防災・危機管理

災害からお客様の企業活動を守る、防災・危機管理ソリューションのご提供

  • intra-mart上に構築したシステムを24時間365日止めずにバックアップを取得

    システム共通基盤「intra-mart」上で構築されたシステムにおいて、24時間365日システムを止めずにバックアップを取得します。障害などで、システム復旧が必要となった場合、取得したバックアップデータを使い、intra-martとして必要な整合性を含め、システム復旧が可能となります。(本ソリューションはintra-mart認定のパートナーソリューションとなっています。)

  • 世界で初めて世界中の陸地の起伏を5m解像度で表現したデジタル3D地図

    衛星画像を活用し、圧倒的な提供スピードとコストの効率化を実現した0.5~5m解像度の高精細地形データです。現場のニーズに合わせた豊富なラインナップで、実用性に優れたデータを提供します。世界70ヶ国以上の幅広い分野のソリューションへ活用されています。

  • 橋に設置したセンサで、異常発生もリアルタイム検知

    橋梁に設置した各種センサを用いて、リアルタイムかつ継続的に橋の状態を監視する橋梁モニタリングシステムです。災害時のリアルタイム異常検知や、平常時の早期異常把握、また車両通行状況の解析による点検・補修の優先度検討などを支援します。共同利用型、パッケージ等、様々な形態でサービスを提供しています。

  • 事業継続を強力サポートする先進のデータセンター環境

    長年にわたり、中央省庁や地方公共団体、金融機関の基幹システムをはじめ、様々な重要システムをお預かりしてきた実績とノウハウをもとに、信頼性の高い設備とセキュリティ環境を提供いたします。

  • 健康保険組合の多様な業務を効率化するトータルシステム

    適用・徴収・給付・レセプト・経理・健康管理といった、健康保険組合のさまざまな業務をワンパッケージで提供する総合システムです。データの一元管理による業務間のデータ連動が、作業精度の向上と業務の効率化を実現します。システム導入形態は、健保事務所内への設置型とデータセンタ預託型の選択が可能です。

  • 携帯通信網を活用した、新たな防災情報伝達システム

    地方自治体から住民に向け防災情報等を伝達するための告知放送システムです。庁舎内の送信システム(操作卓)から、地域内に配備した屋外スピーカ装置やタブレット端末・携帯電話などへ携帯通信網を通じて防災情報等を配信します。双方向通信により確実な情報伝達が可能であり、住民の安心・安全に寄与します。

  • Googleマップに文字や画像を貼り付けて手軽に情報共有

    文字や画像などの情報を地図に関連付けて管理できるGISアプリケーションです。背景地図として市販地図や手持ちの図面に加えて、GoogleマップをWeb経由で参照可能。住所や目標物の検索ジャンプ機能やストリートビュー表示なども利用でき、すぐれた閲覧性・操作性により情報の蓄積・共有が飛躍的に向上します。

  • あらゆるニーズに応えるネットワーク型GISプラットフォーム

    スタンドアロンからイントラネット/Web環境まで幅広い構成をサポートする高機能GISプラットフォームです。豊富な機能と、拡張性に優れたインタフェース(API)を備えており、利便性の高い地図情報システムを導入できます。また、様々な電子地図およびGoogleMapsとの連携が可能です。

  • 通信設備・電源工事なしに設置できる自立型カメラ監視システム

    モバイル回線と太陽光パネルを装備し、通信設備工事や電源工事なしに設置できる自立型カメラ監視システムです。カメラは防塵防水で、河川増水、水門の監視制御、土砂災害の監視や工事現場の監視などさまざまなシーンで利用できます。災害発生時の早期状況監視、現場監視に伴う人的リスク軽減、業務効率化が期待できます。

  • 日本全国をカバーする精密な画像地図データ

    日本全国を対象に、国産衛星ALOS(だいち)から送られる衛星画像をもとに、GIS(地理情報システム)と連動した精密な画像地図データを提供します。画質に応じて複数のメニューを用意、衛星画像の定期的な更新により、特定エリアの最新状況を克明に把握することが可能となります。

  • 各種検査はタブレットで撮るだけ、書くだけでスグ報告

    建物や設備等の点検・検査・調査・修繕などの際、モバイル端末を用いて点検項目の確認・結果入力を行い、報告書の自動作成・保存を行うソリューションです。従来のように多くの紙資料を持ち運んだり、点検箇所を撮影した写真を報告書にまとめ直したりする必要がないため、資料の軽量化と業務の効率化が可能となります。

  • 最短5回で、BCPの策定からDR対策の提案まで支援

    当社の独自フレームワークを活用し、経済産業省または総務省のガイドラインにのっとったBCP(事業継続計画)の策定を支援するコンサルティングサービスです。システム基盤領域を中心に、中核事業の影響度分析も重視。最短5回の打ち合わせという短期間で、実効的なBCPや適切なDR(ディザスタリカバリ)対策を提案します。

  • 限られた経営資源の中での事業継続を強力にサポート

    お客様の事業を支えるためのITシステムの復旧・継続性を支援するサービスです。豊富な実績とノウハウに基づく実効的な対策を短期間でご提案。併せて、システムの高速復旧を可能にする低コストのデータ保護・DRソリューションをご提供します。

  • 映像解析により、道路で発生する異常事象を管理者・利用者に通知

    道路監視カメラの映像を解析し、異常事象(落下物・渋滞・停止・逆走・人や動物の侵入等)を道路管理者や利用者に通知するシステムです。従来の目視による監視に加え、システムでも自動監視することで、監視負荷軽減を実現する他、初動対応の迅速化により利用者のヒヤリハット、二次被害を防ぎ、安全対策向上に貢献します。