ビッグデータ・BI

詳細な分析で意思決定を迅速化、お客様のビジネスに変革をもたらす

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    デジタル化によるデータの加速度的増加と、コンピューティングリソースの劇的な進化により、これまで不可能と思われたことが可能となってきた。データを中心にビジネス変革の方向性を考え、データを適切に統合管理し、分析・活用することが、企業競争力の源泉になる。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    メガバンクがCDO(Chief Data Officer)を設置するなどデータガバナンスに対する金融機関の注目は高まっているが、金融規制対応の要素も非常強い。本来のデータガバナンスはデータの利活用を促進するために行うものであり、データ分析での文脈で金融機関のおけるデータガバナンスのポイントについて説明する。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    深刻な人手不足や、ECの利用拡大に伴った多品種・多頻度な小口配送の急増により、物流業は厳しい経営環境に置かれており、対応のため業務をデジタルシフトする企業が徐々に増えています。物流業はデジタル化でどのように変化しているのでしょうか。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    企業・組織の多種・大量なデータを蓄積する基盤として、データレイクという概念が近年注目を集めています。柔軟で機動的なデータ活用を実現するために有効なアプローチですが、その弱点も理解し、正しくデータ活用のアーキテクチャに組み込むことが必要です。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    大量のデータが集まる時代といわれていますが、データ数の不足が問題となる局面は今でも少なくありません。少しのデータからでも知りたいコトを知るために、最近注目を集めている情報抽出技術、スパースモデリングが効果を発揮します。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    2010年代のはじめに、ビッグデータというキーワードが急速に注目を集めた。NTTデータは当初から、CRMのコンサルノウハウや、大量データの高速処理技術といった実戦で培ってきた要素技術を応用し、さまざまな情報をお客様のビジネスに役立てる「データ活用」を実践してきた。お客様と二人三脚で進めた「データ活用」の事例を紹介する。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    製薬開発や映像制作など大容量かつ高速なデータという新たなニーズに応えるためストレージ技術が進展しています。身近になったフラッシュストレージの特徴と技術および留意点をご紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    情報活用は仮説検証、発見、業務変革などの段階を経てプロアクティブな活用がなされるステージへと到達しつつあります。その中でも最近では、高度な分析手法を活用した情報活用を意味する「アナリティクス」とその進化に注目が集まっています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    2012年頃からブームに火がつき、今や主流とも言えるセルフサービスBIですが、先んじて導入した企業にとってはその課題・限界も浮き彫りになっています。そんな事態を打開するための手法として、「Guided Analysis」へ静かに注目が集まっています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    口々に語られるビッグデータ活用という言葉、そして次から次へと現れる実現方法。この荒波の中、皆さんは航海のための羅針盤を持っていますか?

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    複数の配送先へ荷物を運搬する際の最適な配送経路を求める配送計画問題についてご紹介します。物流分野では配送計画が不可欠となっていますが、理論的にも実務的にも非常に難しい問題として知られています。本稿では代表的な探索法と配送計画問題に対する当社の取り組みの一端をお届けします。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    情報活用を業務に組み込むためには、まずPoC(Proof of Concept:コンセプト検証)と呼ばれるようなトライアル分析を行うことが一般的です。ビッグデータ時代の到来に伴い、PoCにおける注意点も変化してきています。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    顧客をより深く・より的確に知るためにビッグデータを活用することは、企業に大きな利益をもたらすといわれている。ただ、現実にはそうした企業はまだまだ少ない。よりユーザーの期待に応えるサービスを生みだすポイントとは何だろうか。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    オムニチャネル、IoT、データドリブンなど、ビジネスとITが密接不可分に結びつく中で、データマネジメントへの注目が一層高まっています。その注目の理由を、先日開催されたカンファレンスの内容を交えてお伝えします。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    昨今のO2Oやオムニチャネルにおけるデータ分析を含め、ビッグデータ活用が叫ばれて久しいが、新たな価値を創出するのはそう容易ではない。地道な仮説検証の繰り返しと現場活用、ニーズ起点の発想がキーとなる。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    データ活用の重要性が叫ばれている今、脚光を浴びているのが「Data Visualization(以下、Visualization)」です。その名前から華美なコンピューターグラフィックをイメージされるかもしれませんが、その歴史、活用法について紹介することで、そのイメージが少し変わるかもしれません。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    NTT DATA Technology Foresight 2015特集。NTTデータが導出した2015年の情報社会や技術のトレンドを5回にわたりご紹介します。第2回目は技術トレンド「生命や感情の科学」「人工頭脳への挑戦」の2種類です。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ビジネス(経営)にデジタルを織り込んでいくことが差別化の源泉になる時代に突入しています。今回はデジタルテクノロジーの発展によって生まれるデジタルアセットの例と、そのビジネス適用の潮流をご紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    「大量のデータがすでにデータウエアハウスに蓄積されているが、データ分析に時間がかかり過ぎる」という、ビッグデータ時代におけるデータ分析の悩みとその解決方法とは?

