2017年10月25日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、ネオファースト生命保険株式会社(代表取締役社長:徳岡 裕士、以下:ネオファースト生命)が2017年10月23日より新たに提供を開始した健康増進アプリ「健康第一forネオファースト生命」のクラウド基盤ならびに顧客管理システム構築を担当しました。

「健康第一forネオファースト生命」は、第一生命保険株式会社(代表取締役社長:稲垣 精二、以下:第一生命)が2017年3月から広く一般向けに公開している「健康第一」のネオファースト生命版のアプリで、利用者の健康増進に対する意識向上や、正しい生活習慣をサポートすることを目的としています。

NTTデータは「健康第一」でパブリッククラウドMicrosoft Azure上に構築した拡張性の高いクラウド基盤ならびに顧客管理システムを最大限活用することで、効率的かつ短期間でのサービス提供開始を実現しました。

NTTデータは引き続き「健康第一forネオファースト生命」および「健康第一」のサービス向上を支援し、国民のQOL(Quality of Life)の向上や健康寿命の延伸につながるネオファースト生命および第一生命の取り組みをサポートしていきます。

概要

現在の日本は、平均寿命の伸びに伴って単なる長寿ではなく、より長く、健康で自立した生活を送ることができる「健康寿命」を伸ばす活動が求められています。こうした社会的要請から、第一生命が「国民のQOL(Quality of Life)の向上や健康寿命の延伸につながる新サービス」として2017年3月から広く一般向けに提供中の健康増進アプリが「健康第一」です。NTTデータは、「健康第一」を支える、クラウド基盤ならびに顧客管理システム(以下:IT基盤)の構築を担当しました。

今回、第一生命のグループ会社であるネオファースト生命は、「健康第一」と同様のサービスとなる「健康第一forネオファースト生命」を提供開始することとなり、NTTデータは「健康第一」に引き続きIT基盤の構築を担当しました。

NTTデータが「健康第一」でパブリッククラウドMicrosoft Azure上に構築したIT基盤は、他社へのサービス提供を考慮した拡張性の高い設計となっています。今回その拡張性の高いIT基盤を最大限活用することで、大きなカスタマイズを必要とせず、短期間でのサービス提供開始を実現しました。

「健康第一forネオファースト生命」のサービス内容について

「健康第一forネオファースト生命」は、毎日の健康づくりのサポート機能に加え、健康状態の改善状況をチェックするコンテンツを有しています。

「健康第一forネオファースト生命」の主なサービス内容

対象者 サービス
スタンダードメニュー すべてのユーザーが利用可能
  • FaceAI機能(飲酒、白髪)
  • 健康年齢チェック機能 等
プレミアムメニュー ネオファースト生命保険契約者ならびにその家族のみ利用可能
  • 健診結果登録、健康アドバイス
  • 食事のカロリーチェック
  • 健康状態に応じた健康コラム配信 等

今後に向けて

NTTデータは引き続き「健康第一forネオファースト生命」および「健康第一」のサービス向上を支援し、国民のQOLの向上や健康寿命の延伸につながるネオファースト生命および第一生命の取り組みをサポートしていきます。

参考

2017年10月5日ニュースリリース:
第一生命の健康増進アプリ「健康第一」に保険契約者情報連携機能を開発

注釈

  • 本文内に記載の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第一金融事業本部
保険ITサービス事業部
大塚、河田、松田
TEL:050-5546-8448

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。