セキュリティ・認証

技術力と豊富な実績が可能にする先進のセキュリティソリューションをご提供

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    「標的型攻撃」「ランサムウェア」といった単語がメディアを賑わすほど、ウイルス感染は日常に潜む身近な危険となっている。巧妙化するウイルスを完全に防ぐことが難しい今、感染後の被害確認/軽減策の実施も重要である。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    NTT DATA Technology Foresight 2016特集。NTTデータが導出した2016年の情報社会や技術のトレンドを6回にわたりご紹介します。第5回目は技術トレンド「オートノマスモビリティ」「サイバーフィジカルセキュリティ」の2種類です。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    私たちは長くパスワードによる認証を使い続けてきました。しかし、パスワードの問題が制御しきれないほど大きくなるとともに、パスワード以外の認証を使うための準備が整ってきました。いよいよ長く親しんだパスワードにお別れを告げるときかもしれません。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    2015年になって国内のさまざまな組織で、サイバー攻撃の被害が急増しています。特に「標的型攻撃」と呼ばれるサイバー攻撃あるいは、それがさらに進化をした「APT」と呼ばれる高度で執拗なサイバー攻撃の被害が増加しています。今回のイマ旬では、これらのサイバー攻撃にどのように対処すればよいのか、対策の考え方をご紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    スマートフォンでは指紋認証や虹彩認証などの新しい認証方式を利用する動きが広がっており、セキュリティ向上だけでなく、ユーザーの利便性向上にもメリットがあります。このような「パスワードレス認証」の標準化技術である「FIDO」(ファイド)について解説します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ビッグデータの活用やIoT(Internet of Things)など、ITを活用した新しいサービスへの期待が高まる一方で、それらを提供する基盤となる情報システムの安全性や信頼性に対する不安がささやかれるようになってきました。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    グローバルビジネスの拡大を図るNTTデータにとって、海外グループ会社のIT基盤をどのように最適化するかは重要なテーマになっている。グローバルでのコミュニケーション活性化や情報共有等、実際のプロジェクトを通じて得た経験を交え、社内システムのグローバル展開のポイントを報告する。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    今年度に入り、OpenSSL、Apache Struts、Internet Explorerなどに深刻な脆弱性が発見されたことが大きな話題となっており、個人、家庭レベルから企業、国家レベルまで各々の立場に応じたIT製品・サービスの脆弱性への対応が求められています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    今回のイマ旬!では、脆弱性問題で話題になっている「Apache Struts(アパッチ・ストラッツ)」を取り上げます。Strutsとはどういうものなのか、そして過去の経緯を中心にお話します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    SAML, OpenID等の技術により、ID管理・認証とサービス提供の分離が可能になってきています。この流れをさらに促進するために信頼フレームワーク(Trust Framework)の普及が図られています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    内部統制、情報セキュリティ、個人情報保護、知的財産確保など企業活動のさまざまな場面で、業務処理の証拠・証跡としての「記録」およびその管理方法の重要性が見直されつつあります。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    情報セキュリティ対策は、やみくもではなくリスクの程度に見合った対策を施すことが大事だ。そのための第一歩として、リスクを「見える化」することが重要となる。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    新たなモバイルセキュリティ技術を考慮し、次世代モバイルセキュリティ技術および安全なアプリケーション構築手法の開発を進めています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    標的型攻撃は金銭目的、機密情報の取得、重要システムの破壊など、攻撃者の目的は多岐に渡っていて、長期化・潜在化している印象です。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    クラウド技術を用いたこれからの社会基盤、「社会情報プラットフォーム」がもたらすものとは何か。NTTデータのイノベーションナビゲーター、吉田 尚之が紹介いたします。