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ソフトウエア開発の現場には大量の開発資産が蓄積されつつあります。こうした開発現場のビッグデータを生産技術として役立てる技術が「ソフトウエアリポジトリマイニング」です。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ビッグデータの分析活用においては、システム基盤が進化し業務の分析が進んだ後、今度は分析結果を着実に活かすために、「組織」面の進化が求められるようになりました。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    「フラッシュ」「SSD」「インメモリー」という言葉は数年前からよく聞かれるようになってきました。今回は、最近のビジネススピードの加速に伴いさらに身近になったこれらの技術について、取り上げてみたいと思います。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    アルゴリズム・トレードの技術は、近年のコンピューターの高性能化・低価格化に伴って、急速に普及し、発展しています。今回はアルゴリズム・トレードシステム構築における共通的な基礎技術について解説します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ビッグデータ時代を迎えた現在、マルチコア・プロセッサは当然のこととなり、さらにメニーコア・プロセッサへと移行は進んでおり、1プロセッサあたり10コア以上のプロセッサが多くリリースされてきています。このメニーコアを活かしたHPCの今後について考察します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    企業・団体において情報活用を推進する立場にあるデータサイエンティストは、ビッグデータの概念をデータタイプの観点で理解しておく必要があります。これにより「ビジネス部門からの要求をアナリティクスの観点で紐解き、IT部門に対して適切な情報提供指示を出すこと」ができるようになります。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    ビッグデータによってビジネスも市場も社会も、そのあり方が一変すると言われている。そのような変革の中、企業にとっては新しい価値を創出するためのデータ分析力こそが競争優位の源泉となってくる。本稿ではビッグデータ分析の意義と、分析力を実現するためのシステム基盤について解説する。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    当社は2012年9月に米Twitter社と日本で唯一「データ再販に関するFirehose契約」を締結し、代表的な“ビッグデータ”の一つであるTwitterデータの企業活動における分析活用の普及を推進している。その取り組みを紹介したい。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ビッグデータの効率的な活用には、「ビッグデータ処理技術」が不可欠です。この技術の特性を理解し、ビジネスで活用していくことが重要になります。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    ITの進歩と社会の発展が緊密に連携している現在、その進歩を予見することは、企業の競争力を高め、社会やビジネスを変革する大きな力となります。NTTデータが提示する先進テクノロジーの羅針盤「NTT DATA Technology Foresight」について、技術開発本部 木谷 強が解説します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    「見える化」に続く情報活用の次の一手を見出す技術として、「ビジネスアナリティクス(BA)」の重要性が増しています。それに伴い、情報活用に求められる人材像も変わってきました。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    NTTデータの役割は、IT要素技術をプロアクティブに活用可能なソリューションに仕立てることだと認識しています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    実用レベルに達しつつある要素技術を統合化し、プロアクティブなサービスの実現を支援する「ビッグデータ活用ソリューション」の整備を進めています。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    NTTデータではグローバルBIと次世代BI/BAを両輪に、グローバルビジネスを展開しています。前回の「グローバルBI」に続き、後編となる今回は、ビッグデータの活用にも威力を発揮する「次世代BI/BA」について、NTTデータの中川 慶一郎が解説します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    BABOKの価値はまさにビジネスアナリシスの実践に関するグローバルな共通言語を定義したことです。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    早い段階でビッグデータ活用に取り組んだ企業は、的確な状況把握と迅速な意思決定が可能となり、経営メリットや競争優位性を顕在化させています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    M2M自体は古くて新しいキーワードです。では、何故今、このキーワードが取り上げられるようになっているのでしょうか。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    データの品質管理に不可欠な「データマネジメント」を、成功させるための秘訣や具体的な取り組みについて、株式会社リアライズの大西浩史が解説します。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    システム移行などに際して、データの信頼性・整合性を確保する「データマネジメント」の重要性について、株式会社リアライズの大西浩史が解説します。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    業務システムなどに蓄積される膨大な情報を分析・加工して、企業の経営意思決定に活用するビジネスインテリジェンス (BI) は、いまや単なる「見える化」やパフォーマンス管理だけでなく、企業変革への起爆剤へと活躍の領域を広げています。BIの現状と今後の展望について、NTTデータの中川 慶一郎が紹介します。