商業登記電子証明書取得ソフトウェア > よくあるお問い合わせ

よくあるお問い合わせ

過去に本商品に寄せられたお問い合わせ、および対処方法を記載しています。

なお、証明書取得時のエラーが最終的に解決しない場合は、本商品をアンインストールし、法務省「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、改めて鍵ペア、SHINSEIファイルを作成し、再度、管轄登記所に申請してください。

また、登記所で既に電子証明書発行確認票(シリアル番号)受領後の場合、登記所への申請料が再度発生します。ご了承ください。

ご使用前
Q1. このソフトウェアはWindows 7/Windows 8に対応していますか?
Q2. このソフトウェアでは、鍵ペア(公開鍵、秘密鍵)、SHINSEIファイルをCD-Rに保存する機能がありますか?
鍵ペア生成~管轄登記所への申請手続き
Q3. 操作中に画面がフリーズします。
Q4. FDに「鍵ペア」、もしくは「SHINSEIファイル」が保存できません。
Q5. 管轄登記所へ提出したFDが登記所で開けず、あるいは文字化けが理由で登記所から電子証明書発行確認票をもらえません。
電子証明書発行確認票(シリアル番号)の受領~電子証明書取得
Q6. 電子証明書取得時に「日本語表記」のエラーメッセージが表示されます。
Q7. 電子証明書取得時に「英語表記」のエラーメッセージが表示されます。
Q8. 鍵ペアを紛失/上書き/パスワードを忘れたため、電子証明書を取得できません。
Q9. 電子証明書取得時に「パスワードが違います。」のエラーメッセージが表示されます。
Q10. FDに電子証明書が保存できません。
電子証明書取得後
Q11. 各種電子申請システム使用時にエラーが発生します。
Q12. 取得した電子証明書の「証明書パスワード」を失念した、あるいは電子証明書を格納したFDが破損してしまいました。
Q13. 電子証明書取得後、PCを買い換えました。電子証明書はそのまま使えますか?
Q14. 電子証明書の有効性を確認できますか?
Q15. 電子証明書の内容を確認できますか?

 

ご使用前

Q1 このソフトウェアはWindows 7/Windows 8に対応していますか?
A1 本商品の動作保証は、WindowsXP、VISTAまでであり、Windows7以降はご使用になれません。詳しくは“製品情報”にてご確認ください。
ただし、Windows XP、VISTAの場合であっても、本商品は販売終了しており、証明書取得時のトラブルに対応できないため、ご利用をお控えください。
法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、証明書の取得を行ってください。
Q2 このソフトウェアでは、鍵ペア(公開鍵、秘密鍵)、SHINSEIファイルをCD-Rに保存する機能がありますか?
A2 本商品は、FD(フロッピーディスク)への保存機能しか有しておりません。
CD-Rへの保存をご希望の場合は本商品をアンインストールし、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、証明書の取得を行ってください。
やむなくFDをご利用の場合は、3枚(鍵ペア格納用、SHINSEIファイル格納用、電子証明書の格納用)ご用意ください。
また、事前に通常フォーマットを行ってください。(クイックフォーマットは不可)(操作説明書 P27参照)

鍵ペア生成~管轄登記所への申請手続き

Q3 操作中に画面がフリーズします。
A3 OSがWindows7以降のPCをお使いの可能性があります。(動作保証済のOSは“製品情報”にてご確認ください。)
本商品をアンインストールし、法務省「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、改めて鍵ペア、SHINSEIファイルを作成し、管轄登記所に申請してください。
Q4 FDに「鍵ペア」、もしくは「SHINSEIファイル」が保存できません。
A4 FDがクイックフォーマットされている可能性があります。通常フォーマットを行い、再度お試しください。
それでも保存できない場合は、PCのFDドライブ自体の故障、あるいは御社内ルールで「外部媒体への記録制限」がないか、御社システム管理者にご確認ください。
最終的に解決しない場合は、本商品をアンインストールし、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、改めて鍵ペア、SHINSEIファイルを作成し、管轄登記所に申請してください。
法務省「商業登記電子認証ソフト」では、CD-Rに保存できます。
Q5 管轄登記所へ提出したFDが登記所で開けず、あるいは文字化けが理由で、登記所から電子証明書発行確認票をもらえません。
A5
  1. FDがクイックフォーマットされている可能性があるため、通常フォーマットを行い、再度お試しください。
  2. PCに暗号化ソフト等が入っておれば、FD書込み時には無効にしてください。
  3. 1.、2.で解決しない場合、FD破損の可能性があるため、別のFDでお試しください。
最終的に解決しない場合は、本商品をアンインストールし、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、改めて鍵ペア、SHINSEIファイルを作成し、管轄登記所に申請してください。
法務省「商業登記電子認証ソフト」では、CD-Rに保存できます。

