株式会社NTTデータ(以下当社と呼びます)は、当社のメールになりすました迷惑メール対策として、2013年9月17日より当社DNSサーバ上でSPFレコードを公開いたします。これにより、当社からのメール(@nttdata.co.jp)を送信するメールサーバのIPアドレス情報を公開しますので、受信するメールサーバが送信ドメイン認証を実施することで、なりすましメールの識別をすることができるようになります。

送信ドメイン認証による詐称メールの識別

なりすましメールの場合

【図】

正規のメールの場合

【図】

NTTデータの正規のメールサーバは、全てSPFレコード上に登録されておりますので、誤って識別されることはありません。

  • SPF(Sender Policy Framework)レコードとは

    DNSサーバ上に自ドメインが管理するメールサーバのIPアドレスを記述したレコードです。受信メールサーバは、DNSサーバに問い合わせることで、送信されてきたメールが正当なメールサーバから送られたものか、容易に識別ができます。(送信ドメイン認証)