インフラデザインパターン-安定稼動に導く127の設計方式-

数多くの実績から導かれたインフラ設計の定石を、デザインパターンとしてまとめました。すべてのデザインパターンには特徴を容易に把握できるイメージ図や、「できること」だけでなく、「できないこと」および「留意点」も記載しており、問題発生の抑制や生産性の向上、人材育成などに大変役立ちます。
インフラの経験が浅い技術者や、プロジェクトマネージャー、IT部門でシステムの企画や導入に携わっている方は必読です!

ご購入:技術評論社

「インフラデザインパターン-安定稼動に導く127の設計方式-」の目次

  • 第1章インフラデザインパターンとは何か
  • 第2章可用性要件の実現策 システムをダウンさせない
  • 第3章セキュリティ要件の実現策 システムを脅威から守る
  • 第4章性能・拡張性要件の実現策 システムの性能低下を防ぐ
  • 第5章運用・保守性要件の実現策 システム障害を見逃さない
  • 第6章インフラ構成の設計方式
  • 第7章クラウドコンピューティングを使った実現策
  • 第8章[実践]パターンベース設計
発行
技術評論社
ISBN
978-4774162867
定価
2,814円(税込)
発行日
2014年2月7日
サイズ
B5判 232ページ
著者
株式会社NTTデータ 杉原 健郎、吉田 一幸、岩崎 賢治、三浦 広志、吉田 佐智男