電子証明書発行確認票(シリアル番号)の受領~電子証明書取得

Q6 電子証明書取得時に「日本語表記」のエラーメッセージが表示されます。
A6 当社で確認できているエラーメッセージは、以下10パターンです。(パスワードに関するエラーはQ9参照)
  • 「開始要求電文の送信に失敗しました。」
  • 「開始要求電文にデータが存在しません。」
  • 「開始応答電文にデータが存在しません。」
  • 「開始要求電文の内容に誤りがあります。」
  • 「開始要求電文の生成に失敗しました。」
  • 「開始応答電文の署名検証に失敗しました。」
  • 「証明書取得応答電文の解析に失敗しました。」
  • 「内部処理に失敗しました。」
  • 「証明書の生成に失敗しました。」
  • 「証明書取得応答電文の署名検証に失敗しました。」
当該エラーは、以下の6つのいずれかが原因として考えられます。
  1. 「環境設定の変更」(操作説明書 P22~26)を行っていない。あるいは、行ったが現在の御社ネットワークの情報(操作説明書 P19~21)と異なっている。
  2. 「環境設定の変更」(操作説明書 P22~26)にて、電子認証登記所のURLを初期表示から変更した。
  3. 管轄登記所に申請した際の鍵ペアと異なるものを指定した。
  4. 電子証明書発行確認票のシリアル番号と異なる番号を入力した。
  5. お使いのPCに暗号化ソフトやアンチウィルスソフト等が導入されている。あるいはプロキシサーバやファイアウォール等により外部への通信が制限されている。
  6. 本商品を「C:\GetCert」以外にインストールした。
各々の対処法は、以下のとおりです。
  • 1…「環境設定の変更」(操作説明書 P22~26)にて現在の御社ネットワーク情報を正しく設定し、再度「証明書の取得」(操作説明書 P49~57)を実施してください。(操作説明書 P20において、お使いのPCが「自動構成スクリプトを使用する」にチェック有の場合は、御社ネットワーク管理者様等にご確認のうえ、スクリプトファイルに記載のプロキシ情報を設定してください。)
  • 2…電子認証登記所のURLをデフォルト値(http://crca.moj.go.jp/bin/dcwcgi/DC_HUSR/cert/cert)に戻してください。
  • 3…管轄登記所に申請した際と同じ鍵ペアを指定して、「証明書の取得」を実施してください。(同じ鍵ペアがなければ、本商品をアンインストールし、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、改めて鍵ペア、SHINSEIファイルを作成し、管轄登記所に申請してください。)
  • 4…電子証明書発行確認票のシリアル番号を正しく入力してください。
  • 5…御社のネットワーク管理者様等にご確認のうえ、暗号化ソフトやアンチウィルスソフト等の通信制限を解除し、その環境に応じて「環境設定の変更」を行い、再度試してください。
  • 6…本商品をアンインストール後、デフォルトのインストール先(C:\GetCert)にて再インストールして、再度試してください。(操作説明書 P12~15)
最終的に解決しない場合は、本商品での証明書取得を中止し本商品をアンインストールし、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、改めて鍵ペア、SHINSEIファイルを作成し、管轄登記所に申請してください。

注 自動構成スクリプト
プロキシ設定をPCに個別設定せず、サーバに置く設定ファイル。通信時に、プロキシ情報としてそのファイルを参照します。
Q7 電子証明書取得時に「英語表記」のエラーメッセージが表示されます。
A7 当社で確認できているエラーメッセージは、以下のとおりです。

【「TransactionID」「senderNonce」「recipNonce」「serialNumber」「subjectPublicKey」の内容に誤りがある為、処理できませんでした。】

