2017年10月27日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、イマツイ最新の記事で、間もなく見ごろを迎える今年の紅葉スポットを分析するため、昨年の紅葉に関するツイートをTwitter全量データから分析し、マッピングした「紅葉ツイートMap」および「紅葉ツイート前線」、多くの人が感動ツイートをしたスポットをランキング化した「感動スポットランキング」を公開します。

「紅葉ツイートMap」では、紅葉ツイートが連続して繋がっている2つのライン"紅葉ゴールデンルート"を発見。東京の奥多摩を起点として、埼玉県の秩父を通り、群馬県の富岡や長野県の軽井沢-上田を経由する"観光ルート"と、埼玉県の熊谷から群馬県の前橋-吾妻、長野県の長野市を通る"温泉ルート"の2つのラインです。

また、「感動スポットランキング」では、京都の「清水寺」と並んで、SNS映えする夜のライトアップが見事な愛知県の「香嵐渓」がトップにランクイン。近年は、紅葉を楽しむだけではなく、周辺地域の観光や温泉を満喫し、その様子をSNSで共有する方が多い傾向が見えてきました。

分析主要トピックス

紅葉ツイートMap

2016年の紅葉に関するツイートから「感動」や「ドライブ」に関するツイートに着目。それらがツイートされた地点をGoogle Map上にマッピングしました。紅葉ツイートMapは、地図を拡大表示し、地図上に配置されたもみじのマークをクリックすることでツイート地点の詳細を確認することが可能です。また、紅葉ツイートが多い「注目エリア」を深掘りしていくと、東京の奥多摩と長野の白馬を結ぶ2つのルートが浮かび上がってきました。

紅葉ツイートに出現するスポットランキング

「感動」や「ドライブ」に関するツイートから見えてきた『感動スポット』『ドライブスポット』のランキングトップ10を発表。感動スポットNo1に輝いたのは、京都の「清水寺」と愛知県の「香嵐渓」。特に「香嵐渓」はSNS映えする夜のライトアップが見事で、多くのユーザーがSNSに写真を投稿する様子が見えてきました。

【図】

図1:紅葉ツイート内 出現スポットランキング

紅葉ツイート前線

ツイートの投稿地点から紅葉の移り変わりを時系列で追った「紅葉ツイート前線」を動画でまとめました。2016年は、9月から10月中旬にかけて、北海道~東北地方および中部地方の山間部付近でツイートされ始め、10月下旬から11月にかけて、東日本の平野部や西日本に広がり、日本全体でのツイートのピークは11月中旬頃ということが分かりました。

【図】

図2:紅葉ツイート前線(サマリ)

紅葉ツイートの盛り上がりの様子は、以下からご覧ください。

分析概要

本分析は、以下の条件にて実施しました。

抽出対象

  • 「紅葉 AND 感動・感激・感慨深・最高」が含まれるGPSデータ付き日本語ツイート
  • 「紅葉 AND ドライブ」が含まれるGPSデータ付き日本語ツイート

ツイートの抽出対象期間

2016年9月1日~2016年11月30日

イマツイについて

イマツイは、Twitterを主とするソーシャルメディアに上がる生活者の声をリアルタイムに解析し、そこから世の中の変化のシグナルをいち早くみつけ、蓄積した大量のデータを元にこれまでにない深いインサイトを、ビッグデータ特有のノイズや複雑さを排して、分かりやすくおもしろくお届けする、ビッグデータ時代の新しい形のニュースサイトです。

注釈

  • 文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
TEL:03-5546-8051

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。