまで加盟店が構築していた機能をクラウド化できるため運用、保守費用の削減効果も期待できます。

4.安心・安全な決済環境の実現

決済サービスにおいて一般的なデータ暗号化等のセキュリティー対策はもちろんのこと、「CAFIS Arch」はクラウド型のサービスのため、決済端末にカード情報を含む取引情報を残しません。よって、決済端末の紛失、盗難による個人情報流出等のセキュリティーリスクを大幅に低減することが可能です。

加盟店向け提供機能

NTTデータは加盟店に対し、以下のサービスを提供します。なお、CAFIS Archに接続する端末は、JCCA(日本クレジットカード協会)の定めるクレジット・デビット・ICなどの各種カード決済データ送受信や与信照会などの機能を担う共同利用端末「INFOX®(インフォックス)端末」としても利用可能です。

2015年9月より提供開始

クレジット決済機能(シンハンカード決済を含む)、免税書類発行

順次提供予定

  • 決済機能

    デビット、中国銀聯、各種電子マネー、PayPass・Visa payWave、プリペイドカード等

  • 決済付帯機能

    口座振替、領収証発行、電子サイン、ポイント管理等

  • インバウンド

    中国銀聯、多通貨決済(DCC)、CLO等

今後について

対応する決済手段・決済付加機能を拡充していくことで、さらなるキャッシュレス決済の促進に寄与していきます。

また、海外へ進出する日本企業が増加傾向にあることから、決済端末の海外展開についても検討を推進していきます。

注釈

  • 「CAFIS Arch」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • 「INFOX」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

別紙

本件に関するお問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第一金融事業本部
カード&ペイメント事業部
ビジネス企画担当
伊藤、篠崎、薄井
TEL:050-5546-9468

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。