NTTデータの技術力

NTT DATA's Technology

人によるガバナンスを徹底する
モデル品質維持プロセスの可視化を実現

AIを活用する上で課題となるのは、「モデル品質維持プロセスの可視化」です。データ収集から蓄積、分析、実行まですべてのプロセスを包括し、一気通貫のビジネスモデルを築いたとしても、センサーデータや「個客」の購買行動パターンなどのデータは日々変化していくため、モデルの品質・精度を継続的にモニタリングし、適切なタイミングで更新センサを図る必要があります。

こうしたモデル品質維持プロセスがブラックボックスであったのでは、実際の業務に適用することが難しくなります。生産活動やマーケティングの自動化・自律化を目指すにしても、その先には必ず「人」がいるからです。経営者はAIが導き出す答えをやみくもに受け入れて意思決定を行うことはできませんし、現場の担当者を動かすこともできません。

実際、製造プロセスが規定されているために、安易に変更できないケース、事前に取引先の了承を得なければならないケースなど、人による厳格なガバナンスが求められる局面はいくらでもあります。コンプライアンスや契約内容などのルールに違反しないことを確認したうえで、自動化・自律化およびその後のモデル更新の効果について「なるほど」と腑に落ちさせる説明が不可欠であり、それを実現するのがモデル品質維持プロセスの可視化なのです。

NTTデータは、システムインテグレータの立場から、AI技術を業務に組み込むための仕組み作りを進めています。具体的には、生成したモデルが業務上求められる精度・品質を満たしているかの評価、モデルの品質劣化モニタリングと自動更新、AIによる予測結果を保存する仕組みなど、AIによる予測・判断を業務に組み込む際に必要となる仕組みです。これらの機能を、基盤システムとして整備し、各種機械学習フレームワークを組み合せて利用できるようにすることで、AI技術を活用したお客様の課題解決・業務変革に貢献します。

NTTグループのAIブランド「corevo」によるコラボレーションの加速

NTTグループは、社会的課題の克服や産業競争力の強化を実現するためにAIブランド「corevo」を展開しています。NTTデータは自らが開発した技術に加え、NTT持株研究所が開発したcorevo技術も活用できます。

corevoが提供する技術には、国際技術評価で世界1位の精度を達成した音声認識技術、40年以上の研究蓄積を背景とした自然言語処理や知識処理技術、触覚などの感覚をシステムに導入する技術などがあります。

NTTデータが推進するcorevo技術には、知識が浅い社員を支援する顧客応対技術、審査などに必要な情報を自動収集する技術(エンリッチ技術)、ヴイストン社と連携して開発を進めているコミュニケーションロボットSota、のべ100万台の自動車データを分析して渋滞を緩和する技術などがあります。

図1

NTTデータが提供するAI Platformの仕組み

NTTデータの取り組み

NTTデータの事例

↑UP