防災・危機管理

災害からお客様の企業活動を守る、防災・危機管理ソリューションのご提供

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    ITの世界では、近年、「IoT」、「オープンデータ」、「ビッグデータ」が時代のトレンドになっている。気象情報はこの3つの分野のフロントランナーとも言える情報(データ)であり、その活用とそれによる新たな価値創出は、今後のこの3分野でのビジネスを考えていく上において、大きなヒントを与えるものになる。本稿ではハレックス社の取り組みについて紹介する。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    衛星画像を活用して全世界の陸域をカバーする世界最高5m解像度のデジタル3D地図を提供している。サービス開始から1年経過して、国内外のさまざまな分野に利用が広がっている。サービス内容、利用動向、今後の展望を紹介する。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    大規模な自然災害が発生すると、社会に対し多大なる経済的損失を与え、時には多くの人的被害をもたらす。産業界で広く利用されているCAE(Computer Aided Engineering)技術を都市災害のシミュレーションに適用する事により、より安全な社会環境の構築に役立てる。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    V-Lowマルチメディア放送は、2014年夏から始まる新しい放送サービスです。「地域限定」と「IPデータキャスト」で新たな放送サービスが始まります。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    行政機関のオープンデータ化、即ち、保有している情報の公開と二次利用を促進する取り組みが2012年7月発表の「電子行政オープンデータ戦略」(IT総合戦略本部)以来、活発化している。このトレンドに沿って作成された防災分野の公開・二次利用のガイドについて紹介する。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    放送波を使ったデータ伝送技術を活用することで、多種多様なファイルを端末に届けることができ新しい放送サービスが可能となります。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)を実現させるための手段のひとつとして、東日本大震災以降、データセンター活用の需要が急速に高まっています。