間近に迫る社会保障・税番号制度については、制度導入当初より法人番号の利用が容認される。従前のストックベース評価に加え、企業活動をフローで捉えるような枠組みでの新たな融資スキームも期待される。