オープンソースソフトウェア

オープンソースソフトウェアのさらなる可能性に挑むとともに、活用ノウハウを活かしたシステムの導入をご支援

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    Apache HadoopやApache Sparkなどのオープンソースの並列分散処理基盤の登場により、コモディティなIAサーバーを活用したリーズナブルな並列分散処理が可能になりました。いずれも世界で商用活用事例が発表されています。本記事ではHadoopとSparkについて簡単に紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    普段は競合関係にある企業がOSSを軸にタッグを組み共創関係を構築しています。なぜOSSはそのような力を持ち得るのか?またOSSの力の源泉を自社ビジネスに取り込むにはどうすれば良いのか紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    稼働中のシステムに脆弱性対策パッチを適用する際、OSの再起動が必要になるため、迅速な対応が難しい場合がありました。しかし近年、再起動せずにパッチが適用できる技術が登場し、注目を集めています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    今回のイマ旬!では、脆弱性問題で話題になっている「Apache Struts(アパッチ・ストラッツ)」を取り上げます。Strutsとはどういうものなのか、そして過去の経緯を中心にお話します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    商用データベース(DB)からオープンソースソフトウェア(OSS)のDBに移行する(乗り換える)システムが、現在増えています。今回は、そのようなDBの移行がなぜ盛り上がってきているのかご紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ビッグデータの効率的な活用には、「ビッグデータ処理技術」が不可欠です。この技術の特性を理解し、ビジネスで活用していくことが重要になります。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    クラウドを利用する前には、「サーバ統合型」「セルフサービス型」のどちらのクラウドを利用したいのかをはっきりさせておく必要があります。この点について改めて解説します。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    IT基盤の重要性が高まる中、多様化・複雑化するニーズを見える化してシステム構築に確実に反映しつつ、工期の短縮やコスト削減にも貢献する「パターンベースの開発手法」について、NTTデータの齊藤直哉が解説します。