2017年3月14日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、日本システムウエア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長:多田 尚二、以下:NSW)と医療関連分野におけるIoTビジネスにおいて協業することで、2017年3月14日に合意しました。

背景

昨今、医療関連分野では厚生労働省から医療機器へのネットワーク接続、電子機器接続時に関するガイドラインの遵守注1や医療機器におけるサイバーセキュリティの確保についての注意喚起注2が通知されています。

これまで、NTTデータでは、レセプトオンライン請求や地域医療連携ネットワーク、医療関係のクラウドサービスに加え、昨今の社会的要求を背景に、医療現場に求められるセキュリティに配慮した業務改善や医療機器等の故障検知、予防保全、および検査情報等を活用した診断支援など、IoTによる新たなビジネス領域の検討を実施してきました。

一方、NSWでは、2013年よりIoTサービスを開発・構築するための専用クラウドプラットフォーム「Toami(トアミ)」を展開してきました。「Toami」は、デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミング開発基盤により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を実現し、収集したデータの見える化や機器制御、データ分析などが可能なサービスで、これまで、さまざまな業種・業態のお客さまへ提供してきました。

このたび、両社はこれまで培った強みやノウハウを生かし、医療分野におけるIoTビジネスで協業することで合意しました。

概要

本協業では、NTTデータが医療関連分野で長年培ってきた業務ノウハウや営業力と、NSWが提供するIoTクラウドプラットフォーム「Toami」を融合することにより、両社の強みを生かしながら、医療関連企業のIoTビジネス推進を積極的にサポートすることを目的としています。

本協業により、NTTデータとNSWは、厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等に準拠した安心・安全なネットワークサービスをもとに、医療関連企業に向けて業務効率化・経営改善等のコンサルティングを行い、お客さまのニーズに合致したワンストップのトータルIoTサービスの提供を行います。

具体的には、医療機器等の遠隔監視により故障検知・故障予測・ダウンタイムの最小化などを行う予防保全サービスの提供や、医療機器等から取得したビッグデータを活用して医療現場の業務改善に資する分析サービス等のIoTサービスを提供します。

【図】

図1:医療分野におけるIoTビジネス提供に向けた協業体制

【図】

図2:IoTサービスイメージ

今後

NTTデータは、NSWと協力して、検査情報を活用した診断支援サービス等、IoTによる新たなサービスの創出を図り、医療関連企業や医療機関に提供していくことで、医療サービスの充実化と医療の質の向上に貢献していきます。

注釈

  • 本文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

参考

「Toami」について

NSWが提供するIoTサービスを開発・構築するための専用クラウドプラットフォームです。デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミング開発基盤により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を実現し、収集したデータの見える化や機器制御、データ分析などが可能なサービスとして、医療関連分野をはじめ、さまざまな業種・業態のお客さまへ提供しています。

NSW(日本システムウエア株式会社)について

1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。また、オートモーティブや通信分野などの組み込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かし、IoTクラウドプラットフォーム「Toami」を中心とした、IoT/M2M分野の各ソリューションやサービス提供に注力し、IoTインテグレータNo.1を目指します。

本件に関するお問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二公共事業本部
ヘルスケア事業部
第一統括部
医療情報ネットワーク担当
田中、高塀、青木
TEL:050-5546-9371

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。