2018年5月14日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2018年9月に個人向けインターネットバンキング機能の提供サービス「AnserParaSOL®(読み:アンサーパラソル)」において、生体認証機能を追加します。

「AnserParaSOL」のスマートフォン画面におけるログインを生体認証に対応することで、利用者ID・パスワード・OTP(ワンタイムパスワード)の入力が不要となります。生体認証ログインは、OTPアプリと「AnserParaSOL」を認証連携することで実現しており、OTP認証の堅牢性を確保しつつも利便性を向上しています。また、アプリ上に利用者ID等を記憶させる必要がなく、より高いセキュリティが確保可能です。

NTTデータは今後2年間で約900金融機関の導入を目指しており、すでに群馬銀行、足利銀行、富山銀行、福井銀行、静岡銀行、鳥取銀行、西日本シティ銀行、島根銀行など10行以上の金融機関で採用が検討されています。

背景

近年、スマートフォンを中心としたモバイル端末の普及率向上に伴い、スマートフォンを活用したインターネットバンキングサービスの利用が増加しています。

一方で、インターネットバンキングを利用するための利用者IDとパスワードなどの認証情報をフィッシング等の手口により不正に取得し、正当な利用者になりすまして預金を引き出す事件も発生しています。そのため、利用者はパスワードの漏洩による不正利用に対する不安と、複雑化するパスワード管理への負担を感じています。また、利用者IDやパスワードをあらかじめアプリ上に登録することで都度入力不要としているアプリもありますが、セキュリティへの不安から敬遠されることもありました。

金融機関は複雑化するセキュリティ対策の中で、利用者の利便性を損なわず、いかにして安心なサービスを提供できるかが課題となっています。また、金融機関ではパスワード忘れや誤りによる利用者からの問い合わせ増加も事務負担となっています。

そこでNTTデータは「AnserParaSOL」において、セキュリティを担保しつつも利便性を大幅に向上できる生体認証機能を導入することにしました。

概要(特長)

「AnserParaSOL」ではスマートフォン画面のログインにおいて、利用者ID・パスワードによる認証に加え、セキュリティ強化のため、1度限りで無効になる使い捨てパスワードで認証を行うOTP認証を採用しています。このため、利用者がログインするためには利用者ID・パスワード・OTPを入力する必要があり、煩雑さを招いていました。

今回、OTPアプリに生体認証機能を導入し、「AnserParaSOL」と認証連携することで、ログイン時に利用者ID・パスワード・OTPの入力が不要になりました。OTPアプリと「AnserParaSOL」間は従来通りOTP認証を実施しており、OTPの堅牢性を確保しつつも利便性の向上を実現しています。また、OTPアプリに利用者ID等を記憶させずに認証可能とする仕組みを採用することで、より高いセキュリティを確保しています。加えて、共同利用型サービスのため、金融機関が独自で開発する場合に比べ、安価に提供が可能です。

【図】

図1:生体認証の利用イメージ

メリット

主なメリットは下記の通りです。

  • 利用者側のメリット

    利用者は利用者ID・パスワードを毎回入力することなくインターネットバンキングにログインできるようになります。このため、利用者ID・パスワードを忘れてインターネットバンキングにログインできないという事象がなくなります。また、外出先で利用する際にも利用者ID・パスワードをメモして持ち運ぶ必要がなくなり、利用者ID・パスワード漏洩のリスク低減につながります。

  • 金融機関側のメリット

    利用者がより簡単にインターネットバンキングにログインできるため、インターネットバンキングの利用率向上につながります。また、利用者ID・パスワード忘れや入力誤りによるロック等が減少することで、利用者からの問い合わせ対応等の事務負荷軽減も期待できます。

今後について

今後2年間で約900金融機関の導入を目指しており、すでに群馬銀行、足利銀行、富山銀行、福井銀行、静岡銀行、鳥取銀行、西日本シティ銀行、島根銀行など10行以上の金融機関で採用が検討されています。

NTTデータは、今後もバンキングアプリやFinTech連携を始めとしたスマートフォン向けのサービスについて、積極的に生体認証の導入を進めていきます。

注釈

  • 「AnserParaSOL」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第四金融事業本部
e-ビジネス事業部
e-ビジネス営業統括部
e-ビジネス商品企画営業担当
土屋、山本
TEL:03-5484-4321

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。