グローバル経営のモダナイゼーション

「グローバル経営のモダナイゼーション」ではNTTデータGSLのこれまでの経験・実績からグローバルレベルで的確でリアルタイムな経営判断を可能とするために、SAPによる基幹系システム・モダナイゼーションのポイントについて詳しく解説しています。

ご購入:日経BPブックナビ

「グローバル経営のモダナイゼーション」の主なコンテンツ

  • 第1部基幹系システムは経営そのもの
  • 第2部失敗しないモダナイゼーション
  • 第3部実践グローバルモダナイゼーション
    • 消費財メーカーA社
      スピード重視でM&A後の基幹系を構築。3つの地域で3つのアプローチ
      暫定版で急場をしのいだ大型買収/システムをそっくり買い取った新興市場/
      経営権移転まで現地と接触できないまま、創業初日から基幹系を本番稼働

    • 機械部品メーカーE社
      国内外14拠点のシステムと業務プロセスをERP標準で統一

    • 機械部品メーカーF社
      2年間で4リージョン、10拠点へERP展開

    • 産業財メーカーH社
      連結売上高は約1500億円、連結子会社は約40。
      日本本社+3極 2拠点体制で挑んだ「グローバル一気通貫経営」実現までの道

    • ほか8社10事例を紹介

  • 第4部 グローバル経営と情報システムの未来

発行元(出版社)
日経BP
ISBN
978-4-296-10212-9
定価
1,800円+消費税
発行日
2019年7月8日
サイズ
A5版
著者
株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