何をお探しですか?

夏休みこどもIT体験

プログラミング入門 参加者募集中!

2019年7月27日(土)・28日(日)【対象】小学生(保護者同伴)【参加費】無料

  • 開催概要
  • 応募要項
  • コース内容詳細

未来は、自分たちの手で創る。プログラムを使う人から創る人になろう。

プログラミングは、アイディアを形にする力。
みんなのアイディアとプログラミングの力があれば、未来に新しいモノが生まれるよ。さあ、みんなも未来を創る一員として、プログラミングに挑戦しよう。
子どもでも使えるプログラミングツール、『プログラミン』を使えば、自分で考えたオリジナルのアニメーションやゲームが簡単につくれるよ。
また、アルゴリズムを学んで、車型ロボットを動かすコースもあるよ。初めての人でも大丈夫。スタッフのお姉さん、お兄さんがサポートします。みんなの挑戦を待っています。

開催概要

開催日時
2019年7月27日(土)・28日(日)
2日間共に、1回目10:00~12:00、2回目14:00~16:00
対象
小学生(保護者同伴)
参加費
無料
開催場所
NTTデータ駒場研修センター(地図
〒153-0041 東京都目黒区駒場2-18-2
主催
株式会社NTTデータ
お問い合わせ
NTTデータ こどもIT体験事務局(月~金/AM10:00~PM5:00)
TEL:050-5546-7732
E-mail:kidsit@nttd-ms.co.jp
リーフレット
夏休みこどもIT体験 プログラミング入門(PDF:2ページ, 1,153KB)

※応募の際にご登録いただいた個人情報は、株式会社NTTデータが主催する本イベントの運営、および申し込み抽選結果のご案内の範囲で利用します。
当社のプライバシーポリシーは以下のサイトでご確認ください。
プライバシーポリシー

※弊社HPや告知等に使用させていただくために、本イベント中に撮影を行う場合がございます。あらかじめご了承ください。撮影をご了承いただけない場合は、イベント当日に運営スタッフにお声掛けください。

応募要項

応募フォームより必要事項をご入力の上、お申込みください。
希望コースの選択がございます。コース内容の詳細をご確認の上、お申込みください。

応募締切
2019年6月30日(日)
募集人数
1回あたり小学生50名(保護者同伴をお願いいたします)
プログラミング入門(入門コース・挑戦コース)計40名(小学1年生~6年生)
ロボットプログラミングコース10名(小学4年生~6年生)
当選者発表
応募者多数の場合、抽選とさせていただきます。
当選者へは、ご参加いただく日時・コースを記載した「当選メール」にて2019年7月8日(月)までに、ご連絡いたします。
ご希望に沿えず落選の方には、2019年7月11日(木)までにメールにてご連絡いたします。

コース内容詳細

応募の際は、内容をご確認の上、3つの中からご希望のコースを選択してください。

プログラミング入門【入門コース】

プログラミング入門【挑戦コース】

ロボットプログラミングコース

※内容が変更となる場合がありますので、ご了承ください。

プログラミング入門【入門コース】・【挑戦コース】(対象:小学1年生~6年生)

パソコンを使った簡単な操作で、お気に入りのイラストを動かせるよ。

「プログラミン」(※)を使用します。
※文部科学省が提供しているウェブサイト上のプログラミング環境。
MITメディアラボで開発されたビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」を参考に作られています。

入門コース

みんなで花火を打ち上げよう。初めてだって大丈夫。
パソコンをあまりさわったことがない子は、こちらがオススメです。

挑戦コース

シューティングゲームに挑戦。
パソコン操作に慣れている子、プログラミンを使ったことがある子は、こちらがオススメです。

プログラミング入門の後には…
みんなが体験するプログラミングが、ITの元になっているよ。暮らしの中でITがどんな風に役立っているのか、一緒に学んでみよう。
また、プログラミングを体験したみんなの力で、未来のくらしをつくれるかもしれないね。未来のくらしを描いてみよう。

ロボットプログラミング(対象:小学4年生~6年生)

パソコンを使ってプログラミングをして、車型ロボットが黒い線の上をうまく走れるようにチャレンジ!

まっすぐの線の上や円の上を走らせたり、うまくいったら、8の字のコースも走らせることができるかもしれないよ。
条件分岐やループといったアルゴリズムを意識したプログラミングを一緒に学ぼう。

※ヴイストン株式会社の車型ロボット「Beauto Racer(ビュートレーサー)」とプログラミングソフト「Beauto Builder R(ビュートビルダーR)」を使用します。
車型ロボットの持ち帰りはできませんが、プログラミングソフトは無償でダウンロードできますので、ご家庭等で継続することが可能です。