2017年6月9日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、NTTグループのAI技術「corevo®(コレボ)」を活用した金融機関向け共同利用型チャットボット注1の試行提供を6月12日より開始します。

本サービスは、利用者からの問い合わせに対し、対話形式で自動応答するサービスです。AI技術を活用し、利用者の問い合わせの意図を理解した最適な回答を行います。金融機関は全銀システムの稼動時間拡大に向け、喫緊の課題である夜間・休日の顧客サポートに、チャットボットで対応できるようになります。また、本サービスを利用する金融機関全体で学習データ等を共有することができ、大量の学習データを準備する負担を軽減することが可能です。

このたび、NTTデータは、株式会社西日本シティ銀行、株式会社京都銀行、株式会社群馬銀行など10金融機関、100名超を対象に試行を開始します。また、2017年度下期より本格的にサービス提供を開始する予定です。

背景

いまやインターネットを介したチャットは地域・年齢を問わないコミュニケーションの一つであることに加え、自然な会話のやり取りを行うロボットやAI技術の進歩により、チャットボットを活用したサービスは業界を問わず広がりを見せています。

金融機関においても、顧客接点の拡大・拡充および全銀システムの稼動時間拡大に向け、夜間・休日の顧客サポートの重要性が増し、チャットボット活用のニーズが高まっています。しかし、チャットボットを活用するには大量の学習データの準備や追加学習などの課題も残されています。

そこでNTTデータでは、金融機関向けに学習データ等を共同利用できるチャットボットの開発・試行提供を開始します。

サービス概要

本サービスは、利用者がチャットから入力した問い合わせに対し、対話形式で自動応答するサービスです。NTTグループのAI技術「corevo」の高精度な日本語解析技術を活用しており、利用者が話し言葉やさまざまな表現を使って問い合わせた場合でも、その問い合わせの意図を理解し最適な回答を行います。

また、NTTデータが提供してきた共同利用型のインターネットバンキングサービス注2およびヘルプデスクサービス注3の実績から培ったノウハウ・知見を生かし、本サービスを利用する金融機関全体で、問い合わせへの応答内容や学習データを共有できる共同利用型チャットボットの提供を目指します。

これにより金融機関は、2018年度の全銀24時間365日(決済高度化)に向け、喫緊の課題である夜間・休日の顧客サポートにチャットボットで対応できるとともに、チャットボット導入の課題であった大量の学習データの準備や追加学習といった負担を軽減させることが可能です。

【図】

図:サービスイメージ

試行内容

  • 参加金融機関
    • 西日本シティ銀行、京都銀行、群馬銀行など 合計10金融機関
    • 各金融機関の社員および限定利用者 合計100名超
  • 対象コンテンツ
    • 個人インターネットバンキングの操作方法に関するQ&A
  • 評価内容
    • 顧客サポートチャネルとしての適切なUI/UX、応答精度等を評価し、本格サービス開始および今後のサービス拡充に向けてブラッシュアップを行います。

今後について

NTTデータは、試行提供の結果をもとに、2017年度下期より本格サービスの提供を開始する予定です。

また、問い合わせ業務のみならず、インターネットバンキングシステムとの連携による申込受付業務や照会・決済業務への機能拡大や、外部チャットアプリやボイスチャットへの対応による連携も視野に入れています。

さらに、対話ログ等の利用者から得られるさまざまな非構造情報や重要情報を取り扱うことを踏まえ、当社のビジネスパートナーであるMarkLogic Corporationのエンタープライズ向けNoSQL DB「MarkLogic」注4の活用や、新たなサービスを共創するSoE注5基盤「OpenCanvas注6への搭載を検討しています。

注釈

  • 注1チャットボット(chatbot)とは、「チャット」と「ロボット」を組み合わせた言葉で、会話を自動的に行うプログラムのことです。
  • 注2NTTデータの共同利用型インターネットバンキングサービスとは、法人向けインターネットバンキング「AnserBizSOL®」、個人向けインターネットバンキングサービス「AnserParaSOL®」のことを指します。
  • 注3ヘルプデスクサービスとは、金融機関のお客さまからのAnserBizSOLおよびAnserParaSOLの操作方法など各種問い合わせについて、電話またはE-mailにて回答するサービスです。
  • 注42017年6月1日ニュースリリース「NTTデータと米・MarkLogic社との資本業務提携について」
    http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2017/060100.html
  • 注5SoE(System of Engagement)とは、人やモノとつながり、"絆"を通じて新たなイノベーションを創出するシステムのことです。
  • 注62017年5月12日ニュースリリース「金融機関向けクラウドサービス「OpenCanvas」の提供について」
    http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2017/051201.html
  • 「corevo」は日本電信電話株式会社の登録商標です。
  • 「AnserParaSOL」、「AnserBizSOL」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • 「MarkLogic」は米国およびその他の国におけるMarkLogic Corporationの商標または登録商標です。
  • 「OpenCanvas」は株式会社NTTデータの商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第四金融事業本部
企画部
ビジネス企画担当
煙草、古沢
TEL:050-5546-8230

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。