システム基盤設計

システム開発の手順・環境やサポートを一体化したトータルソリューションで、お客様業務の大幅効率化を実現

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ChatOpsという言葉をご存知でしょうか。ChatOpsとはChatとOpsを掛けあわせた造語でチャットサービス(Chat)をベースにシステム運用(Ops)を行う事を指します。今回はChatOpsが注目されている背景や効果についてご紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    昨今、さまざまな工程の自動化が盛り上がっていますが、システム基盤構築も例外ではありません。今回は特にエンタープライズ向けシステム基盤構築を自動化する際に“失敗しないための勘所”を紹介します。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    製造業におけるIoTの活用や金融サービス業におけるFintechの拡大、流通・小売・EC等の企業におけるオムニチャネル化といったITを活用した新規ビジネス・サービス創出の潮流が盛んになってきた。アジャイル開発は新規サービス創出において、大きな武器となり得るのだろうか。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    現在はモジュール単体テストや画面遷移試験もスクリプトで記述し、テスト実行が自動化されるケースが多くなりました。そのため、テスト工数削減のためには、テストスクリプトのコーディングやテストデータの作成自体を自動化させる必要性が高まっています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    Webサービス企業を中心に、新しいシステム・ソフトウエア開発のアーキテクチャスタイルである「マイクロサービス(Microservices)」が注目されています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    テストプロセスの改善を目指すには、まず現状を確認することが重要です。今回はテストプロセスの現状把握のために活用できるフレームワークを紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ビッグデータの活用やIoT(Internet of Things)など、ITを活用した新しいサービスへの期待が高まる一方で、それらを提供する基盤となる情報システムの安全性や信頼性に対する不安がささやかれるようになってきました。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    ITシステムは開発して納品したら終わりではない。利用を開始してからが本番であり、利用時に顧客が受け取るITサービスの品質を向上させることが、顧客の満足と、継続的なビジネスのチャンスを生み出す。サービスの改善に着目したモデル「サービスのためのCMMI」について紹介する。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ソフトウエア開発に関わる方が知っておくべき2つのBOK(知識体系)ガイド「SWEBOK」と「SQuBOK®」がこのほど改訂されました。今回は、これらのBOKガイドの改訂のポイントについてご紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    システム開発の中でも多くの手間と時間がかかるテストについて、現在はテスト工程の作業を「効率的に実施する」研究開発を行っていますが、このシミュレーター技術では「テスト工程そのものを無くす」ことを目指しています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    クラウド・コンピューティングの標準仕様の開発が活発に行われています。NTTデータはさまざまな標準化活動に積極的に貢献し、クラウドのグローバル標準に対応したソリューションを提供しています。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    IT組織は、全社横断組織であるという特徴を発揮することで、全社的な視点から全社・事業部門のイノベーションをリードすることが可能である。これからのIT組織は、IT主導による業務改革や新規サービス創出を実現する組織への変革が求められている。NTTデータはCIOサポートコンサルティングサービスを提供し、情報システム部門の構造改革を支援している。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    ソフトウェア開発において、品質や生産性を向上するためには標準化が重要となります。今回は、ソフトウェアテストの国際規格についてご紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    大規模化・複雑化するソフトウェア開発において、テストをいかに効率よく実施するかという観点から“テストの自動化”が注目されています。今回は、その中でも繰り返し実施する作業が多いテスト対象システムのGUIを操作・検証するテスト(以下、GUIテスト)の自動化について、現状と今後の動向をご紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    激変するビジネス環境やコンピュータ技術の進歩を背景に、今「ソフトウェア生産技術」が大きく進化しようとしています。2つの技術トレンドと技術活用の考え方をご紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    クラウド上にシステムを構築する場合、処理性能をスケールさせ、最適な性能を発揮できるよう考慮する必要があります。今回は、データベースの特性と選択基準をご紹介いたします。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    スマートフォン(スマホ)で利用するアプリケーションのテストでは、多種多様な実機を使った動作保証が課題です。実機検証するためのクラウドサービスなど、徐々にスマホ向けのテスティングソリューションが出始めています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    仮想化基盤の検証を仮想化基盤上で実施できる技術が生まれたことで、検証環境の整備や検証そのものが従来よりも便利になっています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    昨今の変化が激しく不確実性の高いビジネス環境の中で、新しい、競争力のあるサービス・プロダクトを生み出すためのマネジメント手法“Lean Startup”をご紹介します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    NTTデータは、世界中にビジネスを広げるお客様のITパートナー・事業パートナーとなるべく、グローバル対応を急速に進めています。今回は開発手順を標準化する価値と、NTTデータのグローバル開発標準についてお話します。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    クラウドサービスのメリット・デメリットを考慮した上で、開発環境で利用できるクラウドサービスを独自に整備し、社内向けに提供しています。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    NTTデータでは、設計書を基にテスト設計から実行、評価までを自動化することで、テスト工数削減、工期短縮の実現に取り組んでいます。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    DSL、言語ワークベンチ、Xtext+Xtendは、JavaやEclipseに比べて認知度は高いとは言えませんが、今後期待されている技術です。

  • 技術トレンドが見える“イマ旬!”

    NTTデータでは、自動化技術の動向を踏まえ自動化技術を開発し、お客さまシステムの開発短期化を実現していきます。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    IT基盤の重要性が高まる中、多様化・複雑化するニーズを見える化してシステム構築に確実に反映しつつ、工期の短縮やコスト削減にも貢献する「パターンベースの開発手法」について、NTTデータの齊藤直哉が解説します。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    データの品質管理に不可欠な「データマネジメント」を、成功させるための秘訣や具体的な取り組みについて、株式会社リアライズの大西浩史が解説します。

  • IT戦略を考える“Innovation EYE”

    システム移行などに際して、データの信頼性・整合性を確保する「データマネジメント」の重要性について、株式会社リアライズの大西浩史が解説します。