2018年5月31日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、金融向けクラウドサービス「OpenCanvas®注1に、金融サービスのセキュリティーおよび利便性向上を目的とした本人認証サービスを追加し、2018年度末に提供開始予定です。

本サービスは、振り込みなどを行えるスマートフォン(以下:スマホ)アプリなどの利用開始時に、金融機関が保有する本人確認情報(氏名、生年月日、住所、届出電話番号、キャッシュカード番号等)と口座保有者自身が持つ本人認証(運転免許証やマイナンバーカードといった所持認証、生体認証等)(以下:追加認証)を組み合わせて本人確認を行うことでなりすましを防止し、口座保有者自身の操作のみですぐにアプリを利用開始することを可能とします。これにより、金融機関との郵送等による書類のやりとりを行うことなく、高いセキュリティーレベルでの本人認証が可能となります。

本サービスの第一弾は、大日本印刷株式会社の本人認証・本人確認アプリと連携し、実証実験を行ったうえで、本取り組みに当初から参画していた横浜銀行がファーストユーザーとして導入予定です。今後、2019年度中に20金融機関への導入を目指します。

背景

Fintechが推進される中、スマホを活用して銀行口座を使った各種サービスを提供するためには、各サービスのリスクに応じた適切なセキュリティーレベルの確保が求められます。現在、残高照会などの口座情報を確認する「参照系」アプリはすぐに利用できるものの、第三者への振り込みなど口座情報を変化させる「更新系」アプリは利用時に金融機関との郵送等による書類のやりとりが必要となるため、すぐに利用開始することができませんでした。

そこで、口座保有者が実際にスマホを操作していることが分かる高いセキュリティーレベルの本人認証を行うことで、口座保有者自身の操作のみですぐに利用開始することを可能とする本人認証サービスを、2018年度末に「OpenCanvas」に追加することとしました。

特長

「OpenCanvas」にて提供する本人認証サービスの特長は、以下のとおりです。

(1)口座保有者自身の操作ですぐにスマホアプリの利用が可能

金融機関が保有する本人確認情報(氏名、生年月日、住所、届出電話番号、キャッシュカード番号等)と口座保有者自身が持つ本人認証(追加認証)を組み合わせて本人確認を行うことでなりすましを防止し、口座保有者自身の操作のみですぐにアプリを利用開始することを可能とします。

(2)複数の認証手段から口座保有者にとって最適な認証手段の選択可能

スマホアプリの利用開始時の初回認証と、各サービスの取り引き時の認証(取り引き時認証)のそれぞれの認証サービスを提供します。認証方法の手段として、初回認証は運転免許証やマイナンバーカードといった所持認証とし、取り引き時認証では所持認証に加え、生体認証、電話番号認証、ワンタイムパスワード認証等、複数の認証手段を提供していく予定です。金融機関は口座保有者に対して最適な認証手段を選択して提供することを可能とします。

(3)認証から取り引き制御までの一連の機能を提供

「OpenCanvas」で提供する本人認証サービスでは、単に認証の仕組みだけでなく、外部サービスと金融機関システムを接続して、各種取り引きを実施するために必要となるAPI注2管理基盤やアダプタ機能についても併せてサービス提供します。

【図】

図:OpenCanvas 本人認証サービスイメージ

今後について

口座保有者向け本人認証サービスとして、追加認証手段を拡充していくとともに、2019年度中に20金融機関への導入を目指します。

また、本人認証サービスの連携対象を、金融機関自身のサービス(銀行アプリや店頭業務)だけでなく、外部事業者のサービス(Fintech、SNS、ECサイト等)まで拡大し、安心・安全かつ簡単・便利なサービスを提供し、より豊かな社会の実現に向けて取り組んでいきます。

注釈

  • 注1OpenCanvasとは、NTTデータが提供する金融分野を中心としたデジタルトランスフォーメーション(DX)推進基盤
  • 注2API(Application Programming Interface)とは、あるシステムで管理するデータや機能などを、外部のシステムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約のこと。
  • 「OpenCanvas」は株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の製品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

OpenCanvasに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第四金融事業本部
e-ビジネス事業部
e-ビジネス商品企画営業担当
岡村、高橋、今
TEL:03-5484-4321

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。