内部統制、情報セキュリティ、個人情報保護、知的財産確保など企業活動のさまざまな場面で、業務処理の証拠・証跡としての「記録」およびその管理方法の重要性が見直されつつあります。