Global IT Innovator

システム運用をアウトソーシング - NTTデータのAMOサービス

AMO(Application Management Outsourcing)によるローコストハイクオリティのシステム運用をご提供します。

複雑化した自社システムの運用保守、非効率になっていませんか?

IT技術の多様化・高度化と長年積み上げてきた自社システムの複雑化により、運用保守には多大なコストが必要となります。一方、企業の競争力を高めていくためには、既存システムへのIT投資を抑制し、限られた経営資源をIT戦略などコア業務に集中させる必要があります。

しかしながら、多くの企業では既存システムの運用保守に課題を抱えており、コスト抑制が進んでいないのが実情です。

自社システムの運用保守について、このような課題はありませんか?

  • ビジネスニーズ対応スピードの限界
  • 運用コストの高止まり
  • 自社要員のリソース不足
  • ITのブラックボックス化
  • ノウハウの属人化
  • 運用品質が不安定

これらの解決のために今、システム運用保守を外部の専門家に任せるアウトソーシングサービスである、AMO(Application Management Outsourcing)が注目されています。

【図】

運用コスト2~3割ダウンを実現するNTTデータのAMOサービス「TISAFYS®

NTTデータでは、これまでのシステム運用保守経験を活かし、先進の方法論・ツールを駆使したカスタムアプリケーション向け運用保守AMOサービス「TISAFYS」を開発しました。

TISAFYSは、お客様のIT課題を解決し、コスト低減をはかるとともに運用品質のさらなる向上を実現します。実際に、運用コスト20~30%ダウン、障害件数50%削減といった高い効果を上げています。

さらに、TISAFYSの活用により、お客様の情報システム部門の要員をIT戦略など上流の企画業務への転換を可能とし、業務改革や新規サービスを実現する組織に変革していきます。

【図】