当該エラーは、以下の3つのいずれかが原因として考えられます。
  1. 鍵ペアを複数作成した。その際、SHINSEIファイル作成時に使用した鍵ペアと異なるものを使用して取得しようとしている。
  2. 鍵ペアを上書き保存してしまい、SHINSEIファイル作成時とは異なる鍵ペアになっている。
  3. 鍵ペアが壊れている。(これは、1.、2.以外の場合に考えられる。)
各々の対処法は、以下のとおりです。
  • 1…管轄登記所に提出した「SHINSEIファイル」作成時に使用した鍵ペアで、再度「証明書の取得」(操作説明書 P49~57)を実施してください。
  • 2/3…鍵ペアは再生できないため、本商品をアンインストールし、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、改めて鍵ペア、SHINSEIファイルを作成し、管轄登記所に申請してください。
最終的に解決しない場合は、本商品をアンインストールし、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、改めて鍵ペア、SHINSEIファイルを作成し、管轄登記所に申請してください。
鍵ペアが壊れているか、検証はできかねますので、予めご了承ください。
Q8 鍵ペアを紛失/上書き/パスワードを忘れたため、電子証明書を取得できません。
A8 今回、管轄登記所へ提出した「SHINSEIファイル」作成時に使用した鍵ペアと同一のものを再作成することはできません。
改めて新たな鍵ペアを作成していただくことになります。
その際は、本商品はアンインストールいただき、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、お手続きください。
Q9 電子証明書取得時に「パスワードが違います。」のエラーメッセージが表示されます。
A9 パスワードは、全角/半角、大文字/小文字も判別しているため、キーボードのCapsLockやNumLockがアクティブになっている可能性があります。
念のためテキストファイルにパスワードを入力する等して、誤りがないかご確認ください。
なお、パスワードの初期化や再発行はできません。
パスワードが判明しない場合は、改めて新たな鍵ペアを作成していただくことになります。その際は、本商品はアンインストールいただき、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、お手続きください。
Q10 FDに電子証明書が保存できません。
A10 FDがクイックフォーマットされている可能性があります。通常フォーマットを行い、再度お試しください。
それでも保存できない場合は、PCのFDドライブ自体の故障、あるいは御社内ルールで「外部媒体への記録制限」がないか、御社システム管理者にご確認ください。
最終的に解決しない場合は、本商品をアンインストールし、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、改めて鍵ペア、SHINSEIファイルを作成し、管轄登記所に申請してください。
法務省「商業登記電子認証ソフト」では、CD-Rに保存できます。

電子証明書取得後

Q11 各種電子申請システム使用時にエラーが発生します。
A11 まず、電子証明書の有効性をご確認ください(A14参照)。
有効性の確認ができた場合、電子申請時の手順等に問題があると考えられます。電子申請先のコールセンターにご照会ください。
万一、電子証明書が失効している場合、再取得の必要があります。
その際は、本商品はアンインストールいただき、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、お手続きください。
Q12 取得した電子証明書の「証明書パスワード」を失念した、あるいは電子証明書を格納したFDが破損してしまいました。
A12 商業登記電子証明書は、前回の取得時に法務局へ提出した「SHINSEIファイル」と情報に変更がない場合、かつ有効期限が切れていない場合は、何度でも取得ができます。
取得には以下の情報を使って、証明書の取得手続きを実施してください。(操作説明書 P49~57)
  • 管轄登記所へ提出した「SHINSEIファイル」を作成する為に事前に生成した「公開鍵」、「秘密鍵」
  • 「秘密鍵のパスワード」
  • 管轄登記所から受領した電子証明書発行確認票の「シリアル番号」
ただし、一つでも欠落していれば、はじめから(鍵ペアの生成)お手続きいただくことになります。
その際は、本商品はアンインストールいただき、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、お手続きください。
Q13 電子証明書取得後、PCを買い換えました。電子証明書はそのまま使えますか?
A13 新しいPCに証明書を移して、使用できます。
また、本商品自体は各種電子申請システムには関係しませんので、新しいPCに再度インストールする必要はございません。
ただし今後、電子証明書の失効により、改めて取得される場合は、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、お手続きください。
Q14 電子証明書の有効性を確認できますか?
A14 本商品で電子証明書を取得された場合は、「証明書に係る証明」(操作説明書P60~63)を実施してください。
「証明要求電文のメッセージ内容に誤りがあるため確認できません。」とエラーメッセージが出る場合は、照会日時を空白のままOKボタンを押下してください。(操作説明書 P60)
なお、電子証明書の有効期限切れや内容変更により、改めて取得される場合は、本商品はアンインストールいただき、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、お手続きください。
Q15 電子証明書の内容を確認できますか?
A15 本商品で電子証明書を取得された場合は、「証明書の表示」(操作説明書P69~71)を実施してください。
なお、電子証明書の有効期限切れや内容変更により、改めて取得される場合は、本商品はアンインストールいただき、法務省の「商業登記電子認証ソフト」をダウンロードのうえ、お手続きください。

商業登記電子証明書取得ソフトウェア

操作説明書PDF

操作説明書のPDFファイルを、ダウンロードしてご覧いただけます。

関連サイト