Twitter Facebook Google+ はてなブックマーク LinkedIn

関連リンク
Related Information

関連書籍情報

『ブロックチェーン 仕組みと理論』

『ブロックチェーン 仕組みと理論』サンプルで学ぶFinTechのコア技術
『ブロックチェーン 仕組みと理論』
サンプルで学ぶFinTechのコア技術

「インターネットの登場以来」と形容されるほど、ブロックチェーンは広汎な創造的破壊をもたらすと目され、誤解・曲解や過剰な期待も生じています。本書はそうした誤解を解消し、ビジネススキームの創出に役立つ総合ガイドに仕上がっています。さらにITエンジニアの方は、代表的ブロックチェーン基盤の操作や簡単なアプリ開発も体験できます。

内容詳細

本書は主にITエンジニアを対象とし、3部構成になっています。

基礎編(1~5章)では「ブロックチェーン=金融」というイメージを払拭します。まずはビットコインとの混同を解き、技術の概要と意義、登場の背景をざっくり説明します。また、金融機関をはじめ各国政府機関や企業間の実証実験、応用事例等を通じて、各業界の動向を紹介します。

理論編(6~10章)では、ブロックチェーンの構成要素であるP2Pネットワーク、コンセンサスアルゴリズム、電子署名およびハッシュ暗号を解説します。これら既存技術によって解決されたことと、まだ解決されていない問題を明らかにし、ブロックチェーン技術を利用する上での課題を考察します。

実践編(11~14章)では、代表的な3つのブロックチェーン基盤であるBitcoin Core、Ethereum、Hyperledger Fabricを動かしてみます。実行環境を構築して、暗号通貨による送金やマイニングを実行するほか、簡単なサンプルアプリケーションを作成します。これらの作業を通じ、スマートコントラクトの開発方法、各ブロックチェーン基盤の特徴や違いについて理解を深めます。

赤羽喜治・愛敬真生 編著
B5変型判 232ページ
定価
3,000円+税
ISBN
978-4-86594-040-4
発売時期
2016年10月18日刊行